« August 2016 | Main | October 2016 »

どのようなレースでも対応できるシュウジ:5つ☆

ビッグアーサー →馬体を見る
実にスプリンターらしい体型であり、貫禄さえ感じさせる堂々とした立ち姿。
やや腹回りに余裕があるように映るが、体型的なものか、仕上がりは悪くない。
Pad45star

ダンスディレクター →馬体を見る
一度レースを使われて、全体的に馬体がすっきりとしてきて良化している。
やや腰高に映る馬体からは、一瞬の切れ味を武器とする馬であり、どう引き出すか。
Pad3star

ネロ →馬体を見る
前駆が勝っていて、力強さのある馬体だが、その反面、トモの肉付きが物足りない。
気持ちの激しい馬だけに、前に行ってこそ本来のスピードと良さが生きるはず。
Pad3star

シュウジ →馬体を見る
手脚が短く、重心が低い、典型的な短距離馬の体型であり、1200mはベスト。
顔つきからは気性の素直さが伝わってきて、どのようなレースでも対応できる。
Pad5star

ソルヴェイグ →馬体を見る
馬体のシルエットの美しい馬だが、このメンバーに入ると力強さに欠ける。
筋肉に柔らかみがあり、夏場を使ってきた疲れは微塵も感じさせない。
Pad3star

ブランボヌール →馬体を見る
2歳時に比べると、つくべきところに筋肉が付いてきて成長している。
それでも3歳牝馬らしい馬体の幼さは残しており、成長途上にある。
Pad3star

ミッキーアイル →馬体を見る
手脚がスラリと伸びている反面、胴部はぐっと詰まって短距離馬らしい体つき。
筋肉のメリハリも十分にあり、気性的にも休み明けでも力は出し切れるはず。
Pad4star

ベルカント →馬体を見る
古馬になって明らかに馬体から幼さが消えて、短距離馬らしくパワーアップした。
凛々しい表情を見ても、夏の疲れはほとんど感じさせず、仕上がりは悪くない。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
リラックスして立てており、一時期のスランプは脱したような精神状態にある。
馬体全体のバランスは良く、マイルまでなら走れる体型でスタミナは十分にある。
Pad4star

スノードラゴン →馬体を見る
8歳馬にして相変わらず筋肉が柔らかく、馬体が傷んでいないのが伝わってくる。
前駆の筋肉が盛り上がって、パワーは十分であり、時計が掛かる馬場が理想的か。
Pad3star

レッドファルクス →馬体を見る
前駆が力強い割にはトモが下がっているように映り、テンについていけるかどうか。
伸びがある馬体からは、1200m以上の距離でも走れるだけのスタミナがあるはず。
Pad3star

サクラゴスペル →馬体を見る
胸前の筋肉が付きすぎていて、もう少し削げてくると全体的に走りやすくなるはず。
やや太め感があるのは否めないが、毛艶は素晴らしく、悪くない仕上がりにある。
Pad3star

| | Comments (0)

中山芝1200m

Nakayama1200t

スタート時点から、第1コーナーである3コーナーまでは275m、そこからもさらに100mほど直線が続く。3~4コーナーにかけて、きついカーブになっているように見えるが、中間に直線が入っているため、実はスピードをほとんど落とすことなく回ることができる、全競馬場の中で屈指の高速コーナーである。またスタート時点が坂の頂上にあるため、ゴール前の残り200mの時点までは緩やかに下りながらレースが進むことになる。そのためペースは速くなりがちで、馬場さえ良ければ、かなりの速いタイムが出ることになる。

ゴール前の直線は310mと短いが、高低差2.3mの急坂が待っているため、ハイペースで飛ばした先行馬が末脚をなくし、中団待機の差し馬に交わされるという逆転劇が起こり得る。特にG1レースにおいては、道中が速く厳しいペースになりやすいので、前に行って粘り込むためには、相当な実力が必要とされる。ただし、差し馬はあまり後ろすぎても届かないため、ある程度前に行くことのできる先行力は必要とされる。

スタートからコーナーまでの直線距離が長く、コーナーも比較的緩やかであるため、内外の枠順で基本的には差はない。しかし、あまりにも内枠すぎると、インぴったりに閉じ込められ、かえってスピードに乗れないこともある。多少の距離損があったとしても、中~外枠の方がレースはしやすい。

| | Comments (0)

あれから

Thatday

あれから10年もの歳月が流れたのかと不思議に思う。ディープインパクトが凱旋門賞に出走し、誰もがその勝利を信じていたあの日。ひねくれ者の私は、ヨーロッパの馬場が合わないなんていう小賢しい理由を述べて、ディープインパクト一辺倒の報道に異を唱えたが、心の底では勝ってくれと願っていた。日本中の注目を集めたディープインパクトが凱旋門賞を勝つことで、日本における競馬がメジャースポーツとして認められるのではないか。野球やサッカーについて語るように、競馬を語ることができる社会になるのではないかという淡い期待を抱いていた。もちろんそんなことはないし、現実にディープインパクトが凱旋門賞を勝つこともなかった。

フランスから帰国したディープインパクトはジャパンカップを勝ち、有馬記念がラストランになった。最後の有馬記念は、当時住んでいた広島のウインズから駅に向かう地下道にあるオーロラビジョンで観た。普段は競馬など観ないであろう人達も皆、足を止めて、ディープインパクトの最後の走りを見守っていた。こんなにも多くの人たちが競馬に関心を示してくれていることが、まるで自分が認められたかのように嬉しかった。スタートが切られ、各馬がスタンド前を通過する時点で、不覚にも涙が出てきた。それは幸福の涙であり、また癒しの涙であった。言葉にならない感情たちが、涙となって溢れ出てきた。これで良かったのだと思えた。

今年の凱旋門賞には、ディープインパクトの仔であり、日本ダービー馬でもあるマカヒキが出走する。二エル賞を快勝し、中間の調整も順調で、ここまでは青写真通りに来ている。金子真人オーナーの勝負服や、ディープインパクトをひと回り大きくしたような馬体を誇ることもあり、今回のマカヒキの挑戦が10年越しのリベンジマッチに思えてならないのは私だけではないはず。ディープインパクトの関係者はどのような想いで、このディケイドを過ごしてきたのだろうか。

あのときに味わった屈辱と経験を金子オーナーは忘れていなかったようだ。凱旋門賞は古馬よりも3歳馬にとって有利な斤量設定になっていること。ぶっつけ本番ではなく、前哨戦を使うべきであること。ヨーロッパ競馬におけるコースや馬場、戦略を知り尽くしているジョッキーに手綱を委ねるべきこと。全幅の信頼と安全が確保されている厩舎に入れること。今回こそは、全てにおいて妥協を許していない。当たり前だと思われるかもしれないが、勝ちにきたのだ。金子オーナーのことだから、顔では笑っているだろうが、心の中では本気で勝ちに来ている。私たちは10年前の忘れ物を奪い返しに行くのだ。


| | Comments (4)

スプリンターズSを当てるために知っておくべき3つのこと

Sprint02

■1■サマースプリントシリーズの最終戦として
1990年にG1レースに昇格し、それ以降、師走のスプリント決戦として定着していたが、2000年から秋の中山開催へと時期が変更された。この変更によって、夏に行われるサマースプリントシリーズとの結びつきが強くなった。夏競馬を使ってきた勢いを、ほとんどそのまま持ち込めるようになったということだ。そういう意味において、スプリンターズSはサマースプリントシリーズの最終戦と考えて良いだろう。

