« 中山芝1200m | Main | 切るべきタイミングが難しいジョーカー=突然の逃げ »

どのようなレースでも対応できるシュウジ:5つ☆

ビッグアーサー →馬体を見る
実にスプリンターらしい体型であり、貫禄さえ感じさせる堂々とした立ち姿。
やや腹回りに余裕があるように映るが、体型的なものか、仕上がりは悪くない。
Pad45star

ダンスディレクター →馬体を見る
一度レースを使われて、全体的に馬体がすっきりとしてきて良化している。
やや腰高に映る馬体からは、一瞬の切れ味を武器とする馬であり、どう引き出すか。
Pad3star

ネロ →馬体を見る
前駆が勝っていて、力強さのある馬体だが、その反面、トモの肉付きが物足りない。
気持ちの激しい馬だけに、前に行ってこそ本来のスピードと良さが生きるはず。
Pad3star

シュウジ →馬体を見る
手脚が短く、重心が低い、典型的な短距離馬の体型であり、1200mはベスト。
顔つきからは気性の素直さが伝わってきて、どのようなレースでも対応できる。
Pad5star

ソルヴェイグ →馬体を見る
馬体のシルエットの美しい馬だが、このメンバーに入ると力強さに欠ける。
筋肉に柔らかみがあり、夏場を使ってきた疲れは微塵も感じさせない。
Pad3star

ブランボヌール →馬体を見る
2歳時に比べると、つくべきところに筋肉が付いてきて成長している。
それでも3歳牝馬らしい馬体の幼さは残しており、成長途上にある。
Pad3star

ミッキーアイル →馬体を見る
手脚がスラリと伸びている反面、胴部はぐっと詰まって短距離馬らしい体つき。
筋肉のメリハリも十分にあり、気性的にも休み明けでも力は出し切れるはず。
Pad4star

ベルカント →馬体を見る
古馬になって明らかに馬体から幼さが消えて、短距離馬らしくパワーアップした。
凛々しい表情を見ても、夏の疲れはほとんど感じさせず、仕上がりは悪くない。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
リラックスして立てており、一時期のスランプは脱したような精神状態にある。
馬体全体のバランスは良く、マイルまでなら走れる体型でスタミナは十分にある。
Pad4star

スノードラゴン →馬体を見る
8歳馬にして相変わらず筋肉が柔らかく、馬体が傷んでいないのが伝わってくる。
前駆の筋肉が盛り上がって、パワーは十分であり、時計が掛かる馬場が理想的か。
Pad3star

レッドファルクス →馬体を見る
前駆が力強い割にはトモが下がっているように映り、テンについていけるかどうか。
伸びがある馬体からは、1200m以上の距離でも走れるだけのスタミナがあるはず。
Pad3star

サクラゴスペル →馬体を見る
胸前の筋肉が付きすぎていて、もう少し削げてくると全体的に走りやすくなるはず。
やや太め感があるのは否めないが、毛艶は素晴らしく、悪くない仕上がりにある。
Pad3star

|

Comments

Post a comment