« パズルのピースのようにはまり合った | Main | 中山芝2500m »

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第19回)

Hitokuti19

12月は師走であり、師が走るほどに忙しい季節とされている中、いつもはのんびりムードで年越しをする私だが、今年はなぜか忙しい。あっと言う間に今年も終わりに近づき、あわただしく動いているにもかかわらず、何ひとつ片付いていない。日常生活があまりにも忙しいと、ついぞ出資馬のことなど考えている余裕はなくなる。クラブから届くメールには目を通しているものの、既読スルー状態である。ノーザンファームしがらきから、11月24日に栗東トレセンに帰厩した知らせも読み流してしまったほどだ。それ以降は、栗東トレセンでの調教タイムが送られてくるが、どうにも調教のピッチが上がらないことだけは伝わってくる。

助 手 11.27栗坂不 56.4- 40.6- 26.5- 13.3 馬なり余力
  アレラーモ(新馬)馬なりに0.1秒先行同入
助 手 11.30栗坂重 55.5- 40.4- 26.3- 13.2 末強目追う
  ララオーロ(新馬)一杯に0.1秒先行同入
助 手 12. 4栗坂良 61.1- 44.1- 28.1- 13.6 馬なり余力
  ララオーロ(新馬)馬なりに0.3秒先行同入
助 手 12. 7栗坂良 54.7- 40.3- 26.1- 12.9 一杯に追う
  ショウナンサリュー(新馬)一杯に0.1秒先行クビ遅れ
助 手 12.11栗坂良 58.8- 43.0- 27.4- 12.9 馬なり余力
助 手 12.14 栗坂不 56.4- 40.8- 26.0- 12.6 一杯に追う
  キラービューティ(二未勝)馬なりに0.1秒遅れ
助 手 12.18栗坂良 56.8- 41.2- 26.7- 13.1 末一杯追う
  レクセル(新馬)末一杯に0.2秒先行0.2秒先着

これだけ本数を重ねても、坂路の時計が一向に縮まらない。馬なりで追っているわけではなく、一杯に追っても、最高タイムが54秒台しか出ないのである。もしクインアマランサスの跳びが大きくて、身体全体に力がつくのに時間がかかる、晩成のステイヤーであれば、この時期にこのタイムでも悲観することはない。むしろそれはステイヤーの特徴であり、時計が速すぎるよりも良い傾向であるからだ。でもクインアマランサスはそうではない。馬体的にも胴が詰まって前が勝っていて、ピッチ走法で走る、典型的な(ダートの)短距離馬だと私は思っている以上、坂路で時計が出ないと話にならない。つまり、走る能力に欠けていることの証明になってしまうのだ。

高野友和調教師
「7日に坂路で追い切りました。後半の馬場が悪い時間帯でしたので、時計こそ目立つものではありませんでしたが、先週の追い切りと比較するとだいぶ動けるようになってきています。本数を重ねる毎に良化が窺えますから、時間を掛ければ更に良くなってくると思いますので、もう少し様子を見てからデビューの予定を検討したいと思っています」

高野調教師の歯切れが良くないのは当然である。この時期にこのタイムでしか動けないのは非常にマズい、とは口が裂けても言えないだろう。もちろん、負荷を掛けると前さばきが硬くなってしまったり、トモの実の入りが物足りなかったりと身体上の理由を抱えていることも確かだが、それも含めて競走馬として仕上がってこないことが問題なのだ。時間を掛ければ良くなるだろうが、新馬戦はいつまでも待ってくれるわけではない。

高野友和調教師
「先週より動きは良くなっていますが、まだ動き切れていないところがあるので、今週末と来週の追い切りでどこまで良化してくれるかですね。仕上がれば阪神12月25日の芝1600mでデビューさせることを考えていますので、追い切りの感触を確認して出否を検討したいと思っています」

年内にデビューさせたいという想いは私も同じであるが、さすがにこの追い切りの感触や時計で出走しても勝負にならないだろう。レースで使われたことで、競走馬としての意識が芽生え、急激に馬体も成長する馬もいるにはいるが、むしろ中途半端な状態で出走させて、馬体に疲労を残してしまうばかりではなく、精神的にもダメージを負ったり、自信を失ってしまうケースの方が多い。出走させたいが、出走させられないというジレンマがこの師走はより強くなる。私は忙しくて走り回っているのに、クインアマランサスはレースで走ることができずにいるのだから皮肉なものだ。そう思っていると、クラブから一通のメールが送られてきた。

