« 東京ダート1600m | Main | キックバックを受けないポジションを走る馬を探せ »

力が漲っているケイティブレイブ:5つ☆

サウンドトゥルー →馬体を見る
やや腹回りに余裕が残っているように、ひと息入れて、完調とは言い難い。
それでも全体のシルエットは大きく変わらず、力は出し切れる仕上がり。
Pad3star

ノンコノユメ →馬体を見る
若駒の頃と比べて、馬体重こそ変わらないが、馬体に重厚感が出てきた。
牝馬のような線の細い馬体であったが、ここにきてダート馬らしくなった。
Pad4star

ホワイトフーガ →馬体を見る
クロフネ×フジキセキという配合にしては、馬体に伸びがある。
牝馬としては立派な馬体を誇り、距離もやや短さを感じるぐらい。
Pad4star

カフジテイク →馬体を見る
筋肉のメリハリという点においては物足りないが、筋肉は柔らかそう。
脚質的には気性の難しい馬かと思っていたが、顔つきから素直さが分かる。
Pad4star

ゴールドドリーム →馬体を見る
3歳時は重心の低い、いかにもパワータイプの馬体を誇っていた。
ここに来て馬体に長さが出てきて、距離がさらに伸びても対応できそう。
Pad4star

ケイティブレイブ →馬体を見る
馬体全体に力が漲っていて、使い詰めの疲労は全く感じさせない。
胴部は実が詰まっているが、手脚は軽く、頭部もコンパクトで理想的。
Pad5star

モーニン →馬体を見る
スラリとした立ち姿を見ると、マイルまでならば今は通用するはず。
敢えて言うならば、筋肉のメリハリという点において不足していてもう1歩。
Pad3star

ベストウォーリア →馬体を見る
この馬は胴部が詰まっているように映るように、短距離を得意とするだろう。
毛艶は素晴らしく、筋肉の柔らかさもあるので、仕上がりはメンバー中でも随一。
Pad3star

コパノリッキー →馬体を見る
馬体全体がコンパクトにまとまっていて、馬体重の重さを感じさせない。
疲れは癒えているように、チャンピオンC後の休養が良い形で出ている。
Pad3star

アスカノロマン →馬体を見る
ここにきて馬体全体に大きく筋肉がついて、パワーアップが著しい。
その分、距離はマイルあたりがベストになってきて、距離短縮は良い。
Pad3star

ニシケンモノノフ →馬体を見る
父メイショウボーラ―よりも立派な馬体を誇り、いかにもダート馬らしい。
前後にバランス良く実が入って、大崩することは考えられない。
Pad4star

インカンテーション →馬体を見る
この時期にしては毛艶も良く、ここに照準を合わせて仕上がりは良い。
後躯に比べると、前駆がやや勝っているように、パワー優先の馬体。
Pad3star

|

Comments

Post a comment