とはいえ、サマースプリントシリーズで目一杯走り切ってしまった馬は苦しい。2007年のサマースプリントチャンピオンに輝いたサンアディユがそうであったように、夏に3走もしてしまっていると、最後のスプリンターズSではガス欠を起こしてしまうことになる。また逆に、なんらかの事情があって、ここがブッツケになってしまった馬では、余程力が抜けていないとこのレースを勝つことは難しい。つまり、サマースプリントシリーズを使いつつ、スプリンターズSを最終目標に定めてきた馬を狙うべきである。

■2■基本的には差し馬が有利も
中山1200mのコースは先行馬にとって有利な形態となっているが、これだけハイペースになってしまうと、前に行けるだけのスピード馬にとっては苦しいレースになる。「短距離の差し馬」という格言もあるように、ハイペースについて行けて、なおかつ末脚もしっかりとしている差し馬が狙いとなる。

ただし、雨が降って道悪になった際は、考え方を180℃変えなければならない。平成12年のダイタクヤマトや平成16年のカルストンライトオ、平成18年のテイクオーバーターゲット、平成19年のアストンマーチャンが逃げ切ったように、道悪になると先行できる馬が圧倒的に有利になる。

スプリンターズSはパンパンの良馬場で行われても、重・不良馬場で行われても、前半の800mのタイムは実はほとんど変わらない。たとえば、平成17年に良馬場で行われたスプリンターズS(勝ち馬サイレントウィットネス)と、平成19年に不良馬場で行われたアストンマーチャンが逃げ切ったスプリンターズSのラップをご覧いただきたい。

平成17年 12.1-10.1-10.7-11.1-11.5-11.8 良馬場 
平成19年 12.0-10.3-10.8-11.1-12.0-13.2 不良馬場

これほど異なる条件下で行われた2つのスプリンターズSだが、テンの4ハロンのラップタイムはほとんど同じであることが分かる。平成17年がスローペースで流れたわけではない。どちらかというとハイペースで道中は進み、中団から進出したサイレントウィットネスが最後の急坂で差し切り、2着には最後方からデュランダルが32秒の脚で追い込んできた。パンパンの良馬場をハイペースで流れたスプリンターズSと、ドロドロの不良馬場のスプリンターズSの前半800mがほぼ同じラップなのだ。これはどういうことだろう?

これこそが雨のスプリンターズSは800mのレースであるということに他ならない。つまり、スタートしてから800mで究極のラップを刻むため、ラスト400mはどの馬もバテてしまい、レースどころの騒ぎではないということである。

また、競走馬はスタミナが切れたところを追い出されるとフォームを崩してノメるという特性があるため、4コーナー手前からはどの馬も真っ直ぐ走らせるだけで精一杯という状況にもなる。勝負は最初の800mで決まってしまうのだ。雨が降った場合は、スタートよく飛び出して、ハミをしっかりと噛みながらガンガン前に行ける馬を狙うべきである。

■3■1200m以上のスタミナ
スピード自慢の馬たちが揃うため、前半3ハロンは32秒~33秒前半というハイペースになり、さらに直線に急坂が待ち受けていることも加わって、後半3ハロンは35秒台の消耗戦となる。前半と後半で2秒以上の落差が生まれることによって、一本調子のスピード馬にとっては厳しいレースになり、このレースを勝ち切るためには1200m以上のレースを走るだけのスタミナが要求される。

■参考データとして
1、G1レース出走経験がないと×
2、前走オープン特別で敗れていた馬、または条件戦出走馬は×
3、1200m戦で連対率50%、かつ勝ち星があることが望ましい

| | Comments (0)

特異なコースだからこそ、同じ舞台での好走実績を評価すべき

Cover

想像してみてほしい。もし全てのレースが、直線だけのコースで行われたらどうなるだろうか。たとえば、2500mの有馬記念も、3200mの天皇賞・春も、直線だけの平坦なコースで行うのである。思い浮かべるだけで、壮観な光景である。どうなるかというと、有馬記念も天皇賞春も、どのレースでも、強い馬があっさりと勝ってしまうことになるだろう。直線だけのレースでは、コーナーをいくつも回るレースに比べて、展開、コース取り、コース適性などによる有利・不利がほとんど生まれないため、弱い馬が強い馬を出し抜くことが難しいからである。

いつも強い馬が勝ってばかりでは、馬券に対する私たちの興味は半減してしまう。ある程度の紛れがあってこそ競馬は面白いし、そこにドラマが生まれるのであろう。つまり、どのようなドラマが演じられるのかは、どのようなコースで行われるのかと密接なつながりを持っていて、コースとは、競馬を演出してくれる数々の仕掛けが施された舞台装置なのである。舞台装置を知らずして、演出されるレースを予想することは難しい。競馬というドラマをもっと楽しむためにも、私たちはコースについて知っておかなければならない。

世界各国の競馬場に目を向けると、様々な形状をしたアップダウンの激しいコースが数多くあるが、日本の競馬場のコースは基本的に楕円形で、それほど高低差が激しくない。それでも、スタートとゴール地点が違えば、内回りと外回りに分かれ、コーナーの角度や数、そしてアップダウンが異なる個性的なコースが生まれる。その中の特殊なコースのひとつとして、産経賞オールカマーが行われる中山競馬場の芝2200m(外回り)は存在する。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*オールカマーの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (0)

注文をつけるところのないエアスピネル:5つ☆

★神戸新聞杯
サトノダイヤモンド →馬体を見る
春当時よりも、手脚が伸びて、馬体全体のバランスが良くなってきた。
それでも重心の低さは残っているが、2400mまでならば守備範囲だろう。
Pad4star

エアスピネル →馬体を見る
もはや注文をつけるところのない、素晴らしい馬体で、完璧な仕上がりにある。
この馬も馬体の完成度は高いが、筋肉のつき方から2000m前後がベストである。
Pad5star

レッドエルディスト →馬体を見る
前駆に力強さがあって、パワータイプに映るが、馬体全体のバランスもなかなか。
顔つきを見ると、やや気性的に激しいところがあり、自分の型に持ち込めれば。
Pad3star

ミッキーロケット →馬体を見る
ダービー2、3着の実績馬たちに比べると、馬体の完成度という点では程遠い。
筋肉のメリハリに乏しく、表情も幼く、闘争心があまり感じられない。
Pad3star

★オールカマー
マリアライト →馬体を見る
休み明けとしては、春当時と比べてもそん色ない仕上がりにあり、及第点である。
ややトモの肉付きに物足りなさはあるが、叩かれてパンとしてくるはず。
Pad4star

ゴールドアクター →馬体を見る
コロンとして映って、本来は2000mぐらいの距離が合っているはず。
ふっくらとして疲れは癒えており、あとはもう少し筋肉のメリハリがほしい。
Pad3star

クリールカイザー →馬体を見る
馬体全体に伸びがあって、夏場を使われているからか筋肉にも柔らかみがある。
ややトモが落ちているので、距離は延びて、道中ゆっくりと走れる方が合っている。
Pad4star

サトノノブレス →馬体を見る
さすが池江厩舎の管理馬だけあって、休み明けにして充実した馬体で登場している。
肉体的にも精神的にも疲れは回復しており、あとはレースを走ってどこまで。
Pad3star

カレンミロティック →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、これと言って特筆すべき馬体の特徴はない。
それでもこれだけ走るのは、母系に流れている活力があるからだろう。
Pad3star

ワンアンドオンリー →馬体を見る
夏を越して、馬体が最も大きく変わってきたのは、この馬ではないだろうか。
幼さを残していたが、つくべきところに筋肉が付き、古馬らしい馬体になった。
Pad45star

| | Comments (0)

