« 神戸新聞杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 特異なコースだからこそ、同じ舞台での好走実績を評価すべき »

注文をつけるところのないエアスピネル:5つ☆

★神戸新聞杯
サトノダイヤモンド →馬体を見る
春当時よりも、手脚が伸びて、馬体全体のバランスが良くなってきた。
それでも重心の低さは残っているが、2400mまでならば守備範囲だろう。
Pad4star

エアスピネル →馬体を見る
もはや注文をつけるところのない、素晴らしい馬体で、完璧な仕上がりにある。
この馬も馬体の完成度は高いが、筋肉のつき方から2000m前後がベストである。
Pad5star

レッドエルディスト →馬体を見る
前駆に力強さがあって、パワータイプに映るが、馬体全体のバランスもなかなか。
顔つきを見ると、やや気性的に激しいところがあり、自分の型に持ち込めれば。
Pad3star

ミッキーロケット →馬体を見る
ダービー2、3着の実績馬たちに比べると、馬体の完成度という点では程遠い。
筋肉のメリハリに乏しく、表情も幼く、闘争心があまり感じられない。
Pad3star

★オールカマー
マリアライト →馬体を見る
休み明けとしては、春当時と比べてもそん色ない仕上がりにあり、及第点である。
ややトモの肉付きに物足りなさはあるが、叩かれてパンとしてくるはず。
Pad4star

ゴールドアクター →馬体を見る
コロンとして映って、本来は2000mぐらいの距離が合っているはず。
ふっくらとして疲れは癒えており、あとはもう少し筋肉のメリハリがほしい。
Pad3star

クリールカイザー →馬体を見る
馬体全体に伸びがあって、夏場を使われているからか筋肉にも柔らかみがある。
ややトモが落ちているので、距離は延びて、道中ゆっくりと走れる方が合っている。
Pad4star

サトノノブレス →馬体を見る
さすが池江厩舎の管理馬だけあって、休み明けにして充実した馬体で登場している。
肉体的にも精神的にも疲れは回復しており、あとはレースを走ってどこまで。
Pad3star

カレンミロティック →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、これと言って特筆すべき馬体の特徴はない。
それでもこれだけ走るのは、母系に流れている活力があるからだろう。
Pad3star

ワンアンドオンリー →馬体を見る
夏を越して、馬体が最も大きく変わってきたのは、この馬ではないだろうか。
幼さを残していたが、つくべきところに筋肉が付き、古馬らしい馬体になった。
Pad45star

|

Comments

Post a comment