« 簡単には負けない脚の速い馬は最終コーナーで探せ | Main | 菊花賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

お見事!


秋華賞2016―観戦記―
チューリップ賞に続き、クロコスミアが敢然と逃げを打った。馬群が縦に長く伸びていたので、ある程度の淀みのない流れかと思いきや、前半1000mが59秒9、後半が58秒7というスローペース。小回りで外を回されることを嫌い、馬群がそれほど固まらなかったということだろう。馬群は先行集団と後方集団の2つに分かれて、後者にいた馬たちは届きにくく、前者にいた馬たちに有利なレースとなった。後方集団の先頭にいたヴィブロスはそれを差し切ったのだから、瞬発力の高さという点においては、このメンバーでは抜けていた。

勝ったヴィブロスは、春シーズン後にひと息入れたことで立て直され、大きく成長を遂げていたことは確か。それでも、前走の紫苑Sであれだけの大きなアクシデントに見舞われた場合、馬が恐怖心を抱いてしまい、レースに集中できなくなってしまうことも多い。今回のレースはそういった意味でもヴィブロスにとっては試金石であり、G1級の能力があることだけではなく、競走馬としての精神力の強さを(姉ヴィルシーナ同様に)持っていることを証明してみせた。410kg台しかないヴィブロスを細心の注意を払って仕上げた、友道調教師の手腕にも驚嘆する。

福永祐一騎手は、スタートからゴールまで一糸乱れぬ手綱さばきで、ヴィブロスを勝利へと導いた。スプリンターズSでは悔しい思いをしたはずであり、その鬱憤を晴らすかのような完璧な騎乗であった。好スタートを切ったことで、後方集団の先頭のポジションを走れたことが何よりも大きい。馬群の中でプレッシャーを受けることもなく、前の馬との距離があるため自分のリズムで走りやすいポケット(空間)にはまったことが、ヴィブロスの馬体の小ささというウィークポイントを隠す役割を果たした。最小限に馬を引っ張り、最大限に馬の力を引き出す福永騎手の技術が見事に発揮された。佐々木オーナーも福永騎手を信じて手綱を託してのG1勝利だけに、喜びはひとしおだろう。

パールコードは先行力を生かし、勝利まであと一歩のところまで迫ったが、勝ち馬の切れ味に屈してしまった。長距離輸送がない関西での競馬もプラスに働いた。ゴール前はさすがにバテたのか左右によれて走っており、真っ直ぐに走ることができていれば、もっと際どい勝負になっていたはず。ヴィクトワールピサ産駒は(4着に入ったジュエラーもそう)馬体が大きく出て、パワーに秀でた馬が多い。500kg台の恵まれた馬格から繰り出されるスピードとパワーは、牝馬限定のレースにおいては大きな武器となる。

カイザーバルは、先行して3着に粘り込んだ。さすがダンスインザムードを母に持ち、おばにダンスパートナーがいる良血馬だけに、使われつつ着実に力をつけてきた。決して大物ではないが、このまま無事に行けば、重賞の1つか2つは勝てる馬になるだろう。ジュエラーは前走の大敗から巻き返して4着に入り、桜花賞馬の意地を見せた。道中の行きっぷりやラストの反応を見ても、まだ完全復活とはいいがたい。1番人気で10着に大敗したビッシュは、全く脚を使えずに(反応せずに)終わってしまった。たしかに道中のポジションが良くはなかったが、それ以前の問題であり、休み明けの前走を快勝した2走ボケなのかそれとも長距離輸送が思いの外こたえたのか、走れる体調になかったということだ。私は後者と見ている。いずれにせよ、この時期の牝馬は本当に体調の変化が激しく難しく、今回の大敗でビッシュを決して見限ってはならない。

|

Comments

治郎丸さん。お疲れ様です。

友道調教師、福永騎手お見事でしたね。
ヴィブロスの能力も素晴らしいですが、佐々木オーナーの眼力と言うか、競馬愛が呼び込んだ勝利のようにも感じます。
シンハライトの離脱は残念でしたが、そうでなかったとしても良い勝負になっていたことでしょう。
福永騎手については、そこはそれ、競馬(馬券)と言う勝負の世界、あれこれと揶揄されることもありますが、
もともと持つ非凡な当りの柔らかさに加え、馬を御す技術が追い付き、技術面ではトップにあると言って良いと思います。
それにトップ騎手に対して失礼ではありますが、本当に素直で前向きな人柄、愛すべきナイスガイなんですよね。

Posted by: 愛知のポルンガ | October 18, 2016 at 05:45 PM

治郎丸さん、こんばんは。

某所で佐々木オーナーの関係者が明かしてたのですが、実はルメール騎手から「ヴィブロスに乗せて欲しい」という売り込み、営業があったのですが佐々木オーナーが断って祐一続投で・・という出来事があったそうです。(たぶん騎乗経験があるエンジェルフェイス陣営にも同じことをやってたんでしょうね。池添騎手もミエノサクシードに売り込みをかけたとか。)

意気に感じたことでしょうね。ギャロップの二枚の写真を見てジワジワ喜びが伝わって来ました。馬上でヴィブロスの首筋にキスをする祐一。入線後に下向きではありますが大きく口を開けて何か吠えた様子の祐一。当日のインタビューが拍子抜けするほどクールだったので、騙されました(笑)かなり興奮してたのですね。

正直、今回はめちゃくちゃ上手く乗ったと言うよりは、ビッシュが輸送で、ジュエラーが武騎手と蛯名騎手のマークで力を出し切れなかった要素が大きいとは思います。でも10年後は恐らくそんな細かいことを覚えてる人は少数派でしょう。「騎手は勝たなきゃイカン」北橋先生の教え通り、これからも勝利に貪欲な祐一を見たいですね。

個人的にはヴィブロスはエリザベス女王杯をパスして、来年のAJCCか京都記念あたりから始動してほしいと思ってますが・・・慎重な友道先生だから成長を促すために決断しますかね。現状ではステイヤー寄りの牝馬だと思ってるので、ペース耐性をつけるためにあえて中山記念という選択もアリだとは思いますが。

Posted by: シンプル | October 18, 2016 at 11:17 PM

愛知のポルンガさん

こんばんは。

福永祐一騎手はスプリンターズSの、友道調教師は凱旋門賞の悔しさを晴らした1戦だったと思います。

それに佐々木オーナーを加えたチームは、シュヴァルグランで天皇賞春を勝っていてもおかしくなかっただけに、今回は待ちに待ったG1制覇でしね。

私はこうしてチームで馬を育てる馬主が増えてくると、もっと競馬は面白くなると最近考えています。

福永騎手はまだまだこれからの騎手ですが、今回の勝利を機にさらに良いジョッキーになってもらいたいです。

Posted by: 治郎丸敬之 | October 19, 2016 at 12:02 AM

シンプルさん

こんばんは。

福永祐一騎手が勝って良かったですね。

私は今回の騎乗は、簡単にやってみせたようで、そこに馬を置いて、ヴィブロスの良さを引き出すことは簡単ではないと思いました。

G1を勝つことはそれだけ難しいのですよね。

たしかにヴッシュが脚を全く使えずに終わったことや、ジュエラーが思っていたよりも後ろにポジションをせざるをえなかったことなどに助けられてはいますが、勝てば官軍、歴史に名を残すことができます。

騎手は勝たねばならん、はまさに名言ですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | October 19, 2016 at 12:07 AM

Post a comment