神戸新聞杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Koubesinbunhai

■1■とにかく前走ダービー上位組
過去10年のうち、前走ダービー組から8頭の勝ち馬が出ている。連対馬にまで対象を広げても、20頭中15頭が前走ダービー組である。さらに日本ダービー優勝馬は【4・2・0・0】連対率100%、2着馬は【2・2・0・3】連対率57%以上と抜群の成績を残している。紛れのない府中2400mで行われるダービーで勝ち負けになった馬は、たとえ休み明けでも確実に勝ち負けになる。とにかく、ダービー上位組を狙うべきレースである。

■2■瞬発力があり、先行できる馬に有利
阪神2400mはスタートしてから最初のコーナーまでの距離も長く、休み明けの馬が多いこともあってスローペースは否めない。そして、緩やかな3~4コーナーをゆっくり回るため、どうしても直線に向いてからのヨーイドンの競馬になる。当然のことながら、先行できる馬にとって有利になり、「折り合いに不安のある馬」、または「瞬発力のない馬」にとっては苦しくなる。枠順としては、スローになる分、どちらかというと内枠有利。

■3■さほどスタミナは問われない
2007年から距離が400m延長されたが、この時期の芝は軽いことや、阪神2400mコースの特性上、さほどスタミナを問われるレースにはならない。よって、前走ダービー上位組以外を狙うのであれば、夏を越して力をつけてきたステイヤーを狙うのではなく、ただ単純に夏の上がり馬を狙うだけでよい。上がり馬だけに、前走で勝っていることは最低条件になるだろう。

| | Comments (0)

オールカマーを当てるために知っておくべき3つのこと

Allcomer

■1■前に行ける馬が圧倒的に有利
12.2-11.9-12.6-12.4-12.4-11.7-11.5-11.6-11.8-11.4-12.6(61.5-58.9)S
12.6-11.5-12.4-12.3-12.2-12.6-11.8-11.8-11.3-11.4-12.6(61.0-58.9)S
12.3-11.8-13.0-12.4-12.3-12.4-11.6-11.4-11.2-11.8-11.8(61.8-57.8)S
12.5-11.5-12.4-12.3-12.3-12.2-12.1-12.0-11.3-11.2-11.6(61.0-58.2)S
12.4-11.1-12.2-11.9-12.4-11.9-12.0-12.2-11.7-11.7-11.9(60.0-59.5)M
12.3-11.3-12.6-12.2-12.1-11.7-11.9-11.6-11.8-11.4-12.3(60.5-59.0)S
12.6-11.3-12.4-12.5-12.6-12.9-12.6-12.6-12.0-11.7-12.3(61.4-61.2)M
12.8-11.1-12.1-11.7-11.9-11.8-12.2-12.1-12.4-11.8-12.1(59.6-60.6)H
13.0-11.0-11.4-12.2-12.9-12.2-12.4-12.1-12.0-11.4-11.6(60.5-59.5)S
12.5 - 10.9 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.6 - 11.9 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8(60.8-58.5)S

前半が上りで、後半が下りという競馬場のコースのアップダウンの影響も大きいのだが、過去10年間のラップタイムを見るだけで、オールカマーというレースが必然的に極端なスローペースになることが分かる。開幕3週目の絶好の馬場も手伝って、前に行ける馬が圧倒的に有利になる。これだけの速い上がりを求められる以上、前に行ける馬にとって圧倒的に有利になることは間違いない。

■2■夏を使ってきた馬
これは9月競馬全体に言えることだが、まだこの時期においては、休み明けの実績馬よりも夏競馬を使ってきた上がり馬の方が優勢である。この時期はまだまだ暑く、休み明けの馬にとっては調整が難しく、レースに行っていきなり能力を発揮しづらい。ところが、休み明けの馬は実績のある馬であることが多いため、たとえ仕上がりが悪くても、どうしても人気になってしまう面は否めない。私たちは春競馬での強い姿を覚えているので、ある程度の期待と幻想を持って、休み明けにもかかわらず実績馬を人気に祭り上げてしまうのだ。

過去10年の勝ち馬を見ても、7月以降のレースを使っていた馬が5頭に対し、春以降ぶっつけで臨んできた馬が5頭と互角だが、出走馬の実績をお考えると、休み明けの馬にとっては苦しいという結果が出ている。特に、春シーズンを最後まで戦い抜き、出がらしの状態で休養に入った馬にとっては、9月の段階で本調子に仕上げ直すのは非常に難しい。

■3■長くいい脚を使えるタイプ
中山2200mコースの特性として、第2コーナーから最終コーナーにかけて、フォルスストレート(偽直線)を約500m下って最後の直線に向かうことになる。ラスト1000mのラップが恐ろしく速いのはそういうことでもあり、良い脚を長く使えるタイプの馬に適した舞台である。過去の勝ち馬を見てみると、バランスオブゲームしかり、3連覇したマツリダゴッホしかり、瞬発力勝負では分が悪いが、スピードを持続させる力に富んだ馬が強い。

| | Comments (0)

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第16回)

Hitokuti16

クインアマランサスがゲート試験に受かったという朗報が入ってきた。8月末に高野厩舎に入厩し、今月からゲート試験に向けて練習を始めたところ、15日に合格したという。最初は嫌がり、うるさいところを見せたので縛ったところ、観念したのか、翌日からは素直に行えるようになったそうだ。ゲートに縛られた彼女の気持ちを考えると心が痛むが、競走馬としてデビューするには仕方ないのだろう。賢くて素直な気性と評判の馬らしく、狭いゲート内で我慢することを受け入れるや、出るときの反応も良くなり、すぐに試験に合格することができたのだからさすがである。

クインアマランサス
助 手 9. 4栗坂稍 58.4- 42.2- 27.4- 13.9 馬なり余力
ストライクイーグル(古500万)馬なりに同入
助 手 9.11栗坂良 57.2- 41.2- 26.8- 13.2 馬なり余力
リルティングインク(古500万)馬なりに0.2秒先行同入
助 手 9.15栗E良 12.8 ゲートなり

坂路でのキャンターも並行して行われているようで、タイムこそまだまだであるが、しっかりと動けるようになってきているとのこと。しかし、動き出すときと、走るのをやめるときに硬さが見られるようで、そのあたりに心配は残る。おそらく、負荷に対して成長が追いついておらず、筋肉や腱などに疲れが残っているのだろう。疲れが抜けないまま、調教のピッチを上げても、馬体はさらに硬くなってしまう恐れがある。ここは焦らず、もう少し時間を掛けて成長を促していく方向で、再びノーザンファームしがらきに戻ることになった。私もそれが正解だと思う。早くデビューしてもらいたい気持ちは山々だが、無理をして怪我や故障につながってしまっては元も子もない。

競走馬がデビューするまでの道のりは、本当に一歩一歩なのだと改めて思う。近道はないし、遠回りをすることがかえって良かったりもする。ひとつ1つの難関や試練をクリアしていきながら、2歩進んでは1歩下がりつつ、競馬場へと近づいてゆく。一口馬主になることの価値は、この永遠とも思える時間を確かに共有できることなのかもしれない。すぐに結果が出ることを求められ、細切れの時間の中で生きている私たちにとって、表に現れるまでにこれほどまでに時間が掛かる遊びに付き合うことは稀であろう。誰にとっても時間というものは共通して流れていて、それは伸ばすことも縮めることもできない。それが現実なのだと教えてくれる。

クインアマランサスはいつまで放牧されることになるのだろうか。ゆっくりと身体をほぐすことができるだろうか。ノーザンファームしがらきに行けば、彼女と会うことができるのだろうか。彼女に会ってみたい。そう思うようになってしまった。

