« 高松宮記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 鍛え上げられているシュウジ:5つ☆ »

中京芝1200m

Chukyo1200turf

スタート時点は、向こう正面の緩やかな上り坂の途中にある。およそ120m走っただけで、すぐに下り坂へと入っていき、そこから200mもしないうちに3コーナーへと差し掛かる。さらにずっと下りながら3コーナー~4コーナーを回り、最後の直線に向くと一転して2mの急坂が待っている。そのあと240mのほぼ平坦な直線がゴール板まで続く。

第1コーナーまでの距離はおよそ300mと短くも長くもなく、極端に速いペースにはならないだろうが、それでも3~4コーナーまで下り坂が続くため、知らず知らずのうちにペースが速くなってしまうはず。時計的にどうこうではなく、直線に向くまで自分のペースで走れた先行馬にとっては、412mに延長された直線もそれほど長くは感じないだろうが、前半が速いラップになり、上がりが掛かる展開になるので、基本的には差し馬が脚を余すことなく十分に届く舞台である。

改修前の高松宮記念は小回りを意識する余り、ペースが全体的に速くなり、その結果として先行した馬がバテていたが、改修後は直線が長くなったことで、差し馬が十分に末脚を発揮できることになった。いずれにしても、差し馬にとって有利なレースになることに違いはない。

|

Comments

Post a comment