« 関屋記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 前年の覇者の取捨は人気で決める »

黒光りする毛艶が素晴らしいピークトラム:5つ☆

★関屋記念
ピークトラム →馬体を見る
黒光りする毛艶は素晴らしく、夏負けせず、体調の良さを物語っている。
前後躯にきっちりと実が入ってバランスよく、胴部の長さは母父譲りか。
Pad5star

レッドアリオン →馬体を見る
胴部の長さに比べて手脚が短く、重心がやや低く見えるが、この馬の特徴か。
腹回りがもうひと絞りできればベストで、表情からは夏負けの兆候も見える。
Pad3star

ラングレー →馬体を見る
胴が詰まって映るように、距離適性でいえばマイル前後がベストになる。
前後躯にしっかりと実が入っているが、筋肉のメリハリという点ではイマイチ。
Pad3star

ケントオー →馬体を見る
オープンクラスに入ると、他馬と比べて、馬体的にこれといって特筆すべきはない。
良く言えばマイナスポイントのない馬体だが、勝ち切れるかは疑問が残る。
Pad3star

ヤングマンパワー →馬体を見る
3歳時よりも前駆に力強さが増して、トモにきっちりと実が入って充実した。
首の位置が高いのが欠点だが、胴部には長さがあり、しっかりと絞れている。
Pad4star

マジックタイム →馬体を見る
G1レースに出走した後ではあるが、馬体はしぼむことなく、ふっくらとしている。
十分に回復している様子が伝わってくるだけに、あとは力が通用するかどうか。
Pad45star

ロサギガンティア →馬体を見る
頭がやや大きい分、全体のバランスはあまり良くはないが、この馬の武器は負けん気。
筋肉のメリハリには欠けるが、太くはなく、毛艶も冴えているので、力は出し切れるはず。
Pad3star

ダノンリバティ →馬体を見る
腹回りに若干の余裕があるためか、胴部がコロンと詰まって映るマイラー体型。
筋肉量は豊富でパワーに溢れていて、表情からは闘争心の強さが伝わってくる。
Pad3star

★エルムS
モンドクラッセ →馬体を見る
ダート馬にして馬体を軽く見せているように、余分な筋肉が削ぎ落されている。
顔つきも凛々しく、道中は騎手の指示に従いながらも、前進気勢を見せるはず。
Pad45star

ショウナンアポロン →馬体を見る
胴部に長さがある分、やや背垂れ気味に映るが、この馬の体型的な特徴だろう。
筋肉のメリハリという点では今ひとつで、もうひと絞りほしい仕上がり。
Pad3star

ロワジャルダン →馬体を見る
芝馬のような馬体の伸びとシルエットの美しさだが、なぜ芝は走らないのだろう。
そう思わせるほどの美しく、きっちりとした仕上がりで、この馬自身の体調は良い。
Pad3star

クリノスターオー →馬体を見る
腹回りに余裕がある分、馬体全体もやや重苦しく映り、器用さに欠ける印象を受ける。
顔つきからはやや気難しい気性がうかがえ、スムーズにレースができるかどうか。
Pad3star

ブライトライン →馬体を見る
7歳馬とは思えない、筋肉の柔らかみと馬体の張りを誇っている。
やや胴部が詰まっているように、血統的にも馬体的にもマイルが上限か。
Pad3star

ジェベルムーサ →馬体を見る
この馬もどちらかというと芝でも走れそうなシルエットの馬体を誇示している。
手脚が長く、これで大型馬なのだから、外を回して止まらない競馬をした方がいい。
Pad4star

ヒラボクプリンス →馬体を見る
他のメンバーに比べると、どうしても平凡な馬体に映ってしまうのは仕方ない。
これと言った強調材料はながい、その分、安定して故障なく走ることができそう。
Pad3star

|

Comments

Post a comment