出走予定
クインアマランサス/25日(日)阪神5R・芝1,600m〔54 佐藤友則〕
(除外の可能性があります)


Photo by fakePlace

|

Comments

愛馬のデビュー決定おめでとうございます。
実は当方のウインの一口馬も同じレースでデビューとなりました。
お手柔らかにおねがいします(^_^;)

Posted by: アダチ@おかやま | December 22, 2016 at 01:40 PM

治郎丸さんいつもお疲れ様なんです(^^;;デビューとゆうはやる気持ちとはうらはらに焦れったいとゆう気持ちが強く感じられますね。現在タクシーの商売していると物事と勝負事は怖いほど上手くいくときもあれば四面楚歌で万事休すとゆうときもありなかなか自分の思い通りにはいかないとゆうことを痛感させられます。だから余計に治郎丸さんの今の気持ちが痛いほどわかります。どうにも自分だけではどうにもならないことがあるんですよね。とにかく自分も無事にデビューしてくれることを微力ながら強く願っておきますね。話は違いますが有馬記念また最内に入ったキタサンブラックはほんとうに凄いですね。きっとこの馬は他の馬が掴もうと必死になっても掴めないほんのひと雫の運を持っているんでしょうね。

Posted by: ユビキタス | December 22, 2016 at 01:51 PM

アダチ@おかやまさん

ありがとうございます!

まさか同じレースでデビューとは奇遇ですね(笑)

それを聞いて、何だか少し気が楽になりました。

私がクインアマランサスを応援するように、他の出走馬にもそれぞれに勝利や無事に走ってくることを願っている人たちがいるということですものね。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 23, 2016 at 09:32 AM

ユビキタスさん

こんにちは。

タクシーの商売でも上手く行くときとそうでないときの流れの違いは大きいのですね。

調教のタイムを見ている限りだと、まだデビューできる段階にはないと思っていますが、そのあたりは調教師にしか分からないこともあるでようし、プレッシャーもあるのだと思います。

キタサンブラックはまさか1番枠を引くとは思いませんでしたが、自分のレースができることは間違いありませんので、かなり勝利に近づきましたね。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 23, 2016 at 09:35 AM

おはようございます。
お知らせとして貼らせていただきます。

【お知らせ】
よろしければシェアをお願い致します。
直前のお知らせで申し訳ございませんが、先日のNHK岡山で放送された吉備高原サラブリトレーニングのニュースが、他地域と全国版でも再放送して頂けることになりました!

*明日23日(金) 午後8時45分~午後9時      「ニュース」(中国5県向け放送)

*12月28日(火) 午前11時30分~午前11時54分 「ひるまえ直送便」(中国5県向け放送)

*2017年1月10日(火)「おはよう日本」(全国向け放送)は、午前4時30分~午前8時放送予定です(時間帯が広く申し訳ございません)。

なお、いずれも災害などで放送が延期になる場合もありますので、まわりの方々にお知らせする際にはその旨ご了承下さいませ。

放送波はいずれもNHK総合です。
宜しくお願いいたします。

ぼくがうつるからみてね!by リベルタス

ご迷惑ならば削除してください。
お手数とは思いますがよろしくお願いします。

Posted by: アダチ@おかやま | December 25, 2016 at 10:34 AM

アダチ@おかやまさん

お知らせありがとうございます。

28日の放送は岡山の方で録画してもらおうかなと思います。

1月10日は朝早い放送ということですね。

ところで、吉備高原サラブリトレーニングは年末も営業しているのですかね。

もしやっていたら帰省したときに観に行きたいと思っています。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 26, 2016 at 07:52 PM

お疲れ様です。
吉備高原サラブリトレーニングのHPのURLを貼っておきますね。
http://www.thoroughbret.org/
このHPの下の方に電話番号やメールアドレスが載っていますので直接連絡されてはいかがでしょうか?
FBからもアクセスできるみたいです。

新馬戦はお互いに残念でしたね。
でもレースに出れることなく消えていく馬もいる中で、とにもかくにもデビュー出来て良かったと思います。
ウチのウイン馬は仕上がり途上との事でしたので次走距離短縮で期待です(^_^;)

Posted by: アダチ@おかやま | December 27, 2016 at 12:57 AM

アダチ@おかやまさん

ありがとうございます。

新馬戦は分かっていた結果とはいえ、残念な気持ちでした。

でもこうして慰め合える仲間がいることは心強いです(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | December 28, 2016 at 11:32 AM

Post a comment