« 朝日杯フューチュリティSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 2歳戦~クラシックは抽選をクリアした馬を狙え »

前駆と首差しの力強さは圧倒的なクリアザトラック:5つ☆

モンドキャンノ →馬体を見る
前後躯にしっかりと実が入り、いかにもスプリンターらしい馬体を誇る。
現時点での馬体の完成度は高く、あとは距離をこなせるかどうかだけだろう。
Pad45star

レヴァンテライオン →馬体を見る
やや背が垂れて映るように、トモの肉付きという点において成長の余地がある。
顔つきは聡明そうで、スラリとした首差しからも好不調の差の少ないタイプ。
Pad3star

ミスエルテ →馬体を見る
強烈な勝ちっぷりからは想像できない線の細い馬体で、いかにも牝馬らしい。
トモの肉づきは素晴らしいが、それでも非力な感は否めず、どこまで通用するか。
Pad3star

タガノアシュラ →馬体を見る
前後躯に筋肉が詰まっているが、全体的なシルエットは実に平凡である。
胴部がやや詰まって映るように、距離的には阪神のマイル戦はギリギリだろう。
Pad3star

トラスト →馬体を見る
まだ幼さを随所に残している馬体だが、筋肉は柔らかくて、将来性は高い。
筋肉のメリハリという点では、この先、さらに良くなっていく余地を残している。
Pad3star

ボンセルヴィーソ →馬体を見る
ダイワメジャーの産駒らしく、がっちりとした骨組みでスピードがありそう。
つくべきところに筋肉がついて、完成度が高く、力を発揮することは確か。
Pad4star

レッドアンシェル →馬体を見る
筋肉がしっかりとついた前駆が勝っているが、それに比べるとトモが物足りない。
手脚はスラリと伸びているので、筋肉のメリハリが出てくるとさらに走ってくる。
Pad3star

タンビュライト →馬体を見る
手足がスラリと長く、理想的なシルエットを描き、将来性を感じさせる馬体。
ただ、まだ全体に力がつき切っておらず、調教で動かないのはそういうわけ。
Pad4star

アメリカズカップ →馬体を見る
幼さが残っており、馬体全体のシルエットがアンバランスで物足りない。
具体的に言うと、前駆はしっかりしているがトモの肉付きが不十分に映る。
Pad3star

サトノアレス →馬体を見る
首差しはスラリとして、手脚も長く、距離がもう少し延びてこその馬体。
馬体全体に筋肉がしっかりとついてくれば、大きなところを狙える器。
Pad4star

クリアザトラック →馬体を見る
この時期の2歳馬としては、前駆の盛り上がりと首差しの強さは圧倒的。
先行するスピードとパワーを十分に感じさせ、どこまで直線で突き放せるか。
Pad5star

リンクスゼロ →馬体を見る
シルエットは短距離馬のそれでスピードはありそうだが、毛艶が冴えない。
筋肉のメリハリという点でも物足りず、現時点での完成度は高くない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment