« 天皇賞春を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 京都芝3200m »

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第23回)

Hitokuti23

不思議なもので、待つと心に決めると動きが出てくる。栗東トレセンに帰厩して、調教を積んでいたヒカルアマランサスの動きが少しずつだが良くなってきたという報告を受けた。そして、願ってもいないことに、4月8日に福島競馬場の未勝利戦に出走できるほどになったという。あまりの急展開に、無理をして出走させていないかという疑問も心のどこかに抱きつつも、レースで走れる喜びがひしひしと湧いてくる。やはりサラブレッドは、レースで走ることに意義を持って生まれてきたのだろう。それは経済的な事情ではなく(未勝利を勝ったところで一口馬主にはたかが知れている)、走ることを通して周りの人たちを喜ばせるということなのではないか。


高野友和調教師
「5日に坂路で追い切りました。テンはじっくり入って、徐々にスピードを上げていきましたが、前走と比べるとだいぶ動きが良くなり、体つきもしっかりしてきたものの、肩の出の可動域が狭いためにフットワークがもうひとつ伸びてこないですね。もう少し時間はかかるかもしれませんが、体質はしっかりしてきていますし、馬の成長に合わせながら使っていけば、フットワークが伸びてくるようになるでしょう。初戦はジリジリ脚を伸ばしてきましたが、テンのスピードについて行けませんでしたから、今回はダートを試してみようと思います。阪神にもダート1,800m(牝)の番組があり、どちらに向かうか悩みましたが、福島なら相手関係も楽になるでしょうし、2kg減の荻野極騎手を確保することが出来たので、4月8日の福島・ダート1,700m(牝)に投票させていただきました。普段から飼い葉食いが良く、物怖じしない馬なので、福島までの移動は問題ないと思います」

高野調教師からの報告メールを読んで、最後にダートの文字を見たとき、私は胃が熱くなるのを感じた。思っていたよりも早かったが、ついに来た。この連載にも書いているが、私はこの馬をダート馬として期待して出資したのである。キングカメハメハ×ヒカルアマランサスという血統的には芝向きだと思われてしまうかもしれないが、血統的にも馬体的にもダート馬だと私は考えていた。両親ともに芝で活躍した血統馬は、やはり芝のレースを中心に使われることが多く、ダートに適性があっても一度もダートを走る機会のないまま終わってしまう、または芝に走ることに慣れてしまってダートに転向できなくなってしまうケースが多いのではないだろうか。ヒカルアマランサスの場合は、幸か不幸か、芝の新馬戦で惨敗を喫したことで、2戦目からダート戦を使う選択が可能になったのだと考えると、馬生も万事塞翁が馬である。

ダートは合うのではないかという淡い期待を抱きつつ、その裏腹に、もし今回ダートでも惨敗を喫してしまうことがあれば、この先に光が見えなくなってしまう。芝でもダートでも走れない牝馬は、つまるところ走る才能がないということであり、引退の道を考えなければならない。今回の未勝利戦は、クインアマランサスにとっては単なる2戦目のレースではなく、競走馬としての分岐点になるだろう。そんな大事なレースにもかかわらず、現地(福島)まで行って応援してあげられない自分のスケジュールを呪った。それでも、私の心は福島にある。クインアマランサスよ、共に走ろう。


4枠7番の青い帽子の馬です。

Photo by fakePlace

|

Comments

4月29日から始まる新潟開催の未勝利戦では毎週牝馬限定のダート1800メートル戦が組まれています。
優先出走権があるので4月29日か5月6日の出走が濃厚ですね。

Posted by: アダチ@おかやま | April 25, 2017 at 10:33 PM

これは楽しみな展開になってきましたね!
目処がつきますように☆

それと、調教師さんがとても丁寧にコメントしてくれているのは、有難いことだと思います。

Posted by: Masaki Yoshio | April 26, 2017 at 01:25 AM

アダチ@おかやまさん

さすがよくご存じですね。

次走は4月29日(土)の京都1Rダート1800mを予定しているみたいです。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 26, 2017 at 11:12 PM

Masaki Yoshioさん

ありがとうございます!