そんな甘い思いに耽っていると、見透かしたように、シルクホースクラブから2016年度の募集パンフレットが届いた。これでもう1頭選びながら、気を紛らわせなさいということか。初めて出資したクインアマランサスが走り始めるのを見届けない限り、2頭目なんてとんでもないと思っていたし、もう1頭のことを考えるなんてクインアマランサスに悪いと律儀なことを感じていたりもした。とにかくクインアマランサスの生涯をこの目でしっかりと見届けたいのである。そんなこんなで、私はクラブから届いた封筒を開けることなく、机の上にそっと置いた。

| | Comments (6)

レースの条件によって切れ方が違う「カミソリ」と「ナタ」

Cover

「コダマはカミソリ、シンザンはナタの切れ味」という武田文吾調教師の有名な言葉がある。カミソリとナタはどちらも切れるのだが、その切れ方が違う。カミソリはスパッと切れるのに対し、ナタはザクッと切れる。つまり、カミソリの方がナタよりも鋭く切れる。かといって、カミソリの切れ味が良いかというと、そうとは限らない。たとえば大きな木をカミソリで切っても切れないように、切る対象物によっては、カミソリよりもナタの方が良く切れる。あくまでも切れ方が違うのである。

これをそのまま競馬に当てはめてしまうと、カミソリの切れ味とは、一瞬で鋭く切れる末脚のことで、対するナタの切れ味とは、良い脚を長く使える末脚ということになる。確かに間違ってはいないのだが、これだけではあまりにも抽象的で分かりにくい。もう少し具体的に述べると、以下のようになる。

カミソリとナタとの違いは、“スピードがスタミナに裏打ちされているかどうか”にある。分子がスピードで、分母がスタミナとすると分かりやすい。その馬のスピードに対してのスタミナの比重が軽ければ、末脚はカミソリの切れ味となり、スピードを支えているスタミナが豊富であれば、末脚はナタの切れ味となる。

たとえば、総合力は同じであっても、スピードとスタミナのバランスが違う2頭のサラブレッドがいるとする。Aという馬はスピードが勝っていて、そのスピードを後半の末脚に生かすタイプであり、Bという馬はスタミナが豊富で地脚が強いタイプ。この2頭が1000mのレースをすると、以下のラップが刻まれる。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*ローズSの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (0)

惚れ惚れしてしまうプロディガルサン:5つ☆

★ローズS
シンハライト →馬体を見る
ひと夏を越して、馬体の成長が明らかで、ふっくらとして最高の仕上がり。
表情を見ると、気性的な難しさは相変わらずだが、とにかく体調が良さそう。
Pad45star

アットザシーサイド →馬体を見る
前駆に力強さがあって、筋肉が十分に発達しているように、馬体の完成度は高い。
パワーに溢れるタイプだけに、距離は2000mぐらいまでが限界だろう。
Pad3star

デンコウアンジュ →馬体を見る
休み明けにしては、きっちりと仕上がって、いきなりでも力を出し切れそう。
手足が長く、胴部にも長さがあるので、2000mまでの距離は全く問題ない。
Pad3star

ジュエラー →馬体を見る
もともと牝馬離れした大柄な馬体を誇示していたが、相変わらずの迫力に映る。
骨折の休み明けの分、腹回りには余裕があって、あとひと絞りできれば。
Pad4star

レッドアヴァンセ →馬体を見る
胴部の長さと全体のシルエットは、いかにも距離が延びて良さそうなタイプ。
顔つきからも気性の素直さが伝わってきて、将来性は高いだろう。
Pad4star

フロムマイハート →馬体を見る
このメンバーに入ると、幼さを感じさせる馬体で、完成度という点では劣る。
馬体全体に筋肉のメリハリがついてくれば、中距離のレースで走るかも。
Pad3star

★セントライト記念
ディーマジェスティ →馬体を見る
腹袋がしっかりとして、馬体からも母系の血統の重厚さが伝わってくる。
顔つきも精悍で、休み明けにも関わらず闘争心に溢れている。
Pad45star

マウントロブソン →馬体を見る
春当時は馬体に幼さが目立っていたが、その点はやや解消されてきている。
それでも、付くべきところに筋肉がついておらず、成長途上にある馬体。
Pad3star

プロフェット →馬体を見る
前後のバランスが良く、筋肉のメリハリという点でも申し分ない。
それでも物足りなく映るのは、馬体がまとまりすぎているからなのか。
Pad3star

セーヴァント →馬体を見る
ディーマジェスティに似た馬体のつくりで、いかにもパワーがありそうな印象。
トモの実の入りが物足りない分、馬体が完成するのはもう少し先だろう。
Pad3star

アルカサル →馬体を見る
いかにもパワーがありそうな好馬体だが、動かしてみると硬いタイプかも。
毛艶も冴えて体調は万全であり、あとはこの馬の良さを生かせるかどうか。
Pad3star

プロディガルサン →馬体を見る
惚れ惚れしてしまうような立ち姿で、サラブレッドとしての値段は高い。
全体のシルエットから、筋肉のつき方まで、これで走らなければ仕方ない。
Pad5star

カルヴァリオ →馬体を見る
前駆に力強さはあるが、胴部からトモにかけて、やや筋肉が流れてしまっている。
顔つきを見ると、気性の激しさがあり、スムーズにレースができるかどうか。
Pad3star


| | Comments (0)

ローズSを当てるために知っておくべき3つのこと

Roses

■1■前走オークス組と夏の上がり馬がほぼ互角
過去10年の勝ち馬の前走を見ると、G1オークスもしくは桜花賞以来の馬が9頭、条件戦からは2015年のタッチングスピーチ1頭のみ。休み明けでも実績馬に分がある。連対馬に手を広げても、G1オークス(もしくはNHKマイル)以来が5頭、条件戦(もしくはG2・3)からが5頭と、こちらはほぼ互角となる。

これは、牝馬は総じて仕上がりが早いということに理由があるだろう。この時期であれば、基本的には夏にレースを使っていた馬が有利なのだが、たとえ休み明けであっても、春の実績馬がある程度までキッチリと仕上がって出走してくるということである。つまり、春のクラシックを走ってきた実績馬が夏の上がり馬と五分に戦える舞台となっている。

■2■紛れが少なく、内枠有利なコース設定
改修後の阪神1800mは、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長く、直線も長いため、
激しい先行争いもなく、極めて紛れの少ないコースといえる。別の言い方をすると、ごまかしが利かないため、スタミナのないマイラーでは苦しい。また、コーナーを緩やかに回るので、馬群が固まりやすく、外枠を引いた馬は外々を回されやすい。内枠を引いた馬が有利である。

■3■瞬発力勝負に強い馬
改修後の阪神1800mコースの特性上、どうしても道中がスローで、最後の直線に向いての瞬発力勝負になりやすい。そういった意味では、前に行ける先行馬にとって有利となるが、後方からでも瞬発力に優れていれば差し切れる。

| | Comments (0)

セントライト記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Sentolite

■1■夏の上がり馬に注目
9月競馬全般に言えることだが、この時期はまだまだ暑く、休み明けの馬にとっては調整が難しいため、レースに行っていきなり能力を発揮しづらい。セントライト記念の傾向として、夏にレースを使っていた馬の活躍も目立ち、ダービー以来の休み明けで勝った馬は、過去10年で5頭と勝率50%のみ。力が抜けている馬であれば別だが、休み明けをいきなり勝つのは案外難しい。2010年は夏にレースを使ってきた馬がワンツーフィニッシュを決めたように、好配当を期待するならば、夏の上がり馬にまず注目すべきレースである。

