« 中山牝馬Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 馬優先主義でデビュー戦から見る »

ステファノスとレーヌミノルが仕上がっている:5つ☆

★金鯱賞
ステファノス →馬体を見る
年齢を重ねるごとに、母父クロフネの血が濃く出て力強い馬体になっている。
香港遠征明けになるが、仕上がりも素晴らしく、力を発揮できる出来にある。
Pad5star

ヤマカツエース →馬体を見る
馬体はすっきりして、肉体的にも精神的にも余計なところが削がれた印象。
リラックスした表情と立ち姿からは、現在の好調さが伝わってくる。
Pad45star

サトノノブレス →馬体を見る
さすが池江厩舎の馬といった馬体で、7歳馬にして筋骨隆々の体つきを誇る。
やや脂肪がついている箇所があり、ひと叩きされたら完璧になるのでは。
Pad4star

プロディガルサン →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、どうしても馬体の線の細さが目立つ。
胴部や手脚には長さがあって、将来的には理想的なシルエットを描くはず。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
古馬になってからは大きく馬体の変化はなく、現状維持といったところか。
決して走れない身体つきではないが、かといって仕上がり切ってもいない。
Pad3star

ルミナスウォーリア― →馬体を見る
いかにもメイショウサムソン産駒らしい、ずんぐりむっくりの体型。
前駆には力強さがあるが、欲をいえば、トモの肉付きがもう少しほしい。
Pad3star

★フィリーズレビュー
レーヌミノル →馬体を見る
2歳時は線の細さが目立ったが、ここにきてダイワメジャー産駒らしくなった。
前後のバランスも良く、筋肉量も豊富で、大崩れするイメージが湧かない。
Pad5star

ジェーヌエコール →馬体を見る
前駆にしっかりと筋肉がついているが、トモの実の入りが寂しい。
腹が巻き上がっているように、線が細く、馬体の成長が感じられない。
Pad3star

ゴールドケープ →馬体を見る
牝馬らしい線の細さと馬体の薄さがあり、現時点での幼さは否めない。
このメンバーに入ってしまうと、バネは感じても、力強さは物足りない。
Pad3star

アズールムーン →馬体を見る
胴部と手脚に長さがあって、この先、筋肉がついてくれば好馬体になる。
現時点では、つくべきところに筋肉がついておらず、線の細さが目立つ。
Pad3star

カラクレナイ →馬体を見る
毛艶は物足りないが、前進気勢を感じさせる表情と立ち姿は光るところがある。
腹回りが寂しいため、胴部が長く見えるが、距離は2000mまでは持ちそう。
Pad45star

シグルーン →馬体を見る
この馬も前駆の力強さに比べて、後躯の肉付きが物足りなく、パワー不足。
胴部にアバラが見えているように、きっちりと仕上がって走れる出来にある。
Pad3star

|

Comments

Post a comment