« April 2017 | Main

動けば負け、動かなくても負ける。

Derby2017
ダービー観戦記―2017―
内枠から横山典弘騎手が乗ったマイスタイルが先頭に立つと、トラストや皐月賞馬アルアインが続く。他の馬たちはゴチゃつくのを嫌い、手綱を引いた状態で第1コーナーに突入したため、3ハロン目から急激にペースが落ち着いた。前半1000mが63秒2、後半1000mが59秒1という究極のスローペース。馬群の内でじっと我慢して脚を溜めるか、前のポジションを取っていなければ勝負にならない、先週のオークスとほとんど同じレースとなった。ところが、ただ1頭と1人だけ、向こう正面において外から動いて2番手まで押し上げた馬とジョッキーがいた。

レイデオロはこういう競馬をして勝ったのだから、他馬よりも1枚以上力が上であったということになる。休み明けとなった皐月賞は行きっぷりが悪く、ゴール前は伸びてきたものの届かず5着に敗れてしまったが、ひと叩きされた日本ダービーは本来の仕上がり。内枠であればもう少し突き抜けていたはずだし、ペースが速くなっていたら他馬が止まって見えるような豪脚がさく裂していたはず。サンデーサイレンスの血が全く入っていないにもかかわらず、他のサンデーサイレンスの血を内包した16頭の馬たちとの瞬発力勝負を制してみせた。たった50頭しか生まれていない世代の産駒の1頭が日本ダービーを制したことも、キングカメハメハの種牡馬としての凄さを物語っている。普通ならば、最後の直線で(気持ち的に)止まっていてもおかしくないレースであったが、レイデオロが走ることの好きなサラブレッドであるからこそ、最後まで走り抜けることができたのである。

藤沢和雄調教師も初の日本ダービー制覇となった。レディブロンドやシンボリクリスエスという、自身が手掛けた名馬たちによる血の結晶のようなレイデオロで悲願を達成し、喜びもひとしおだろう。そういえば、レイデオロの非凡なスピードと瞬発力はレディブロンド譲りだし、聡明な顔つきと賢さはシンボリクリスエスに似ている。藤沢和雄厩舎は一時期スランプに陥ったこともあったが、どのようなときにも笑顔を絶やさず、リップサービスを忘れず、「目くらやみの仕事はするな」という父の教えを忘れず淡々とやってきたことが、今日の1日につながった。

クリストフ・ルメール騎手も、遂にダービージョッキーとなった。向こう正面でペースが落ち着いて、他の騎手たちは行きたがる馬をなだめるのに四苦八苦する中、彼だけは何の躊躇もなくポジションを2番手まで押し上げた。正直に言うと、あの動きを見た時点でレイデオロの勝ちはなくなったと思ったが、そのまま最後まで押し切ってしまったのだから二重に驚かされた。とはいえ、あそこで動いたから勝てたのではない。ペースが遅いと分かっていても、動けば普通は負けるからこそ他の騎手は動けない。動けば負ける、動かなくても負ける。その状況では動けないのが人の常であり、それが日本ダービーという舞台であればなおさら動くという選択をできる騎手は少ない。先週のオークスを勝っているという余裕と自分のジョッキーとしての判断や技術に対する自信、そしてレイデオロに向けた信頼と期待がルメール騎手に動くという定石破りの判断をさせたのだろう。

2着に敗れたスワ―ヴリチャードは、枠順にも恵まれて、道中は最高のポジションを走ることができた。最後の直線に向いての反応も抜群で、四位騎手も一瞬は勝ったと思ったのではないだろうか。ここに向けての仕上がりも良かった。あらゆる全てが上手く行って、それでも勝てなかったのだから、相手が強かったとあきらめるしかない。距離が延びてさらに良さが出る馬だけに、このあとはゆっくりと休養させて、菊花賞を目指してもらいたい。四位騎手に敢えて苦言を呈するならば、最後の直線ではもう少し真っ直ぐに馬を追ってもらいたかった。