■2■切れよりも地脚の強い馬
中山2200mは、2コーナーが丘の頂上となっていて、そこからゴールまで緩やかな下りが続く。3コーナーが軽く舵を切るだけで曲がれるため、2コーナーから4コーナーまでは500mの擬似直線と考えることも出来る。そのため、3コーナー付近からロングスパートのレースになりやすく、距離以上のスタミナを要求されることになる。一瞬の切れを武器にする馬ではなく、良い脚を長く使える地脚の強い馬を狙うべきである。

■3■前に行ける馬を狙え
これも9月競馬全般に言えることだが、この時期だけは夏の間にしっかりと養生されたことで、芝がしっかりと根を張った野芝100%の状態になっているため、多少のハイペースで行ってもなかなか前の馬は止まらない。これに中山競馬場の直線の短さが加わって、差し・追い込み馬にとってはかなり苦しいレースになる。ただし、ロングスパートでスタミナが問われることがこたえるのか、逃げ切りも意外と難しい。つまり、前に行ける先行馬、もしくは3~4コーナーまでに好位を確保できる馬にとって有利なレースになる。

| | Comments (0)

秋のG1戦線を占う(3歳牝馬クラシック編)

Sinhalight

続いて、3歳クラシック牝馬路線について。牡馬と同じく、この路線も実力が抜けている馬が3頭いる。メジャーエンブレムとシンハライト、ジュエラーの3強である。特に、この時期の牝馬に関しては、夏を越して力関係が大きく逆転することはまず考えにくいため、有力馬たちが肉体的にも精神的にも順調に来ているかどうかが全てである。現時点では、戦線離脱したメジャーエンブレム以外の2頭は秋華賞に向けて順調に来ているようで何より。

オークスを勝ったシンハライトは、見た目以上に強い馬である。420kg台という小さい馬体という意味だけではなく、レースに行って他馬を大きく離すような勝ち方をするわけではないという意味でも、見た目以上に強い馬ということだ。新馬戦以外に勝利した3つのレース(紅梅S、チューリップ賞、オークス)共に、2着馬とはコンマ1秒もない僅差であった。敗れた桜花賞だってハナ差であり、勝っても負けても見ている側にインパクトを与えないタイプの馬である。

シンハライトについて、勝負強いという見解もあるようだが、私は全く逆の見かたで、本気で走っていないと考えている。つまり、レースでまだ全力を出し切っていないというか、最後の直線で他馬と馬体が併さってからようやく本気になって走る馬である。それはメンコを付けているため分かりにくいが、シンハライトの耳を見ていれば分かる。道中は耳を前に立てて走り、勝負所でジョッキーからゴーサインが出てようやく耳を後方に傾け始め、他馬と競り合いになるとギュっと耳を絞って、走ることに集中する。このようなタイプだからこそ、決定的な力差があるわりには、他馬との着差に現れない。そして、桜花賞のように、気を抜いたところを外から一気に来られてしまうと、足下をすくわれてしまうのだ。

このようなタイプの馬は、出し抜けを食らいにくい分、東京競馬場のような直線が長いコースの方がレースがしやすい。秋華賞が行われる、京都競馬場の内回り2000mは紛れが多いコースであり、シンハライトの気性的な盲点を突かれないような細心の注意を払った騎乗が必要だろう。そういう意味では、最後方から他馬の動きを見てひと捲りする戦法が理想的だが、最後の直線の長さを考えると前残りが怖いため、おそらく正攻法で前を捉えつつ、後ろから来る馬を受けるという形になるだろう。搭載しているエンジンは、この世代では随一であり、秋華賞が普通のレースになれば、この馬が負ける姿は想像しにくい。

桜花賞を勝ったジュエラーは、馬体的に恵まれた牝馬である。スピードとパワーを父ヴィクトワールピサから譲り受け、ダイナミックなフォームでこれから先の活躍も十分に見込める。とはいえ、桜花賞はミルコ・デムーロ騎手の乗り方が見事にはまったゆえの勝利であり、シンハライトとの間には一枚ほどの力差がある。まともに競り合っては分が悪い。ローズSの結果次第ではあるが、秋華賞でも奇襲作戦を取るはずで、府中であれば10回走って1回ぐらいしか勝ち目はないが、京都内回りコースならば3回ぐらいはチャンスはあるかもしれない。いずれにしても、思い切って勝つための騎乗ができるデムーロ騎手に全幅の信頼と手綱を委ねるしかない。

メジャーエンブレムとシンハライトはタイプが真逆であり、正直に言って、どちらが強いのか分からない。秋華賞はメジャーエンブレム向きのレースであり、シンハライトとのガチンコ勝負を見てみたかったので残念である。無事に回復して、レースに復帰してくれば、この馬のパワーとスピードが古馬と混じって走ってどのくらい通用するのかが見どころとなる。マイルCSや暮れの香港マイルも視野に入れておくべき実力を秘めた牝馬であることは間違いない。

Photo by 三浦晃一

| | Comments (0)

答えはなくとも「決断」を迫られる、それが競馬

Cover

私は競馬の予想をすると、必ず自分の決断力のなさに辟易することになる。ああでもない、こうでもないと考えた挙げ句に、結局決まらない。一旦これだと決めても、すこし時間が経つと、やはり違うのではないかという疑惑が心の中に浮かび上がる。始めは思考という形を取っていた予想も、だんだんと悩みに姿を変え、ついには私を半狂乱の状態に陥らせる。

そんな「決断」できない私は、答えがある世界で生きてきたのかもしれない。ものごとの全てに答えがあり、その答えを見つけていけば幸せになれるという幻想を抱いていたのかもしれない。受験勉強などはそんな幻想の典型的な例だろう。設問には確実に答えが存在し(答えがなければ設問として成立しない)、ただひたすら答えを出すことに集中すればよかった。「氷が解けると何になるか?」という設問には、「水」という答えが前提としてあるわけで、間違っても「春」などと答えるような逸脱は許されなかった。答えを見つけた者は成功者で、見つけられなかった者は落ちこぼれと揶揄された。

それは社会に出ても変わらない。始めはどれだけ知的に見えた作業でも、自ら経験を積み、的確な判断ができるようになれば、本人にとっては右から左へとモノを動かすような単純な作業となんら変わりはなくなる。だからこそ、代わりの人間はいくらでもいるし、私たちは歯車として回り続けなければならない。もし私ではなく他の誰がやっても同じ答えに辿り着くのであれば、私の意志はそこにはない。つまり、答えのある世界では私は「決断」する必要がなく、「選択」を繰り返していけばいい。

けれども、本当のことを言うと、

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*セントウルSの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (0)

相変わらず迫力満点の馬体ビッグアーサー:5つ☆

★セントウルS
ビッグアーサー →馬体を見る
相変わらず、迫力満点で筋骨隆々の申し分ない馬体を誇っている。
筋肉のメリハリという点ではもう少しだが、休み明けとしては及第点。
Pad5star

エイシンブルズアイ →馬体を見る
スプリンターにしては手脚が長く、胴部にも長さがあって、スタミナも十分か。
全体的なバランスも良いが、もうひと絞りできると完璧な仕上がりになる。
Pad4star

ウリウリ →馬体を見る
トモの肉付きが物足りなく、ひと叩きされて、筋肉量が増してくれば。
毛艶自体は問題なく、気持ちで走るタイプだけに、休み明けは心配ない。
Pad3star

ダンスディレクター →馬体を見る
絶好調時に比べると、馬体の迫力という点ではまだまだ物足りなさがある。
ふっくらとして疲れは完全に回復しているので、あとは叩かれてからか。
Pad3star

ネロ →馬体を見る
手脚が短く、いかにもスプリンターという体型であり、スピード感は抜群。
胴部には実が詰まって、重心が低く、坂路で好時計を出すはずのパワフルさ。
Pad3star

