« ローズSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | レースの条件によって切れ方が違う「カミソリ」と「ナタ」 »

惚れ惚れしてしまうプロディガルサン:5つ☆

★ローズS
シンハライト →馬体を見る
ひと夏を越して、馬体の成長が明らかで、ふっくらとして最高の仕上がり。
表情を見ると、気性的な難しさは相変わらずだが、とにかく体調が良さそう。
Pad45star

アットザシーサイド →馬体を見る
前駆に力強さがあって、筋肉が十分に発達しているように、馬体の完成度は高い。
パワーに溢れるタイプだけに、距離は2000mぐらいまでが限界だろう。
Pad3star

デンコウアンジュ →馬体を見る
休み明けにしては、きっちりと仕上がって、いきなりでも力を出し切れそう。
手足が長く、胴部にも長さがあるので、2000mまでの距離は全く問題ない。
Pad3star

ジュエラー →馬体を見る
もともと牝馬離れした大柄な馬体を誇示していたが、相変わらずの迫力に映る。
骨折の休み明けの分、腹回りには余裕があって、あとひと絞りできれば。
Pad4star

レッドアヴァンセ →馬体を見る
胴部の長さと全体のシルエットは、いかにも距離が延びて良さそうなタイプ。
顔つきからも気性の素直さが伝わってきて、将来性は高いだろう。
Pad4star

フロムマイハート →馬体を見る
このメンバーに入ると、幼さを感じさせる馬体で、完成度という点では劣る。
馬体全体に筋肉のメリハリがついてくれば、中距離のレースで走るかも。
Pad3star

★セントライト記念
ディーマジェスティ →馬体を見る
腹袋がしっかりとして、馬体からも母系の血統の重厚さが伝わってくる。
顔つきも精悍で、休み明けにも関わらず闘争心に溢れている。
Pad45star

マウントロブソン →馬体を見る
春当時は馬体に幼さが目立っていたが、その点はやや解消されてきている。
それでも、付くべきところに筋肉がついておらず、成長途上にある馬体。
Pad3star

プロフェット →馬体を見る
前後のバランスが良く、筋肉のメリハリという点でも申し分ない。
それでも物足りなく映るのは、馬体がまとまりすぎているからなのか。
Pad3star

セーヴァント →馬体を見る
ディーマジェスティに似た馬体のつくりで、いかにもパワーがありそうな印象。
トモの実の入りが物足りない分、馬体が完成するのはもう少し先だろう。
Pad3star

アルカサル →馬体を見る
いかにもパワーがありそうな好馬体だが、動かしてみると硬いタイプかも。
毛艶も冴えて体調は万全であり、あとはこの馬の良さを生かせるかどうか。
Pad3star

プロディガルサン →馬体を見る
惚れ惚れしてしまうような立ち姿で、サラブレッドとしての値段は高い。
全体のシルエットから、筋肉のつき方まで、これで走らなければ仕方ない。
Pad5star

カルヴァリオ →馬体を見る
前駆に力強さはあるが、胴部からトモにかけて、やや筋肉が流れてしまっている。
顔つきを見ると、気性の激しさがあり、スムーズにレースができるかどうか。
Pad3star


|

Comments

Post a comment