« 北九州記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 難しい馬への乗り替わりこそルメール騎手の腕の見せどころ »

牡馬と見違えてしまうプリンセスムーン:5つ☆

★札幌記念
モーリス →馬体を見る
ひと息入れて、安田記念時よりは良くなっているが、トモの肉付きがあと一歩か。
表情には凛々しさが戻ってきて、前躯の力強さはさすが現役最強馬だけある。
Pad4star

ヌ―ヴォレコルト →馬体を見る
牝馬らしくふっくらとして、海外遠征の疲れは全く感じさせない。
ただ、筋肉のメリハリという点では今ひとつで、このメンバーに入るとパワー不足。
Pad3star

ヤマカツエース →馬体を見る
古馬になってから、馬体全体のバランスや肉付きが良くなり、安定して走れる。
今年に入ってからの絶好調時と比べると、どうしても筋肉の張りが物足りない。
Pad3star

ヒットザターゲット →馬体を見る
線の細さを残している馬体はこの馬の特徴であり、相変わらずの安定した馬体。
立ち姿にやや集中力を欠くが、もう8歳馬だけに自身の力は発揮できるはず。
Pad3star

ハギノハイブリッド →馬体を見る
年齢を重ねるごとに、少しずつ馬体がごつくなり、筋肉の量が増えてきた。
父タニノギムレットを彷彿させる部分もあり、この馬としては完成形の馬体。
Pad3star

ネオリアリズム →馬体を見る
胴部や手足に伸びがあって、距離は2400mまでは守備範囲であろう。
実になめらかで理想的なシルエットであり、あとは気性的な問題が克服できるか。
Pad4star

マイネルフロスト →馬体を見る
ごく平均的な馬体で、父系と母系の良いところがシンプルに反映されている。
前駆が力強い割に後ろは軽くて、どんなレースでもできそうな馬体を誇る。
Pad3star

★北九州記念
ベルカント →馬体を見る
若駒の頃は牝馬らしく線の細い馬体であったが、ここに来て完成形に近づいた。
つくべきところに実が入って、パワーとスピードを兼ね備えた素晴らしい馬体。
Pad4star

ジャストドゥイング →馬体を見る
およそ短距離馬とは思えない胴部に伸びがある馬体で、2000mぐらいが合う。
気性的に短距離馬のそれなのだろうが、身体がどこまでついてくるか。
Pad3star

ラヴァーズポイント →馬体を見る
手脚が短く、馬体の重心が低い、いかにも短距離を得意としそうな馬体。
やや前肢が湾膝気味で肢勢に不安はあるが、毛艶は良く体調は問題ない。
Pad3star

プリンセスムーン →馬体を見る
牡馬と見違えてしまうほどの、素晴らしい胸前であり、前駆の力強さ。
トモがその分物足りなく映るが、それだけ前駆が充実しているということ。
Pad5star

ローズミラクル →馬体を見る
随所に余裕が残っている馬体で、もうひと絞りほしいが、筋肉は柔らかそう。
手脚の短さも手伝って、重心は短距離馬らしくどっしりと低い馬体。
Pad3star

オウノミチ →馬体を見る
コロンとして映るように、もうひと絞りできそうな仕上がりにある。
精悍な顔つきをしており、このレースに向けての集中力の高まりを感じる。
Pad3star

|

Comments

Post a comment