スノードラゴン →馬体を見る
高齢馬や芦毛の馬体ということもあり、正直、調子の良さの見極めは難しい。
さすが前駆の発達は素晴らしく、トモにも柔らかい実が入って、力は出せるはず。
Pad3star

★京成杯AH
ロードクエスト →馬体を見る
夏を越して馬体に少しは成長が見られるが、それでも幼さを随所に残している。
この馬の特徴は気性面の幼さであり、その点では顔つきがやや大人びてきた。
Pad4star

トウショウドラフタ →馬体を見る
ゆっくりと体を休めることができたのか、春当時に比べると馬体がふっくら。
まだ走れる体つきには見えないが、休み明けを叩かれてどこまで変わるか。
Pad3star

カフェブリリアント →馬体を見る
6歳牝馬としては安定した馬体を誇っており、可もなく不可もなし。
付くべきところに筋肉がついて、このメンバーに入っても大崩することはない。
Pad3star

ダノンリバティ →馬体を見る
前脚が揃ってしまったが、立ち姿には力みがなく、好調を維持している。
馬体は鍛え上げられているが、筋肉はやや硬さが出てきている点が心配材料か。
Pad3star

ダノンプラチナ →馬体を見る
若駒の頃の馬体の方がふっくらとして、余裕があったが、今はやや力感に乏しい。
休み明けもあるのかもしれないが、叩かれて馬体が張ってくることを期待したい。
Pad3star

ダンスアミーガ →馬体を見る
前後躯に実が入って、馬体全体のバランスが良く、マイルの距離はベストであろう。
もう少し毛艶が冴えていると望ましいが、皮膚はこの馬の特徴なのだろう。
Pad4star

| | Comments (1)

京成杯AHを当てるために知っておくべき3つのこと

Keiseihaiautumnh

■1■内枠を引いた逃げ・先行馬有利
過去10年のレースラップを見てみると、道中で速いラップを刻み続けるだけではなく、前が止まりにくいことを意識して各馬が良いポジションを取りに行くため、前半が後半に比べて速い前傾ラップになることが多いことが分かる(下記)。

12.9-11.2-11.6-11.5-11.6-11.6-11.0-11.4(47.2-45.6)S
12.1-11.2-11.1-11.3-11.5-11.7-11.5-12.9(45.7-47.6)H
12.4-11.1-10.8-11.0-11.4-11.8-11.6-11.9(45.3-46.7)H
12.7-10.9-11.5-11.2-11.5-11.5-11.6-11.7(46.3-46.3)M
12.2-10.1-10.5-11.2-11.9-11.9-12.2-12.1(44.0-48.1)H
12.7-10.5-10.9-11.2-11.5-11.6-11.8-11.9(45.3-46.8)H
12.4-11.6-11.4-11.7-11.4-11.2-11.3-11.8(47.1-45.7)S
12.0-11.0-11.0-11.1-11.5-11.7-11.8-11.8(45.1-46.8)H
12.2-10.9-10.9-11.1-11.1-11.2-11.5-11.8(45.1-45.6)M
12.6-10.6-10.8-11.2-11.5-11.5-11.9-11.7(45.2-46.6)H
12.7 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.8(47.0-46.3)M
*新潟競馬場で行われた2014年は除く

前傾ラップになって前に行った逃げ・先行馬にとっては苦しい展開になるにもかかわらず、逃げ・先行馬が残って上位を占めることが多い。それだけ馬場が絶好であるため、前が簡単には止まらないということである。ペースが速くなることを承知で、それでも逃げ・先行馬を狙うべき。もちろん、中山の1600mコースは内枠有利が定石で、逃げ・先行馬が内枠を引けば大きく有利になることは間違いない。

■2■瞬発力ではなく持続力が問われる
4月以降の開催となるため、野芝の養生期間が長く、根がしっかりと張った野芝100%の極めて軽い馬場で行われる。そのため、スタートからゴールまで速いラップが刻まれ、一瞬の脚ではなく、どれだけスピードを維持できるかという持続力が問われるアメリカ型のレースになりやすい。アメリカ血統の馬、ノーザンダンサー系(特にノーザンテースト、ダンチヒ)の馬が、意外な好走を見せるものここに理由がある。

■3■牡馬優勢
同じ日に阪神で行われるセントウルSとは対照的に、牡馬が【6・7・8・93】と牝馬【3・1・0・14】を数の上で圧倒している。過去10年で牝馬の勝ち馬はキストゥへヴンとザレマ、エクセラントカーヴのみで、連対馬に拡げてみてもアプリコットフィズしかいない。前述のとおり、どれだけスピードを維持できるかという持続力が問われるアメリカ型のレースになりやすいため、一瞬の脚で勝負したい牝馬にとっては苦しい戦いになる。

| | Comments (0)

セントウルSを当てるために知っておくべき3つのこと

Centauruss

■1■内枠の逃げ、先行馬
阪神の開幕週ということもあり、馬場の傷んでいない内の経済コースを通られる馬は当然ながら有利になる。また、馬場が軽くて前が止まらないことや、下記のようにあまり速いペースにならないことが原因となって、阪神1200mコースは最後の直線が356mと比較的短く、逃げもしくは先行馬にとって有利なレースとなる。内枠に入った逃げ・先行馬がいたら、とりあえず狙ってみるのも面白い。

12.3-11.1-11.2-11.4-10.5-11.7(34.6-33.6)S
12.2-10.8-10.9-11.0-11.2-12.2(33.9-34.4)M
12.0-10.2-11.1-11.7-12.0-11.6(33.3-35.3)H
12.2-10.5-10.7-10.9-11.1-11.7(33.4-33.7)M
12.0-10.7-11.2-11.5-10.8-11.8(33.9-34.1)M
12.2-10.6-11.3-11.3-11.0-12.1(34.1-34.4)M
12.0-10.3-10.9-11.0-11.2-11.9(33.2-34.1)M
12.0-10.9-10.9-11.0-10.9-11.8(33.8-33.7)M
11.8-10.3-10.8-11.0-11.2-12.3(32.9-34.5)H
11.9 - 10.8 - 11.3 - 11.1 - 10.9 - 11.8(34.0-33.8)M

■2■牝馬の活躍
過去10年間において、牡馬(セン馬含む)が【3・4・4・68】と3勝に対し、牝馬は【6・3・5・37】と6勝を挙げ、圧倒的な成績を残している。サマースプリントシリーズの最終戦であり、スプリンターズSの前哨戦でもあるという、複雑な思惑の絡んだレースではあるが、夏競馬の勢いそのままに牝馬の活躍が目立つ。開幕週で馬場が軽いということが理由のひとつであろう。

■3■夏場に使っていた馬
        勝ち馬          前走時期
平成17年 ゴールデンキャスト   8月28日
平成18年 シーイズトウショウ   8月27日
平成19年 サンアディユ       8月12日
平成20年 カノヤザクラ       7月20日
平成21年 アルティマトゥーレ   7月19日
平成22年 ダッシャーゴーゴー   8月15日
平成23年 エーシンヴァーゴウ   8月14日
平成24年 エピセアローム     8月19日
平成25年 ハクサンムーン     7月28日
平成26年 リトルゲルダ      8月24日
平成27年 アクティブミノル     4月11日

過去10年の勝ち馬は、アクティブミノル以外は7、8月の夏場にレースを使っている。9月のこの時期は、中央開催に戻ってきてはいるものの、まだまだ暑く、休み明けの馬は調整が難しい。どれだけ力のある実績馬であっても、仕上がり途上の段階で、重い斤量を背負いながら、いきなりトップギアでの走りを期待するのは難しい。ここをステップにスプリンターズSに向かう馬VS夏競馬を使ってきた馬という構図になるが、このレースに限っては後者が有利。実績馬よりも、夏場を使っていた馬の方に妙味がある。舞台が阪神に移ったとはいえ、夏競馬の延長線上にあると考えるべきである。

| | Comments (2)

