« 一完歩を長く走らせる技術に秀でた″押せる”武豊騎手 | Main | チャンピオンズCを当てるために知っておくべき3つのこと »

武豊ここにあり

Japancup2016
ジャパンカップ2016―観戦記―
1枠1番を引いたキタサンブラックが好スタートからハナを切り、第1コーナーの時点で先行争いは落ち着き、道中は大きな動きもなく緩やかに流れた。時計的にも前半1000mが61秒7、後半が58秒9というスローペース。かといって、渋った馬場の影響もあってか、極端に速い上がりにはならず、最終的にはスタミナが問われたレースであった。2、3着にはスタミナ型の馬が突っ込み、久しぶりに総合力が要求されるレベルの高いジャパンカップとなった。

勝ったキタサンブラックは道中を気持ち良く走り、最後の直線に向いても余力十分、そのまま押し切った。3歳時はヒョロっとして頼りなさもあったが、古馬になってからは付くべきところに筋肉が付いて、完全に本格化した。530kgある充実した馬体を大きく使って走る今のキタサンブラックを見る限り、バテて止まってしまう姿を想像することが難しい。私の好きな映画『ファイトクラブ』の中で、「長身の痩せ型の奴はスタミナがあってバテないから見た目よりも強い」というようなセリフがあり、キタサンブラックの走りを見るたびに、いつもそのことを思い出す。今回は極限の仕上がりが施されていたので、次走の有馬記念に向けて体調は下降線を辿るだろうが、それでも止まることはないだろう。

武豊騎手は本当に絵になる格好の良いジョッキーである。16頭の一流馬たちを従え、ひとりだけ手綱を持ったまま、最終コーナーを回ってくるシーンは見どころ十分。左手の大きなアクションで見せムチをしてゴーサインを送り、右手だけで少しずつ完歩を伸ばし、最後の1ハロンは失速しかけたキタサンブラックを叱咤激励する。教科書どおりではあるのだが、一つひとつの所作が実に美しい。ゴール後の激しいガッツポーズも、競馬ファンと共に喜びを共有したいという気持ちの現れだろう。久しぶりにジャパンカップを勝利し、武豊ここにありと世界に向けてアピールすることができるはず。

サウンズオブアースはマイナス8kgと絞れ、今回のジャパンカップに臨むにあたって、馬体のつくりが大きく変わっていた。スッキリしたというべきか、研ぎ澄まされて、この馬本来のスタミナを存分に生かすことができた結果であろう。さすがにキタサンブラックとは力差があったが、このメンバーで最後の直線の追い比べを制したことで、今後の展望が広がった。有馬記念で内枠を引くことができれば、昨年以上の結果が出ても驚かない。

シュヴァルグランは調教駆けしないタイプであり、その分、この時期は馬体が絞れにくい。にもかかわらず3着に入ったように、もうすでにG1レースを勝てるレベルにまで達している。あとは暖かくなって馬体が絞れ、スタミナを問われる流れの中で自分から動くことができたとき、この馬のステイヤーとしての本質が浮き彫りになるだろう。そう考えると、やはり来年春の天皇賞が狙い目か。

ゴールドアクターは、キタサンブラックの後ろを進み、考えていたとおりのポジションを走れたはずだが、最後の直線では逆に突き放されてしまった。これまで勝ってきたのは、スローの瞬発力勝負でちょい差しのレースが多く、今回のようにスタミナを問われる流れになると、このメンバーではやや分が悪いということだ。ただし、器用に立ち回れるタイプだけに、小回りの6つコーナーの有馬記念ではチャンスがある。

ライアン・ムーア騎手が乗ったリアルスティールは、外枠から先行したが、最後は脚が上がってしまった。この馬にとっては、外枠がマイナスであっただけではなく、スタミナを要求されるレースになったことが苦しかった。逆に驚かされたのは、3歳馬レインボーラインの健闘である。最後の直線ではあきらめることなく脚を伸ばし、上位争いに加わった。シルクジャスティスを思い出させる走りであり、有馬記念に出走してくれば、穴候補の筆頭として考えるべきだろう。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