シルクは丁寧すぎるぐらいにメールで愛馬の情報を送ってくれますね。

調教師のコメントも的確で、いろいろな意味で勉強になります。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 26, 2017 at 11:13 PM

レース拝見しました。
すごいじゃないですか!
これは次走で初勝利を期待してしまいますね!

愛馬が走る時はほんとうに胸が震えます。
そして、勝った時にその場にいるというのは至難の技です(笑)。
私もカゼンコウテイが新潟で勝った時はとても行けず(名古屋在住)クランドールゲランが中京出走で人気になっていた時は暑い中ワンピースを着て口取り参加の期待に胸ふくらませて行ったのに勝てず、次走の小倉で勝つ、というチグハグぶりでした。

29日の京都は行かれるんでしょうか?
初勝利したら、またレース動画貼ってくださいね!

Posted by: 桜 富士子 | April 27, 2017 at 03:07 PM

桜 富士子さん

頑張ってくれました。

次は勝てるのではと期待してしまいます。

29日の京都はゴールデンウイークということもあり、宿が全く取れずにあきらめました。

でも良く考えてみると、他の出走馬も同じように勝てると思って出走してきているはずですから、おっしゃるように勝った時にその場にいるということは至難の業なのでしょう。

調教の動きも相変わらず良くないので、あまり期待せずに期待したいと思います(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | April 27, 2017 at 05:06 PM

イザとなれば高速夜行バス往復の0泊3日の弾丸ツアーもありますが・・・。

GⅠレース出走だったらやってしまうかも・・・です。

Posted by: アダチ@おかやま | April 27, 2017 at 09:14 PM

アダチ@おかやまさん

なるほど、泊まらないという選択肢もありますね(笑)

初勝利には立ち合いたいと思いますが、それがいつかは分かりませんからね。

たぶん行ったら勝てなくて、行かないと勝てるような気もします。早く南関東のダート重賞に遠征するぐらいになってもらいたいです。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 27, 2017 at 10:28 PM

クインアマランサス、さらに上昇!と言った感じですね。この人気なら単勝で!と行きたいところですが、複勝馬券で応援させていただきます。

Posted by: やっとこ | April 29, 2017 at 09:58 AM

やっとこさん

前に行けるようになって、おやっと期待させる手応えでしたが、最後は伸び切れませんでした。

まだまだ調教でも動けていないので、この結果は、ある意味良く走っているなと思います。

もう少し動けるようになってきたら、ダートでは活躍できるかもしれません。

馬券にならずにすいませんでした(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | April 29, 2017 at 08:34 PM

スタートで出負して位置を取りに行ったとこで無理したとこがあったのかも知れませんね。直線向いてここからか?と思えたんですけどね~。まさに前回の超馬券のヒント「前半のエネルギーのロスが後半に倍になって返ってくる」というのを体現したレースかなと思いました。

前回と比べて馬体はグンと良くなってるように見えましたし、これからも楽しみですね。

Posted by: やっとこ | April 30, 2017 at 08:38 AM

やっとこさん

ありがとうございます。

まだ調教でも動けていないように、競走馬としては未完成すぎるようです。

それでもここまで走るのですから、ダート馬としての素質はあると思いますが、果たして走れる馬体になるのでしょうか。

楽しみではありますけどね(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | April 30, 2017 at 06:44 PM

5着なので優先出走権がありますね。
順調なら中2〜3週で出走でしょうか?

Posted by: アダチ@おかやま | April 30, 2017 at 07:35 PM

アダチ@おかやまさん

そうみたいです。

なので、順調ならという前提ですが、次回も楽しみにしたいと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 01, 2017 at 09:35 PM

Post a comment