« ラジオで競馬を語ります | Main | 皐月賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

無敗とは弱点が分かっていないということ


桜花賞2017―観戦記―
大外枠からカワキタエンカが他馬と馬体を離しながら先頭に立ち、その後ろにヴィゼットジョリーがスッと付け、2番手以降のペースは落ち着いた。前半マイルが46秒5で後半が48秒0というタイムだけを見ると、ハイペースのように思えるがそうではなく、雨が降ったことで馬場が緩んで、それだけ上がりの時計が掛かったということである。それを差し引くと、遅すぎもせず速すぎもしない、ごく平均ペースでレースは流れた。ある程度前の位置でレースを進められた馬たちが上位に来たように、切れ味で勝負する馬たちには厳しい馬場と展開であった。

勝ったレーヌミノルは、距離が延びてから勝ち切れないレースが続いていたが、ここ一番の大事なレースにて展開や馬場などの条件がようやく全て揃った。この馬の持ち味は天性のスピードとパワーであり、瞬発力勝負になると苦しく、またあまり速いペースになってしまうとスタミナ不足ゆえの詰めの甘さを見せてしまう。ところが、今回は折り合いも見事につき、平均ペースの展開とパワーが問われる馬場になったことで、持てる能力を十全に発揮してみせた。乗り替わった池添謙一騎手の、サスペンションの利いた、当たりの柔らかい騎乗も素晴らしく、直線に向いてからゆっくりと待ってから追い出した冷静さは、これまで数々の名馬に乗って大舞台で結果を出してきた経験から得たものである。

リスグラシューは前走のチューリップ賞をひと叩きされ、体調が一変していた。このようなステイヤータイプの馬は叩かれて良くなることが多く、型通りに良化したということだろう。欲をいえば馬体がもう少し大きくなってもらいたいが、オークスに向けて距離が延び、レースを使いつつさらに調子を上げる可能性が高いことを考慮に入れると、この馬が戴冠に最も近い馬である。武豊騎手も先週の大阪杯の勢いをそのままに、リスグラシューの良さを素直に引き出してみせた。

ソウルスターリングは最後の直線に向くまでは、理想的なレースができていた。ところが、いざ馬を追い出してみると、さっぱりと伸びない。伸びないどころか、馬がノメってしまい、真っ直ぐに走ることができないほど。クリストフ・ルメール騎手も鞭を左右に持ち替えてみて必死に対応したが、前の馬を捕らえられず、さらに後ろから来た馬にも差されてしまった。ソウルスターリングのように綺麗なフットワークで走る馬ほど、こうした緩んだ馬場を苦にするのは確かだが、私たちの思っていた以上に馬場が合わなかったようだ。無敗とは弱点が分かっていないということでもあり、無敗馬の馬券を買う恐ろしさを思い知った。

カラクレナイは道中で脚をしっかりと溜め、最後の直線に向いてからゆっくりと追い出し、最後まできっちり伸びた。展開と馬場がこの馬には向かなかったが、この馬の良さや能力は完璧に出し切っての敗北。田辺裕信騎手もさすがの騎乗である。切れ味で勝負する馬だけに、オークスに向けて距離が延びるのはプラス材料にはならない。どちらかというと、NHKマイルCの方がチャンスは大きいのではないだろうか。2番人気に推されたアドマイヤミヤビは、道中から全く進んで行かず、最後は大外を回す形になり、見せ場すら作ることができなかった。前進気勢に欠けるタイプの馬であり、気性的にも今回のような馬場が明らかに合わなかったということだ。

|

Comments

観戦記ありがとうございます。腑に落ちて受け入れることができます。予想に、「超・馬券のヒント」もとても参考、いや勉強になりました。

結果は、とにかく馬場に尽きるかなぁ。無敗馬の怖さも。。。何より勝ったレーヌミノルあっぱれです。

これからベストパフォーマンスを発揮できそうな馬、人、環境、条件を見つけるのが益々楽しみになりました。

Posted by: hagi | April 10, 2017 at 12:27 AM

hagiさん

こちらこそ読んで下さって、ありがとうございます。

結果はなんだかなあという感じです。

日本の馬場に走法を対応させたことが、雨が降って裏目に出るという…。

これも競馬の難しく楽しいところですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 10, 2017 at 09:59 AM

次郎丸さん
こんにちは。
昨日はがんばれ馬券のコレクションを増やそうと思い久しぶりにWINSに行きました。現地観戦したかったのですがなかなか行けません(>_<)
無敗とは弱さがわかっていないということ。
とはまさにその通りかもしれませんね。
知らないということが時に命とりであったり 取り返しのつかないことになったりします。
生後6ヶ月の乳児が離乳食に入っていたハチミツにより死亡したニュースがありましたが1歳未満の乳幼児にハチミツを与えてはいけないことを親は知らなかったとありましたが無知であることがいかにおそろしいことかがわかります。
命を失ってしまっては次はないのですから。
ソウルは今回の弱さをどう生かすことができるかが今後の強さに繋がるかもしれませんね。
新聞広告でいうと
『弱さがなければ、強くはなれない。』
といったところでしょうか。
自走またがんばれ馬券で応援します。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 10, 2017 at 10:49 AM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

私も最近、PATばかりで馬券を買って、現地観戦ができていません。

現地観戦できるような仕事の仕方に変えていかなければいけませんね(笑)

ソウルスターリングはまさかの道悪が苦手であることが本番になって判明しましたね。しかも追い出してみて分かりました。

正直、こんなこともあるのだなあと思いましたし、それが競馬ということなのでしょう。

弱さがなければ 強くなれない

なかなかよい新聞広告ですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 10, 2017 at 03:56 PM

Post a comment