« 馬体が変わってきたルージュバック:5つ☆ | Main | 武豊ここにあり »

一完歩を長く走らせる技術に秀でた″押せる”武豊騎手

Cover

ジョッキーに求められる技術のひとつに、馬を追う技術がある。レースにおける勝負所からゴールまで、競走馬の持てる力を最大限に尽くして走らせる技術。もちろん、騎乗馬を勝たせるためには、馬を追う以外にもあらゆる技術が必要になるのだが、言ってみれば馬を追う技術は詰めの部分にあたる。将棋でいえば終盤。序盤、中盤でたくわえた力を終盤で発揮する。最近では、競馬の騎乗も将棋も、終盤よりも中盤、中盤よりも序盤の重要性が高まっているが、それでも終盤の詰めが甘ければ勝利を手にすることはできない。終盤を制する者がレース(ゲーム)を制するのである。

馬を追うことにも様々なスタイルや方法論がある。海外や地方の競馬場からジョッキーが参戦してきたことによって、中央競馬のターフの上で観られる騎手の追い方もバラエティに富んできた。どのスタイルや方法が正しいということではなく、ジョッキーそれぞれの肉体的資質に合わせたフォームで、コース形態や馬場に即した乗り方で、サラブレッドを適切に推進することができれば良いのである。

ちなみに、サラブレッドのスピードは、「一完歩の長さ(ストライド)×頻度(ピッチ)」で決まる。もちろん、疲労してバタバタになった馬は脚が伸びないように、同じ馬でも状況によって一完歩の長さは変わるが、走る頻度(ピッチ)が同じであれば、当然、一完歩(ストライド)を長く走った馬の方が先にゴール出来る。

一完歩の長さ(ストライド)は馬の持って生まれた肉体的特徴によるところが大きいのだが、数センチ位の長さであれば、実は騎手の技量によって補うことが出来る。ゴール前1ハロンの完歩数は平均27完歩であり、もし一完歩が10cm長くなったとすると、27完歩×10cm=270cmで2.7m。つまり、ゴール前1ハロンだけで、なんと約1馬身の差が生じることになる。このことからも、一完歩を少しでも長く走らせることが、一流騎手の仕事だといっても過言ではないだろう。

日本のジョッキーでは、やはり武豊騎手が、この一完歩を少しでも長く走らせる技術に長けている。たとえば、

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*ジャパンカップの予想と馬券を公開中です。

|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様なんです(・ω・)ノ今日のレースは強運でまた内枠に入った時点でほぼ勝負ありのようなレースでしたね(^^;;競馬は何が起こるか下駄を履くまでわかりませんがキタサンブラックは産まれながらにして強運とゆう運を持っている馬なんでしょうね。良い枠さえ入ればあとはとゆう馬ですね。ほんのひと握りの運が勝負の世界では明暗をわけますよね。これからももっと活躍して欲しい馬です。

Posted by: ユビキタス | November 27, 2016 at 09:08 PM

ユビキタスさん

こんにちは。

そうですね、内枠を引いて、あの仕上がりでは負けようがありませんでしたね。

今回のキタサンブラックを捕まえるのは、どの馬にとっても難しかったはずです。

付くべきところに筋肉がついて、今や理想的なサラブレッドになりましたね。

来年の活躍が楽しみです。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 28, 2016 at 12:43 PM

Post a comment