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第15回)

Hitokuti15

年を取ると時が経つのが速く感じるのは、それだけ時間や歳月に対しての意識が強くなるからであろう。私も例にもれず、最近はますます時間の流れの速さを痛感している。あれから何年も経つのに、何も変わっていないことに対する後悔や、何もできていない自分に対する情けなさばかり。ふとしたことがきっかけとなり、実現したいことと自分に与えられた有限の時間との間にある大きな溝を見下ろしては背筋が凍ることになる。この集中連載を始めてから、もう1年が経とうとしている。あの頃は、自分が選んだ馬が競馬場で走ることなど遠い未来のことに思えたが、私の意識が混濁している間に時は流れ、もうすぐそこまで来ている。そう、クインアマランサスのデビューが近づいているのだ。

8/19
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から入厩に向けてハロン14秒までペースを上げています。坂路での動きは良いものを感じますし、鞍上の指示にしっかりと反応して瞬発力のありそうな走りをしています。高野調教師と打ち合わせを行い、入厩に備えて来週ノーザンファームしがらきに移動する予定になりました」馬体重467kg

8/26
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン調整
次走予定:未定
厩舎長「25日に無事到着いたしました。長距離輸送の後ですから、今週いっぱいは軽めに調整をして疲れを取ってあげようと思います。変わりなければ環境に慣れさせる為にスクーリングから開始していこうと思います」

8/31
在厩場所:栗東トレセン 31日に入厩
調教内容:
次走予定:未定
高野調教師「北海道からしがらきに到着後は若干疲れが見られたそうですが、翌日はすぐに元気も戻ったようですから、31日の検疫で入厩させてこちらで進めて行くことにしました。まずはゲート試験を目標に明日から調教を開始していきたいと思います」

シルクホースクラブから届いたメールを時系列に並べてみた。8月上旬に入厩の段取りを組み始め、8月19日にノーザンファームしがらきに移動することが決まり、25日に到着し、31日には栗東トレセンに入厩した。もう少し長くノーザンファームしがらきに滞在するのかと思い、取材も兼ねてクインアマランサスに会いに行くことも考えたが、予定を調整する前にすでに栗東トレセンに入ってしまった。ノーザンファームしがらきは本当の意味での馬房が空くまでのワンクッションだったのだろう。初めての長距離輸送を経験し、1週間後にはまた新しい環境に放り込まれる。果たしてゲート試験を無事にクリアできるのだろうか。多くのサラブレッドたちが通ってきている道ではあるが、こと自分の愛馬に関しては些細なことにも気を揉んでしまう。

競走馬としてデビューすることは、実はそう簡単なことではない。何らかの形で競走馬がデビューする過程に立ち会ったことがある人ならば、その難しさが分かるだろう。競走馬として生を受けたにもかかわらず、デビュー戦を迎えることなく去っていった馬の何と多いことか。怪我や病気や事故など、あらゆる万難を排して、ようやく競走馬としてターフで走ることができる。競馬場に立つことができた馬は、ある意味ではラッキーと言えるのかもしれない。

デビューするための最後の難関として、ゲート試験がある。ゲートにすんなりと入ることができ、ゲート内で大人しく待っていることができ、ゲートが開いたら飛び出してダッシュできるかどうかを試されるのである。何もかもが初めての体験となる若駒のことでもあり、中には閉所恐怖症の馬もいるので、このゲート試験に合格することは想像以上に難しい。厩舎関係者の中で、ゲート試験に受かることを「競走馬になる」と言うのはそれゆえである。どれだけ速く走ることのできる馬でも、このゲート試験をパスしなければ、競走馬としてデビューすることは叶わないのである。

しかも、ゲート試験は2本連続で行われるため、1本目は成功したとしても、2本目で失敗してしまうと不合格となってしまうのだ。このやり方に疑問を投げかける関係者は多い。たった1回だけでも、若駒にとってゲート試験は肉体的にも大変で、神経をすり減らすものであり、それを2回連続で成功させるとなると、練習を含めると大きな負担となる。ちなみに、栗東トレセンでのゲート試験の合格率は75%程度だという。ゲート試験だけのために入厩して、合格すると放牧に出す馬が多いことからも、ゲート試験の負担の大きさが分かる。

とはいえ、公正競馬の観点から考えると、仕方がない部分もある。レースにはお金がかかっている以上、競走馬がゲートから出て行かなかったでは済まされない。競走馬は生きものであり、どれだけ試験に合格していても100%ゲートを無事に出る保証はないのだが、たった1回のテストでは心もとない。そう考えると、数回、しかも日にちを分けてテストをしたいところなのだが、馬の負担を考えて2回に限っているのではないだろうか。

それよりも、私にとってゲート試験の最大の問題と思われるのは、あまりゲートの練習をやりすぎて、スタートして全速力でダッシュしてしまうリズムを馬に作ってしまうことである。短距離戦でバリバリ活躍していこうと思う馬ならそれでいい。そうではなく、ミドルディスタンス以上の距離でこそ真価を発揮するような馬が、スタートしてから力んで走るようになってしまえば目も当てられない。松田博資元調教師はゲート練習をほとんど馬に課さなかったという。なるほど、ブエナビスタやハープスターの走りを見ると納得してしまう。長めをゆったりと追い切る調教方法だけではなく、こういう小さなところからも、一介のスピード馬で終わらせない馬づくりの本質が見える。もちろん、それも馬が無事にゲート試験に受かってくれたらの話である。もし不合格が続き、デビューが危ぶまれたとしたら、悠長なことを言っていられなくなるだろう。もしそれで、将来の偉大な馬たちの芽が摘まれてしまうのであれば、それはもったいないことである。今はとにかく、クインアマランサスが無事にゲート試験をクリアして、デビュー戦を迎えられることを願いたい。

Photo by fakePlace

| | Comments (0)

先輩が後輩を育て、後輩の存在もまた先輩を強くする

Cover

リオオリンピックの卓球の女子団体で、福原愛、石川佳純、伊藤美誠の3人が胴メダルに輝いた。まだ幼い頃から卓球一筋に取り組み、その情熱と技術をオリンピックという大舞台で発揮する彼女たちの姿に目を奪われた。それだけではなく、彼女たちのチームワークの素晴らしさ、お互いに寄せる信頼や尊敬の強さが、地球の裏側から伝わってきて、心を動かされた人々も多かったのではないだろうか。私もその一人である。

3人のうち、最年長は「愛ちゃん」こと福原愛で、1988年生まれの27歳。次が石川佳純で、1993年生まれの23歳。最年少が2000年生まれの伊藤美誠でなんと15歳。まるで3人姉妹のよう。次女の石川も三女の伊藤も、長女の福原にあこがれ、目標として、小さな頃から卓球ボールを打ち続けてきたという。そんな3人が一緒に練習し、合宿で生活を共にして、オリンピックに向けてひとつになったのだ。同じ時間と場所を過ごすことで、お互いに刺激を与え合い、大きく成長を遂げた結果の銅メダルだと思う。

競馬でも同じようなことがある。馬は集団性の強い動物であり、周りにいる馬たちに大きく影響を受けやすい。強い馬と同じレースで走ることもそうだが、強い馬と一緒に稽古をすると、その馬も強くなる。たとえ、一緒に稽古をしないにしても、普段の生活を共にするだけで、きちんと歩いたり、人間の指示に従ったりという、競走馬としての振舞いを自然と学ぶことができる。つまり、同厩舎にどのような馬がいるかによって、良かれあしかれ、周りの馬たちの成長や競走実績さえも左右されてしまうのである。

