« AJCCを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 精神的に燃え尽きた馬、充実している馬 »

気持ちの強さを感じる顔つきのピオネロ:5つ☆

★東海s
アスカノロマン →馬体を見る
ダート馬らしくないコンパクトにまとまった馬体は、運動神経の良さを物語る。
さすがにこの時期だけに毛艶は落ちているが、闘争心溢れる表情は素晴らしい。
Pad45star

グレンツェント →馬体を見る
古馬になって馬体が成長し、昨年時にあった幼さが抜けてきた。
やや皮膚が厚く、重苦しさのある馬体だけに、ダート適性は高いのだろう。
Pad4star

ロワジャルダン →馬体を見る
全体的に伸びのある馬体は、ダートというよりも芝でこそ。
それだけにダートではパワー不足が否めず、良馬場だと最後の詰めを欠く。
Pad3star

ピオネロ →馬体を見る
この馬もネオユニヴァース産駒で、皮膚に厚さがある分のダート適性なのだろう。
全体的にパワーあふれる馬体で、気持ちの強さを感じる顔つきで好走しそう。
Pad5star

インカンテーション →馬体を見る
ふっくらとして体調は良さそうだが、時期的にも絞り切れていない箇所がある。
顔つきは精悍そのもので、7歳馬にしては走る気を失っていない。
Pad3star

ラストインパクト →馬体を見る
松田博資厩舎にいたときは馬体に伸びが出ていたが、今は詰まっている。
母系のティンバーカントリーの血が出ているタイプで、ダートは適性あり。
Pad3star

★AJCC
リアファル →馬体を見る
絶好調時の張りはまだ取り戻せておらず、時期的なこともあり皮膚が厚い。
前駆が力強いパワータイプだけに、今の中山競馬場の馬場は合うだろう。
Pad3star

シングウィズジョイ →馬体を見る
厳寒期の牝馬だけに、毛艶が良く見えないのは仕方ないとして、細く見える。
付くべきところには筋肉はついているが、このメンバーに入ると物足りない。
Pad3star

クリールカイザー →馬体を見る
馬の適性的にはこのレースは合っているが、腹回りが太く、仕上がりがイマイチ。
8歳馬ではあるが、馬体の張りは失っておらず、まだ今年も力を発揮できるはず。
Pad3star

セーヴァント →馬体を見る
父ディープインパクトよりも母系のデイジュールの血が見え隠れしている馬体。
顔つきから気性の素直さが伝わってくるように、その分、距離は持つのだろう。
Pad3star

タンタアレグリア →馬体を見る
この時期にして毛艶が光り輝くように、皮膚の薄さを維持している。
立ち姿もいかにもゼンノロブロイ産駒らしく、この距離は絶好の舞台か。
Pad4star

ルミナスウォリアー →馬体を見る
筋肉のメリハリに欠けて、時期的にやや余裕残しの馬体であることは確か。
それでも表情からは闘争心が伝わってくるように、力を出し切れる。
Pad3star

|

Comments

Post a comment