« ジャパンカップを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 一完歩を長く走らせる技術に秀でた″押せる”武豊騎手 »

馬体が変わってきたルージュバック:5つ☆

ゴールドアクター →馬体を見る
昨年時と比べて大きくは変わっていないが、それだけ馬が傷んでいないということ。
胴部や手脚にも十分な長さがあって、馬体全体のシルエットが美しい。
Pad4star

ディーマジェスティ →馬体を見る
腹周りに余裕があって、ややコロンとした体型に映るのはいつものこと。
血統的にはスタミナ豊富なはずだが、体型的には2400mがベストかも。
Pad4star

キタサンブラック →馬体を見る
530kg以上ある馬とは思えないほど、馬体が薄く華奢に見える体型。
正直に言うと良く見せないが、これが研ぎ澄まされたステイヤーの馬体である。
Pad4star

サウンズオブアース →馬体を見る
母父の影響があるのか、やや馬体が重く感じられたが、今回はすっきりしている。
この時期だけに毛艶は冴えないが、リラックスして立てており、体調は良さそう。
Pad4star

ラストインパクト →馬体を見る
ドバイから戻ってきてからの中では、馬体が回復しつつ、今回が最も良く見せる。
迫力があるように見せるときは重いが、今回は余計な部分が絞れて仕上がった。
Pad45star

シュヴァルグラン →馬体を見る
胴部がコロンとして映るのは体型的なものもあるが、さすがに重苦しさは否めない。
調教で動かない馬だけに、この時期は絞れにくくなってきているのが現状か。
Pad3star

リアルスティール →馬体を見る
古馬になってから馬体の硬さが抜けてきて、今回もすっきりとして好仕上がり。
3歳時ほどのパワーは感じさせないが、この距離だとモデルチェンジして正解。
Pad3star

トーセンバジル →馬体を見る
時期的な理由で毛艶が冴えないのは仕方なく、どうしても新陳代謝が悪く映る。
前駆には力強さがあるが、トモの肉付きは物足りず、どこまで走れるか。
Pad3star

レインボーライン →馬体を見る
レースを重ねるごとに、馬体がふっくらとしてきて、疲れを微塵も感じさせない。
表情を観ても気持ちの強さが伝わってきて、いかにも走りそうなステイゴールド産駒。
Pad4star

ルージュバック →馬体を見る
今年に入ってからだけではなく、過去のレースの中でも最も今回が馬体を良く見せる。
線の細さや頼りなさ、そして幼さがあった馬だけに、馬体が変わってきた印象を受ける。
Pad5star

ビッシュ →馬体を見る
このメンバーに入ると、3歳牝馬らしい線の細さとパワー不足を感じさせる。
しかし、バネがあって、脚の速い馬だけに、馬体以上の走りを見せてくれるはず。
Pad3star

|

Comments

Post a comment