治郎丸さん
お疲れ様です。
キタサンブラック素晴らしい走りっぷりでした。武豊騎手も素晴らしい騎乗でした。
小生馬券は外しましたが、なかなか見ごたえあるレースだったと思います。
語るに切り口が多く、一言では難しいのですが、先ずキタサンはビジュアル以上に走ると言うことです。
私の予想スタンスでは狙い難いタイプであり、
実力に人気がついてきた今、敬意をもって、今後馬券的に狙い目が無い、と思っています。
次に武豊騎手、馬の実力もありますが、味のある騎乗(逃げ)です。
ぱっと見簡単に勝ってしまったように見えるが故、他陣営は何をやっているかのような論調も散見されますがそうでしょうか?
4、5、7着馬は言うに及ばず、ちょっかい出せそうで出せない絶妙なラップを刻んでいます。
体力面こそ下降線を辿っていることは事実でも、この味のある逃げを、このコースで、大レースで、且つ人気馬にして淡々とできる騎手がどれ程いるでしょう?
まさに武豊ここにあり。
私もそう感じるしだいです。

Posted by: 愛知のポルンガ | November 29, 2016 at 03:41 PM

北島三郎オーナーが元気に口取りをされていたようで良かったです。

ところで武騎手のジョッキーパンツにK.MIURAと書かれているのは何故でしょうか?(どうでも良いことですみません(^_^;))

Posted by: アダチ@おかやま | November 29, 2016 at 07:31 PM

K.MIURAは重傷で治療リハビリ中の三浦皇成騎手へのメッセージだとすれば、本当に粋なはからいだと思います。そうであって欲しい気がします。

Posted by: 愛知のポルンガ | November 29, 2016 at 11:10 PM

何度も横槍を入れて恐縮ですが、ファンの皆さんに三浦皇成を忘れないで欲しいと言うメッセージのような気もします。
※サイズ的に三浦騎手のパンツとは考え難いですが、これもないとは言えないですね。

Posted by: 愛知のポルンガ | November 29, 2016 at 11:19 PM

愛知のポルンガさん

おはようございます。

キタサンブラックの逃げは絶妙でしたね。

馬場が良いところを選んで走り、前走で我慢させたことも、今回、気持ち良く走らせることにつながっている気がします。

他の騎手は何をやっているんだという論調は、今回に関しては当てはまらないと思います。

人気薄がノーマークのまま逃げ切ってしまったわけではなく、1番人気の馬がマークされつつも逃げ切ったのですから、訳が違いますね。

キタサンブラックが無尽蔵のスタミナを有することはどのジョッキーも知っていますので、競りかけに行く方が自殺行為です。

何はともあれ、同じ勝つにしても、武豊騎手はカッコいいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 30, 2016 at 09:43 AM

アダチ@おかやまさん

おはようございます。

北島三郎さんのインタビューや競馬を想うその姿勢に、私も涙が出そうになりました。

こういうオーナーの馬が大きなレースを勝つのは嬉しいですね。

武豊騎手のパンツの件ですが、写真を撮影された三浦氏がコピーライトとしてあとから入れたものだと思います。

誤解を生んでしまい、すいません。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 30, 2016 at 09:45 AM

愛知のポルンガさん

武豊騎手のパンツの件、誤解を生んでしまい申し訳ありません。

でも、武豊騎手ならば、そういう気持ちは持っていると思いますよ。

三浦皇成騎手や武豊騎手の数年前のことを思うにつけ、ジョッキーというのは一寸先は闇であり、だからこそ光り輝くべきなのだと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 30, 2016 at 09:48 AM

治郎丸さん、フォローありがとうございます。
妄想を膨らまし、無知をさらけ出し恥ずかしい限りです。(笑)
私は武豊信者ではありませんが、競馬ファンとして注目はしています。
今週も主役気配ですが、アウォーディも馬体から断然ではないと見ているだけに要注目です。

Posted by: 愛知のポルンガ | November 30, 2016 at 01:10 PM

愛知のポルンガさん

いえいえ、そうあってもらいたいと私も思いました。

私も武豊信者ではありませんが、日本一のジョッキーであることは確かですし、ほんとうに絵になる騎手だと改めて感じました。

チャンピオンCも楽しみですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 30, 2016 at 03:10 PM

Post a comment