日本を代表するトレーナーである藤沢和雄調教師は、「馬が馬に教える」と題して、厩舎の先輩・後輩の関係について、著書の中でこう書いている。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*新潟記念の予想と馬券を公開中です。

| | Comments (2)

パッと目を引く馬体を誇るメイソンジュニア:5つ☆

★新潟記念
マイネルミラノ →馬体を見る
ひと息入れたのか、前走ほどの完成度にはないが、全体のバランスは悪くない。
筋肉のメリハリという点であと一歩であり、最終追い切りでどこまで。
Pad4star

クランモンタナ →馬体を見る
リラックスして立てているように、前走を勝ったことで馬に自信がついたか。
全体的に馬体が黒く映っており、芦毛馬の毛艶が良い証拠である。
Pad4star

エキストラエンド →馬体を見る
7歳馬にして若々しい柔らかみのある筋肉を維持しているが、トモは今ひとつ。
前駆の力強さが目立つように、一瞬の切れ肢勝負のレースが最も合う。
Pad3star

アルバートドック →馬体を見る
全体的にガッチリしており、ディープインパクト産駒にしてはパワータイプか。
もう少し筋肉のメリハリがあればパーフェクトだが、前走激走の反動はなさそう。
Pad3star

ベルーフ →馬体を見る
父ハービンジャーよりも、母系の血が濃く出ているようで、気持ちで走るタイプ。
馬体からは力強さが伝わってきて、あとは気持ち良く走ることができるかどうか。
Pad4star

ダコール →馬体を見る
前走は馬体的には素晴らしかったが、レースに行くと弾けなかった。
今回はあまり良く見せないが、かえってこの位の方が走るのかもしれない。
Pad3star

★札幌2歳S
タガノアシュラ →馬体を見る
2歳馬らしく、線の細さが残っているが、馬体全体のラインは均整が取れている。
顔つきからは気持ちの弱さが伝わってくるようで、今回も逃げた方が良いかも。
Pad3star

コリエドール →馬体を見る
半兄のベルーフと比べても、胴部に長さがあって、馬体全体に長さがある。
筋肉のメリハリという点では成長の余地があるが、馬体のバランスは非常に良い。
Pad4star

アドマイヤウィナー →馬体を見る
首回りが太く、頭部にも大きさがあるため、前駆の力強さが目立つタイプ。
まだ馬体全体に幼さを残しており、これから先に活躍する馬であろう。
Pad3star

トリオンフ →馬体を見る
手脚が長く、胴部にも十分な長さがあって、距離が延びてこそのタイプ。
表情からも気性の素直さが伝わってきて、力はきっちりと出し切れそう。
Pad3star

★小倉2歳S
メイソンジュニア →馬体を見る
パッと目を引くほど、2歳馬にしては大人びた馬体でパワーに溢れている。
賢そうな顔つきからも、現時点での完成度の高さが伝わってくる。
Pad5star

レーヌミノル →馬体を見る
前駆には力強さがあるが、馬体全体としては2歳牝馬らしく線が細い。
馬体のシルエットは美しいので、あとは筋肉がしっかりとついてくれば。
Pad3star

クインズサリナ →馬体を見る
立ち方が悪いのか、後肢が極端な曲飛映るように、脚元に不安を残す。
顔つきからは気性面の素直さが窺えて、スムーズにレースができれば。
Pad3star

ドゥモワゼル →馬体を見る
特にこれといった強調材料のない、現時点ではごく平凡な馬体を誇る。
前後躯にバランスよくしっかりと実が入っており、スピードはありそう。
Pad3star

| | Comments (0)

新潟記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Niigatakinen

■1■血統の偏りが見られるレース
過去15年間の新潟記念の勝ち馬の父もしくは母父は以上のとおり。

サンプレイス(父トニービン)
トーワトレジャー(父トニービン)
ダービーレグノ(父トニービン)
スーパージーン(父サッカーボーイ)
ヤマニンアラバスタ(父ゴールデンフェザント)
トップガンジョー(父マヤノトップガン、母父ゴールデンフェザント)
ユメノシルシ(母父トニービン)
アルコセニョーラ(父ステイゴールド)
ホッコーパドゥシャ(父マヤノトップガン)
ナリタクリスタル(父スペシャルウィーク)
トランスワープ(父ファルブラヴ)
コスモネモシン(父ゼンノロブロイ)
マーティンボロ(父ディープインパクト)
パッションダンス(父ディープインパクト)

トニービンを父もしくは母父に持つ馬が4頭も勝利している。また、トニービンと同じグレイソブリン系のゴールデンフェザントを父もしくは母父に持つ2頭もいる。さらに、実はサッカーボーイとステイゴールドは近親にあたる。これだけ血統の偏りが見られるレースも珍しく、新潟記念が行われる舞台(コース、馬場、距離)があらゆる意味で最適であるということに他ならない。

ここ数年は、サンデーサイレンス系の種牡馬が活躍しているが、いずれもスタミナを豊富に持つタイプであり、以下にも述べるように、新潟記念は2000mという字ズラ以上のスタミナが問われることを証明している。

■2■トップハンデ馬は疑ってかかれ
新潟競馬場が新装となった2001年以来、トップハンデ馬は【1・0・2・16】と、勝ったのは2011年のナリタクリスタルのみ。速いタイムの出る軽い馬場だけに、斤量がこたえているということではないだろう。ただ単に、トップハンデを振られた馬たちが、それに相応しい走りが出来ていないだけのことである。

なぜかというと、トップハンデ馬が好走した近走と今回の新潟記念では、全く条件が違うからである。パワーや瞬間的な脚が要求された七夕賞や小倉記念などで好走してきた馬が、重いハンデを強いられ、スピードの持続力を問われる新潟記念で凡走してしまうのは当然といえば当然と言える。全てのトップハンデ馬が適性を欠くということではないが、まずは疑ってかかった方が得策か。

■3■スピードを持続させるスタミナが問われる
過去10年間のレースラップは以下のとおり。
12.6-10.9-11.5-11.5-11.8-12.3-11.9-11.7-10.6-12.4(58.3-58.9)M
12.8-11.2-11.1-11.1-11.9-12.3-11.9-11.8-10.9-12.8(58.1-59.7)H
13.0-11.1-11.6-11.1-12.0-12.4-12.0-11.6-10.8-11.9(58.8-58.7)M
13.1-11.4-12.1-12.2-13.0-12.6-11.7-10.9-10.4-12.2(61.8-57.8)S
12.9-11.4-11.9-12.0-12.4-12.1-11.4-11.1-11.0-12.2(60.6-57.6)S
13.2-11.0-11.9-12.0-12.8-12.4-11.7-11.2-10.9-12.0(60.9-58.2)S
12.8-11.2-11.8-12.1-12.5-12.4-11.7-10.9-10.3-11.9(60.4-57.2)S
13.0-11.1-11.5-12.0-12.3-12.4-11.9-11.4-10.8-12.5(59.9-59.0)M
12.9-11.3-11.7-11.4-11.7-12.2-11.9-11.7-11.1-12.4(59.0-59.3)M
13.2 - 11.0 - 11.3 - 11.3 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 10.5 - 13.0(58.8-59.4)M

最後の直線が659mと長いため、道中はスローに流れ、異常なほどに速い上がり3~4ハロンのタイムが計時される。このようなレースでは、スピードを持続させるスタミナが問われることになる。トニービンやサッカーボーイ、ステイゴールド、スペシャルウィーク、リアルシャダイの血を持つ馬の活躍が目立つのはそういう理由でもある。

| | Comments (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »