« 咆哮 | Main | 生き残っていれば、必ず最後はチャンピオンになれる »

隅々まできっちりと作り込まれているステファノス:5つ☆

★毎日王冠
ロゴタイプ →馬体を見る
6歳馬になっても相変わらずの馬体の良さで、皮膚が薄くて、筋肉が柔らかい。
表情を見てもリラックスしており、安田記念を勝った後も順調に夏を越した。
Pad4star

ディサイファ →馬体を見る
年齢を重ねるごとに、馬体に力強さを増して、衰えを知らないとはこのこと。
皮一枚余裕があるので、レースを使い、もうひと絞りできれば完調に至るだろう。
Pad3star

ダノンシャーク →馬体を見る
古馬になってからそれほど馬体が成長しなかったタイプで、今も変わらない。
コンスタントに走っていることで、安定して力を出し切れるが爆発力は疑問がある。
Pad3star

アンビシャス →馬体を見る
休み明けの分もあるのだろうが、馬体全体の筋肉量が増してパワーアップしている。
馬体のつくり方によっては長距離馬にもなれたが、気性的にやはり2000mまでか。
Pad3star

ステファノス →馬体を見る
藤原厩舎の管理馬らしく、休み明けでも、馬体の隅々まできっちりと作り込まれている。
中身は走ってみないと分からないが、外見上はすでに走れる臨戦態勢にある。
Pad5star

★京都大賞典
キタサンブラック →馬体を見る
手脚がスラリと長く、胴部にも十分な延びがあるステイヤー体型を誇っている。
ただ、今回は腹回りに余裕があり、トモの肉付きにも物足りなさが残る。
Pad3star

サウンズオブアース →馬体を見る
前後躯にしっかりと実が入っていて、はち切れんばかりの馬体は完成期にある。
長距離を走るためにはもうひと絞り必要になるが、2400mであれば問題ない。
Pad4star

アドマイヤデウス →馬体を見る
いかにも休み明けといった、ふっくらとして、馬体がリフレッシュされた感がある。
まだまだ馬体を絞り込む必要があるが、気性が素直なのだろう、力は出し切れる。
Pad3star

ラブリーデイ →馬体を見る
昨年秋シーズンの疲れが残って、今春は力を出せなかったが、馬体は回復した。
顔つきを見ると精神的に余裕がない面も残っているが、叩かれて落ち着けば。
Pad3star

ラストインパクト →馬体を見る
ドバイ遠征の疲れは完全に癒えて、実に自信に満ち溢れた立ち姿を誇っている。
まだ皮膚の厚さは残っているが、馬体は充実して、さすが角居厩舎というつくり。
Pad45star

ヤマカツライデン →馬体を見る
母父の影響だろうか、胴部に長さがあり、典型的なステイヤー体型の馬体である。
表情からは気性の難しさが伝わってくるようで、スムーズなレースができれば。
Pad3star


|

Comments

Post a comment