« 答えはなくとも「決断」を迫られる、それが競馬 | Main | セントライト記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

秋のG1戦線を占う(3歳牝馬クラシック編)

Sinhalight

続いて、3歳クラシック牝馬路線について。牡馬と同じく、この路線も実力が抜けている馬が3頭いる。メジャーエンブレムとシンハライト、ジュエラーの3強である。特に、この時期の牝馬に関しては、夏を越して力関係が大きく逆転することはまず考えにくいため、有力馬たちが肉体的にも精神的にも順調に来ているかどうかが全てである。現時点では、戦線離脱したメジャーエンブレム以外の2頭は秋華賞に向けて順調に来ているようで何より。

オークスを勝ったシンハライトは、見た目以上に強い馬である。420kg台という小さい馬体という意味だけではなく、レースに行って他馬を大きく離すような勝ち方をするわけではないという意味でも、見た目以上に強い馬ということだ。新馬戦以外に勝利した3つのレース(紅梅S、チューリップ賞、オークス)共に、2着馬とはコンマ1秒もない僅差であった。敗れた桜花賞だってハナ差であり、勝っても負けても見ている側にインパクトを与えないタイプの馬である。

シンハライトについて、勝負強いという見解もあるようだが、私は全く逆の見かたで、本気で走っていないと考えている。つまり、レースでまだ全力を出し切っていないというか、最後の直線で他馬と馬体が併さってからようやく本気になって走る馬である。それはメンコを付けているため分かりにくいが、シンハライトの耳を見ていれば分かる。道中は耳を前に立てて走り、勝負所でジョッキーからゴーサインが出てようやく耳を後方に傾け始め、他馬と競り合いになるとギュっと耳を絞って、走ることに集中する。このようなタイプだからこそ、決定的な力差があるわりには、他馬との着差に現れない。そして、桜花賞のように、気を抜いたところを外から一気に来られてしまうと、足下をすくわれてしまうのだ。

このようなタイプの馬は、出し抜けを食らいにくい分、東京競馬場のような直線が長いコースの方がレースがしやすい。秋華賞が行われる、京都競馬場の内回り2000mは紛れが多いコースであり、シンハライトの気性的な盲点を突かれないような細心の注意を払った騎乗が必要だろう。そういう意味では、最後方から他馬の動きを見てひと捲りする戦法が理想的だが、最後の直線の長さを考えると前残りが怖いため、おそらく正攻法で前を捉えつつ、後ろから来る馬を受けるという形になるだろう。搭載しているエンジンは、この世代では随一であり、秋華賞が普通のレースになれば、この馬が負ける姿は想像しにくい。

桜花賞を勝ったジュエラーは、馬体的に恵まれた牝馬である。スピードとパワーを父ヴィクトワールピサから譲り受け、ダイナミックなフォームでこれから先の活躍も十分に見込める。とはいえ、桜花賞はミルコ・デムーロ騎手の乗り方が見事にはまったゆえの勝利であり、シンハライトとの間には一枚ほどの力差がある。まともに競り合っては分が悪い。ローズSの結果次第ではあるが、秋華賞でも奇襲作戦を取るはずで、府中であれば10回走って1回ぐらいしか勝ち目はないが、京都内回りコースならば3回ぐらいはチャンスはあるかもしれない。いずれにしても、思い切って勝つための騎乗ができるデムーロ騎手に全幅の信頼と手綱を委ねるしかない。

メジャーエンブレムとシンハライトはタイプが真逆であり、正直に言って、どちらが強いのか分からない。秋華賞はメジャーエンブレム向きのレースであり、シンハライトとのガチンコ勝負を見てみたかったので残念である。無事に回復して、レースに復帰してくれば、この馬のパワーとスピードが古馬と混じって走ってどのくらい通用するのかが見どころとなる。マイルCSや暮れの香港マイルも視野に入れておくべき実力を秘めた牝馬であることは間違いない。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

Post a comment