« こんな日が来るなんて | Main | 朝日杯フューチュリティSを当てるために知っておくべき3つのこと »

フランケル時代の始まりの始まり


阪神ジュベナイルF2016―観戦記―
社台レースホースの勝負服と藤沢和雄厩舎という一致もあってか、この手脚の長い、美しいシルエットを誇示する青鹿毛の牝馬が、私にはダンスインザムードと重なって仕方がない。ダンスインザムードはあのサンデーサイレンスを父に持ち、そしてソウルスターリングはあのフランケルの初年度産駒となる。そう考えると、フランケルまでもが種牡馬としてのサンデーサイレンスを継いでいるようにも思え、もしかすると私たちが目の前に見ているソウルスターリングやミスエルテは、フランケルが世界の血統地図を塗り替えようとする予兆にすぎないのかもしれない。フランケル時代の始まりの始まりである。

アリンナが先頭に立ってレースを引っ張り、後続の馬群は密集してスローペースかと思いきや、前半マイルが46秒7、後半が47秒3という平均ペース。展開や枠順による大きな有利不利はなく、実力が素直に反映されやすい、力のある馬が上位を占めた、2歳牝馬戦としてはレベルの高いレースであった。勝った馬はもちろんのこと、2着に脚を伸ばしたリスグラシューも最後まで止まらなかったレーヌミノルも強い競馬をした。

ソウルスターリングは思っていた以上にスムーズな競馬ができ、ジョッキーも陣営も嬉しい誤算なのではないだろうか。馬体はきっちりと仕上げられ、その影響もあってかパドックから返し馬ではやや入れ込む姿が見られたが、ゲートが開いてからは実にスムーズにゴールまで駆け抜けてみせた。内で揉まれてとどうかという唯一の心配は杞憂に終わり、逆に内のポケットに入ったことで馬が落ち着いた。テンのスピードがあるからこそ、内の2、3番手のポジションをすんなり取ることができるし、レースに行って余計なことをせずに騎手の指示に素直に反応するレースセンスの良さは、これから先にも生きてくる。ただひとつ、真面目すぎるところがある気性なので、ダンスインザムードのように精神的に燃え尽きてしまうことだけには気をつけなければならないだろう。

リスグラシューは未完成の馬体にもかかわらずここまで走るのだから、将来がほんとうに楽しみな馬である。最後まであきらめないかん性の強さとバネの良さがあり、馬体が成長してトモに実が入ってくれば、もっと前で競馬できるようになり、末脚の破壊力は増すであろう。今回は馬群の外々を回されてしまい、戸崎圭太騎手が左ムチを入れると内にササる仕草を見せたりしたことで、ビッシリと追うことができなかった。それでいて勝ち馬と1馬身1/4まで迫ったのだから、ソウルスターリングに等しい能力を秘めている。来年が非常に楽しみな1頭である。

3着を確保したレーヌミノルも能力を十全に発揮した。距離を考えて、少し抑える競馬を試みたように、この馬にとっては少し距離が長かった。こなせない距離ではないが、適性ということで考えるならば、1200m~1400mぐらいが最も力を出し切れる舞台になる。桜花賞まではクラシック路線、その後はNHKマイルCもしくはスプリント路線に切り替えるべきであろう。もちろんそれはレーヌミノルの非凡なスピードを生かすためである。

ディーパワンサは内枠を生かして、経済コースを進み、ロスのない競馬をしての4着。上位3頭とは力差があるが、それ以下の馬たちとの差はほとんどない。ヴィゼットジョリーは休み明けの分、直線に向いてからの反応が悪かったし、ゴール前は壁になったところを無理矢理ねじ込んでようやく掲示板を確保した。ジューヌエコールはスタートから第1コーナーまでに思ったように先行できず、馬が怒ってしまい、最後の直線でも隣の馬にぶつかったりして、さすがに2歳牝馬としては苦しいレースになってしまった。福永祐一騎手が手綱を取っていれば、また違った結果になっていたはずである。

|

Comments

Post a comment