« 集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第21回) | Main | ダービーに先回りすることで見えてくる今がある »

仕上がりの違いは明らかミッキーロケット:5つ☆

★共同通信杯
エアウィンザー →馬体を見る
全体的にふっくらとして、兄と比べると、馬体の完成度という点では劣る。
気性は良さそうだし、時間を掛けて良くなっていくタイプだから将来性は高い。
Pad3star

スワーヴリチャード →馬体を見る
走るハーツクライ産駒の特徴である後ろ肢の長さがあり、距離は延びて良い。
まだ体全体に筋肉が付き切っていないところはあるが、前後のバランスは良い。
Pad3star

ムーヴザワールド →馬体を見る
馬体の幅の薄さが伝わってくる体型であり、距離が延びて良さを発揮するタイプ。
前駆の力強さが勝っている反面、現時点ではトモの実の入りが物足りない。
Pad3star

タイセイストーリー →馬体を見る
表情を見ると、気の難しい面があるのが分かるが、筋肉のメリハリは素晴らしい。
特にトモの実の入りは力強く、今回も安定して末脚を使ってくるはず。
Pad3star

★クイーンC
フローレンスマジック →馬体を見る
いかにも牝馬らしい線の細い馬体で、筋肉のメリハリという点でも乏しい。
頑固な面があるのが顔つきから伝わってきて、スムーズにレースを運べるかどうか。
Pad3star

アエロリット →馬体を見る
立ち姿はやや力みを感じるが、前駆の盛り上がりが素晴らしくパワーは相当にありそう。
その分、後躯の実の入りに物足りなさを感じるが、将来的には解消されてくるだろう。
Pad3star

アドマイヤミヤビ →馬体を見る
厳寒期ということもあるが、毛艶も冴えず、毛色の関係もあって見栄えがしない。
馬体全体のシルエットは、各パーツに長さが十分にあって、距離が延びて良さそう。
Pad3star

レーヌミノル →馬体を見る
いかにもダイワメジャー産駒らしい胴部の詰まり具合で、マイルまでがベスト。
それほどガッチリと筋肉が付いているわけでもないので、府中マイル戦はギリギリ持つ。
Pad3star

★京都記念
マカヒキ →馬体を見る
相変わらずのグッドルッキングホースで、首差しの長さがさらに目立つようになった。
帰国初戦ということもあって全体のバランスはまだだが、ひと叩きされて良くなる。
Pad4star

ヤマカツライデン →馬体を見る
腹回りがしっかりとして、胴部は詰まっているように映り、2200mの距離はどうか。
前後躯にきっちりと実が入って、他の有力馬との仕上がりの違いでどこまで。
Pad3star

サトノクラウン →馬体を見る
腹回りには余裕があるが、それ以外はきっちりと作り込まれており、9割方は仕上がった。
この時期にしては毛艶も良く、香港を勝って帰ってきた反動は全く感じられない。
Pad4star

ミッキーロケット →馬体を見る
他の有力馬との仕上がりの違いは馬体からも明らかで、現時点での立ち姿は完璧。
キングカメハメハ産駒にしてはトモの力強さが目立たず、それが距離につながっている。
Pad5star

ガルバルディ →馬体を見る
仕上がり自体は悪くないが、前走に比べると今ひとつで、前走の惨敗が腑に落ちない。
良いときは四角形に映る馬だが、今回の馬体は線の細さを感じるほど力弱い。
Pad3star

スマートレイヤー →馬体を見る
牝馬とは思えない力強さを備えていて、ここまで長く使う厩舎の力に驚く。
馬体としてはほとんど隙がなく、今回もこの馬の力は出し切るのではないか。
Pad45star

|

Comments

Post a comment