« シルクロードSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 道悪馬場での圧勝を信じてはいけない »

柔らかい筋肉で覆われているノボバカラ:5つ☆

★シルクロードS
ネロ →馬体を見る
前後のバランスが良く、休み明けにしてはきっちりと仕上がっている。
表情からも素直な気性が伝わってくるように、力は安定して発揮できる。
Pad45star

ブランボヌール →馬体を見る
古馬になって全体的に肉付きが良くなり、その分、短距離馬らしい体つき。
どっしりと重心が低く、パワーアップしたが、現時点では毛艶が今ひとつ。
Pad3star

アースソニック →馬体を見る
トモの肉付きが素晴らしいが、胴部にはやや余裕があって、もうひと絞りほしい。
毛艶は冴えずに体調は完璧ではないが、重心が低くてパワーに溢れている。
Pad3star

ダンスディレクター →馬体を見る
このメンバーに入ると、手脚が長くて、距離延長がプラスに働く馬体を誇る。
まだ全的的な筋肉のメリハリに乏しく、トモの肉付きが物足りない。
Pad3star

ソルヴェイグ →馬体を見る
ダイワメジャー産駒にしては馬体に細さを感じさせ、バネで走るタイプなのだろう。
顔つきからは素直な気性が伝わってきて、休み明けでも力は出せるはず。
Pad4star

セカンドテーブル →馬体を見る
胴部が長く、その分手脚が短く重心が低く映る体型だけに、この距離はベスト。
冬場のこの時期にしては毛艶が輝いていて、体調の良さが伝わってくる。
Pad4star

セイウンコウセイ →馬体を見る
前後躯の実の入りのバランスが良く、大崩れはしないであろう体型を誇る。
気性的に気持ちが小さいところがあり、スムーズにレースができるかどうか。
Pad3star

★根岸S
ノボバカラ →馬体を見る
柔らかい筋肉で全身が覆われていて、全体のシルエットからも距離もベスト。
素直な気性が現れている瞳と顔つきであり、安定して力を出し切れるはず。
Pad5star

ラストダンサー →馬体を見る
キングカメハメハ産駒らしい上体の強さはなく、ダート馬としては線が細い。
芝の方が走りそうなタイプだけに、2連勝中でも馬体からは本命視しづらい。
Pad3star

ベストウォーリア →馬体を見る
いかにもダート歴戦の古馬といった馬体を誇り、鍛え上げられているのが分かる。
トモ高に映るように、短い距離がベストで、距離適性には上限があるタイプ。
Pad3star

ニシケンモノノフ →馬体を見る
特に後ろ肢がスラリと長く伸びて、ダート短距離馬の馬体とは思えない。
肩は立っているので、前駆は力強く、前輪駆動で走るタイプなのだろう。
Pad3star

キングズガード →馬体を見る
ダート馬とは思えないスラリとした馬体で、筋肉も強いというよりも柔らかい。
ややトモ高に映るように、スピードと一瞬の切れ味を持ち味とする馬である。
Pad4star

カフジテイク →馬体を見る
腹回りがふっくらとして映るように、現時点では完全に絞り切れてはいない。
それでも馬体全体に力感があり、バランスも良く、マイルぐらいがベストだろう。
Pad3star


|

Comments

Post a comment