« キックバックを受けないポジションを走る馬を探せ | Main | 阪急杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

デムーロ騎手は勝ち方を知っている

Febs2017

ニシケンモノノフが逃げるかと思いきや、外からインカンテーションが強引にハナを奪ったことで、前半マイルが46秒2、後半が48秒9というハイペースを作り出した。これぐらいの速いペースに流れても、前々を攻めた先行勢もなかなか止まらず、後ろから末脚を伸ばした馬たちにとっては厳しいレースとなった。砂の状態やレースレベルなど、あらゆる要素が絡み合って、フェブラリーSを勝つために走るポジションは外の3、4番手となる。勝ち馬と2着馬との差は道中で外に出したか内に入れたかにあり、連対馬と3着馬との差は最終コーナーにおける番手にあった。

勝ったゴールドドリームは、スタートが決まり、道中は馬群の中を進み、最終コーナーは外を回して早めに抜け出した。前走のチャンピオンCはスタートで立ち遅れ、それを挽回しようと強引に馬を出していったことで引っ掛かり、しかもハイペースに巻き込まれて失速という、絵にかいたようなチグハグなレースであった。普通であれば、悔しくて暮れの東京大賞典に使ってしまいたくなるところを、陣営は我慢してフェブラリーSまで待ったことが吉と出た。ダート戦においては、この世代の最強馬であることを証明してみせた。

ミルコ・デムーロ騎手は、内枠からの発走であったにもかかわらず、隙を見てゴールドドリームを少しずつ外に導いていた。第4コーナーでは外を回るために、意識的に外を狙っていたところがさすがである。昨年のモーニンで勝ったときもそうであったが、フェブラリーSの勝ち方(勝つために走らせるべきポジション)を熟知している。ゴール前で2着馬を凌いだあと、得意のヒコーキポーズを披露して、くすぶっていた気持ちを爆発させた。

ベストウォーリアは一瞬、突き抜けるかという伸びを見せたが、最後は止まってしまった。年齢的な問題か、それともスタミナの問題か、これで5連続での2着。勝つためにはロスなく乗らなければという意識がそうさせたのだろうが、道中で勝ち馬と交錯するように内へ入れた進路取りは、(結果論ではなく)正しくはなかったと思う。ラスト1000m手前の時点でそのまま外に出していれば、ゴールドドリームが走ったポジションを走ることができていたはずで、クビ差ぐらいは逆転できていたのではないだろうか。

1番人気のカフジテイクは自分の型で競馬をして3着に健闘した。この脚質を貫くとすれば、フェブラリーSの勝ちポジを走ることはできず、どうしても今回のような結末を迎えてしまう。それでもここまで追い込んできたのは力を付けた証明である。展開が向くか、それとも自ら動けるようになれば、ダート界の頂点に立つことも決して夢ではない。

ノンコノユメは中団を追走したが、全盛期の末脚を繰り出すことはできず。このメンバーに入ると馬格のない馬ではあり、それでも3歳時は気持ちの強さで常に追い込んできたが、ある時点からその気力が失われてしまった。せん馬にしてもそれは変わらなかったようだ。昨年の覇者モーニンにとっては、本質的にマイル戦は距離が長い。昨年は雨が降ったことで勝利したが、1400mがこの馬にとってはベストである。コパノリッキーは昨年秋シーズンからの負けっぷりを見ていると、精神的に燃え尽きてしまったのだろうと想像できる。肉体的にはまだまだやれるが、気持ちが戻ってこない限り、かつての走りは期待できない。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

Post a comment