« 京都芝3200m | Main | 2強は両雄並び立たず »

距離延びて安定感があるトーセンバジル:5つ☆

サトノダイヤモンド →馬体を見る
この馬に関しては3歳時より素晴らしい馬体であったが、ここに来て完成した。
胴部の長さから筋肉のメリハリに至るまで、これ以上の馬体を望みようがない。
Pad45star

キタサンブラック →馬体を見る
前駆が力強くなり、トモにも厚さが増して、今年に入ってパワーアップしている。
ただ、馬体を良く見せないときに走る傾向があり、今回は立派すぎるかもしれない。
Pad4star

ゴールドアクター →馬体を見る
馬体は大きく変わることなく、ほとんど調子にも変動がないことが分かる。
筋肉のメリハリという点では物足りないが、柔らかみは相変わらず素晴らしい。
Pad3star

ディーマジェスティ →馬体を見る
しっかりと立てていて、母父の影響か、馬体からは力強さを感じさせる。
皮膚が一枚厚く、距離的に心配はあるし、もう少し良くなる余地を残している。
Pad3star

アルバート →馬体を見る
典型的なステイヤーだが、馬体はパワーアップして短くても対応できそう。
馬体の柔らかみを維持していて、この馬の力を出し切れる仕上がりにある。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
胴部には伸びがあり、いかにもハーツクライ産駒の長距離馬という馬体になった。
顔つきから気性面も素直そうで、どんなレースにも対応できるし、自ら動けるはず。
Pad4star

レインボーライン →馬体を見る
胴部がコロンとして映るように、もうひと絞りできそうな余裕が残っている。
表情からは幼さと気性の激しさが同居しており、スムーズに走ることができれば。
Pad3star

アドマイヤデウス →馬体を見る
この馬の馬体の良さはスラリとした首の長さであり、それゆえに距離が持つ。
前駆が発達している割にトモに物足りなさがあるため、最後の詰めが甘い。
Pad3star

シャケトラ →馬体を見る
前後躯にしっかりと実が入って、馬体全体のバランスの良さは目を引く。
しかし、ステイヤーの体型ではなく、距離延長はプラスには働かないはず。
Pad3star

ファタモルガーナ →馬体を見る
コンパクトな馬体は、決して見栄えがするタイプではないが、余計なところもない。
気性的に難しいところがあるのだろう、この馬も気持ち良くレースができれば。
Pad3star

トーセンバジル →馬体を見る
スラリと伸びた手脚に、胴部にも長さがあり、いかにも長い距離が合いそう。
表情も凛々しく、賢さが伝わってくるため、距離は延びてさらに安定感が生まれる。
Pad5star

|

Comments

Post a comment