« 中山芝2500m | Main | 有馬記念を当てるために押さえるべき基本は3つある »

古馬にも引けを取らない充実ぶりのサトノダイヤモンド:5つ☆

サトノダイヤモンド →馬体を見る
この夏を越して、馬体が成長して、古馬にも引けを取らない充実ぶり。
筋肉のメリハリという点でも素晴らしく、距離にも不安は全くない。
Pad5star

キタサンブラック →馬体を見る
スラリとして迫力に欠ける馬体を見るだけでは、530kg台の馬とは思えない。
この手脚の長い大きな馬体全体を使って走るのだから、そう簡単には止まらない。
Pad4star

ミッキークイーン →馬体を見る
3歳時に比べるとふっくらとして、馬体も成長して古馬らしくなってきた。
それでも、前記2頭に比べると、パワーや迫力という点では明らかに劣る。
Pad3star

サトノノブレス →馬体を見る
馬体全体としてはまとまっているが、このメンバーに入るとパワー不足は否めない。
毛艶もくすんできているように、やや体調が落ちてきているかもしれない。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
前後躯にしっかりと実が入り、腹回りも大きくなり、4歳秋で馬体はもう完成した。
表情からも気性の素直さが伝わってきて、あとはこの馬のスタミナを生かすだけ。
Pad4star

サウンズオブアース →馬体を見る
5歳暮れを迎えても、筋肉の柔らかさを維持していて、馬体は昨年と変わらない。
毛艶も良く、体調も申し分ないので、あとはレースの流れに乗れるかどうか。
Pad3star

アドマイヤデウス →馬体を見る
昨年時に比べると、明らかに馬体が良くなっており、現時点では絶好調といえる。
馬体を見ると、2500mぐらいまではこなせそうなので、あとは立ち回り次第。
Pad45star

ヤマカツエース →馬体を見る
ここに来て馬体に伸びが出てきており、今ならば2500mの距離もこなせそう。
金杯から走ってきており、疲れを心配したが、馬体を見る限りは杞憂に終わるだろう。
Pad4star

ゴールドアクター →馬体を見る
6歳を迎えようとしている今でも、柔らかい筋肉を誇っていて、力落ちはない。
むしろ若々しい馬体とも見え、欲を言うならば、もう少し筋肉のメリハリがほしい。
Pad3star

マリアライト →馬体を見る
叩かれて良くなるタイプであることは間違いなく、馬体も少しずつ仕上がった。
この時期の牝馬にしては毛艶も冴えていて、この馬の力は発揮できるはず。
Pad3star

アルバート →馬体を見る
昨年時と同じような馬体のつくりで、格好で立っていて、大きく変わらない。
胴部の長さを考えると距離は長い方が合っているが、2500mあれば問題ない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment