« 京成杯AHを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 答えはなくとも「決断」を迫られる、それが競馬 »

相変わらず迫力満点の馬体ビッグアーサー:5つ☆

★セントウルS
ビッグアーサー →馬体を見る
相変わらず、迫力満点で筋骨隆々の申し分ない馬体を誇っている。
筋肉のメリハリという点ではもう少しだが、休み明けとしては及第点。
Pad5star

エイシンブルズアイ →馬体を見る
スプリンターにしては手脚が長く、胴部にも長さがあって、スタミナも十分か。
全体的なバランスも良いが、もうひと絞りできると完璧な仕上がりになる。
Pad4star

ウリウリ →馬体を見る
トモの肉付きが物足りなく、ひと叩きされて、筋肉量が増してくれば。
毛艶自体は問題なく、気持ちで走るタイプだけに、休み明けは心配ない。
Pad3star

ダンスディレクター →馬体を見る
絶好調時に比べると、馬体の迫力という点ではまだまだ物足りなさがある。
ふっくらとして疲れは完全に回復しているので、あとは叩かれてからか。
Pad3star

ネロ →馬体を見る
手脚が短く、いかにもスプリンターという体型であり、スピード感は抜群。
胴部には実が詰まって、重心が低く、坂路で好時計を出すはずのパワフルさ。
Pad3star

スノードラゴン →馬体を見る
高齢馬や芦毛の馬体ということもあり、正直、調子の良さの見極めは難しい。
さすが前駆の発達は素晴らしく、トモにも柔らかい実が入って、力は出せるはず。
Pad3star

★京成杯AH
ロードクエスト →馬体を見る
夏を越して馬体に少しは成長が見られるが、それでも幼さを随所に残している。
この馬の特徴は気性面の幼さであり、その点では顔つきがやや大人びてきた。
Pad4star

トウショウドラフタ →馬体を見る
ゆっくりと体を休めることができたのか、春当時に比べると馬体がふっくら。
まだ走れる体つきには見えないが、休み明けを叩かれてどこまで変わるか。
Pad3star

カフェブリリアント →馬体を見る
6歳牝馬としては安定した馬体を誇っており、可もなく不可もなし。
付くべきところに筋肉がついて、このメンバーに入っても大崩することはない。
Pad3star

ダノンリバティ →馬体を見る
前脚が揃ってしまったが、立ち姿には力みがなく、好調を維持している。
馬体は鍛え上げられているが、筋肉はやや硬さが出てきている点が心配材料か。
Pad3star

ダノンプラチナ →馬体を見る
若駒の頃の馬体の方がふっくらとして、余裕があったが、今はやや力感に乏しい。
休み明けもあるのかもしれないが、叩かれて馬体が張ってくることを期待したい。
Pad3star

ダンスアミーガ →馬体を見る
前後躯に実が入って、馬体全体のバランスが良く、マイルの距離はベストであろう。
もう少し毛艶が冴えていると望ましいが、皮膚はこの馬の特徴なのだろう。
Pad4star

|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様です(・ω・)ノセントウルステークス後からずっとビッグアーサーについて気になっているのですが自らが作ったレースとはゆえかなりハイペースの上に休養あけであれだけの激走で反動はどうなのかかなり気になります。叩き2走目で調子はさらに良くなると思いますが治郎丸さんはどのような見解ですか?やはり反動とかは走ってみないと見た目ではわかりませんよね(^^;;

Posted by: ユビキタス | September 21, 2016 at 01:27 AM

Post a comment