« 馬体の良さが崩れていないレッツゴードンキ:5つ☆ | Main | 秋のG1戦線を占う(3歳牡馬クラシック編) »

キャリア1戦馬同士のレースは、直観的に考えてみる

Cover

夏の時期の2歳重賞は、ほとんどがキャリア1戦しかない馬たちによる争いとなる。新馬戦でデビューを果たし、勝ち上がってきた素質馬たちによる出世への第一歩。明るい未来へと期待が高まるレースではあるが、予想する競馬ファンにとっては、わずか1回走っただけの馬たちに優劣をつけ、本命の1頭を決めなければならないのだから苦悩のレースともなる。

デビュー前からの評判、血統、勝ち上がったレースの内容や時計など、たった1度の実戦における走りを材料にして横の比較をするだけでも、ある程度の予測は可能かもしれない。それでも、2戦目にして大きな変わり身を示す馬も出て来るだろうし、逆に距離や環境が初戦と変わることで、大きくパフォーマンスを下げる馬もいるかもしれない。そう考えると、ほとんどがキャリア1戦の馬たちによる重賞は、他のレースとは少し異なった観点で予想しなければならないはずである。

今週行われる新潟2歳Sには、キャリア1戦の馬たちがこぞって出走してくる。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*新潟2歳Sの予想と馬券を公開中です。

|

Comments

「直感的に」という進言に従ってGallopの誌上パドックで一番完成度が高そうに見えたマイネルバールマンの単勝でいきます!もう馬券も購入しましたし、見れば見るほど迷いが生じてしまうのでレースまでもう考えないことにします。

Posted by: やっとこ | August 28, 2016 at 07:57 AM

やっとこさん

それでいいんですよ!

Posted by: 治郎丸敬之 | August 28, 2016 at 01:58 PM

Post a comment