« 中京芝1200m | Main | G1レースでは距離延長馬ではなく短縮馬を狙え »

鍛え上げられているシュウジ:5つ☆

シュウジ →馬体を見る
各パーツが太く大きく、まさに典型的なスプリンター体型を誇る。
前駆も鍛え上げられて、トモの肉付きも素晴らしく、仕上がりも万全。
Pad5star

フィエロ →馬体を見る
高齢馬らしく腹回りに余裕が見られ、背が垂れているように映ってきた。
それでも毛艶は若々しく、絶好調ではないが、衰えは感じさせない。
Pad3star

ヒルノデイバロー →馬体を見る
走るともう少し手脚の長い馬に見えるが、立ち写真を見ると短距離馬らしい。
前駆が勝っていてもトモが弱いからこそ、前半で少し置かれてしまうのだろう。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
2歳時から完成された馬体を誇示していたように、今回も大きくは変わらない。
全体的な馬体のバランスが良く、精神面での強さも顔つきから伝わってくる。
Pad3star

ソルヴェイグ →馬体を見る
胴部に長さがあって、短距離馬のそれではないが、気持ちが勝っているのだろう。
他のメンバーと比べると、やや線の細さが残っていて、パワー不足は否めない。
Pad3star

メラグラ―ナ →馬体を見る
全体的にゆったりとした造りで、距離はマイル戦までなら克服できそう。
とはいえ、牝馬らしい線の細さがあって、スプリント戦のパワー勝負がどう出るか。
Pad3star

レッドファルクス →馬体を見る
香港遠征の疲れは見られず、芦毛の馬体ということもあるが、ふっくらと映る。
胴部にもさらに伸びが出てきたので、もう少し長めの距離でも守備範囲。
Pad3star

スノードラゴン →馬体を見る
同じ芦毛のレッドファルクスと比べると、脂肪分が多く、腹回りに余裕がある。
この年齢にしては、筋肉に柔らかみがあり、走る力は衰えていないはず。
Pad3star

トーキングドラム →馬体を見る
毛艶は素晴らしく、ここに照準を合わせて、パーフェクトな仕上がり。
キングカメハメハ産駒にしては、重心が低いが、だからこその短距離馬か。
Pad4star

セイウンコウセイ →馬体を見る
この馬も馬体の長さに比べると手脚が短く、その分、重心が低く映るのは仕方ない。
前駆の盛り上がりは特に素晴らしく、トモにも実が入って、力は出し切れる出来。
Pad3star

ナックビーナス →馬体を見る
立ち姿にアンバランスさが感じられるように、腹が巻き上がって、完調には遠い。
もう少し馬体が回復してきたら、線が太くなって、力強さが加わってきそうな馬体。
Pad3star

ワンインナムーン →馬体を見る
牝馬にしては、馬体がふっくらとして、全体的な筋肉のボリュームは素晴らしい。
顔つきを見ると、気性の素直さが伝わってきて、安定して力を出し切れるタイプ。
Pad3star


|

Comments

Post a comment