青葉賞馬で初のダービー制覇を目指した1番人気のアドミラブルは、大外枠からの発走が仇となり、3着まで突っ込んでくるのがやっと。道中のあのポジションでは厳しいし、最後のコーナーでは外に張られており、実に悔しい競馬であった。ミルコ・デムーロ騎手はオークスに続けて外枠にたたられ、強い馬を勝たせることができなかった。いつもは思い切りの良いデムーロ騎手もさすがにダービーでは動けない。アドミラブル自身は素晴らしい能力を秘めた馬だけに、秋以降、そして古馬になってからの活躍が楽しみである。

Photo by 三浦晃一

| | Comments (0)

走ることが好きな馬は、私たちの想像を超えて走る。

Cover
サラブレッドは走るために生まれてくる。ただし、必ずしも走ることが好きだとは限らない。競馬のように、目一杯走らされるのが好きな馬はいないと言ってもよい。自分の好きなときに、自分の走りたいペースやフォームで走るのは嫌いではないが、重たい人間に乗られ、手綱で自由を奪われ、ときには鞭で尻を叩かれて走ることが好きなはずはない。だから、角馬場に入るのを渋ったり、調教が終わると一目散に馬房に戻ろうとする馬がいる。レースに行っても、楽をしようと手を抜いて走ったり、途中で走ることを止めてしまう馬もいる。サラブレッドにとっても、走ることは苦しいのである。

走ることが嫌で仕方なく、仮病を使ってまでレースをサボろうとする、人間らしい、いや馬らしいサラブレッドもいるというエピソードがある。

そして馬も嘘をつくのだ。信じられないだろうが本当に嘘をつくのだ。それは昔、俺が体験したことなのだが、その馬は以前に脚を少し痛めて休んでいたことがあった。それも完治して調教師も太鼓判を押すほどの好調だった。そしていざレース。返し馬をするとあり得ないくらい脚を痛がる仕草をするのだ。そんな状況で走らせるわけにはいかないので、もちろん競走除外にしてもらった。が、しかし!!帰り際、彼を見るとシャンシャンと歩いているではないか!なんとなく彼の顔がうすら笑いを浮かべているようにも思えた。

後日、調教師に聞くと、どこを触っても何も気になるところも痛がるところもなく、いたって元気にしているよ、と言われた。「コイツ、絶対に痛がるフリをしてレースに出たくなかったんだな」と確信した。その後の彼は、そうやってレースになると痛がる素振りを見せていたが、もう信じてもらえず走らされていた(笑)。
(「後藤の語!」UMAJINより)

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*日本ダービーの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (0)

何よりも顔つきが素晴らしいレイデオロ:5つ☆

アルアイン →馬体を見る
皐月賞をレコードタイムで勝った反動など感じさせない、ふっくらとした馬体。
やや余裕残しに映るほどで、前後躯のバランスが良く、好勝負は必至だろう。
Pad4star

ペルシアンナイト →馬体を見る
こちらも馬体はふっくらとして、前走の疲れなど微塵も感じさせない。
ただ表情を見る限りは、皐月賞を激走した反動があるかもしれないと思わせる。
Pad3star

ダンビュライト →馬体を見る
いつも良く見せる馬であり、馬体の出来は、ここ数戦は実に安定している。
その分、大きな上積みは感じられないが、好バランスな馬体は相変わらず。
Pad3star

サトノアーサー →馬体を見る
重心がやや低くて、手脚が短いため、距離は2000m以下のレースが合うか。
距離延長はプラスにならず、馬体は前後ともに仕上がって文句なし。
Pad3star

カデナ →馬体を見る
力強い馬体はパワーを要求されるレースの方が合っているのかもしれない。
前駆の力強さは折り紙つきで、その分、トモの肉付きが足りなく思える。
Pad3star

クリンチャー →馬体を見る
このメンバーに入ると、どうしても馬体の完成度が低く、筋肉のメリハリが足りない。
気性面では問題がなさそうなので、あとはスムーズに逃げてどこまで逃げられるか。
Pad3star

アドミラブル →馬体を見る
これほど首が細くて長い馬は見たことがなく、いかにも理想のサラブレッドらしい。
トモの肉付きは物足りないが、前駆にはしっかりと実が入って力強い。
Pad4star

スワ―ヴリチャード →馬体を見る
日本ダービーらしい仕上げではないが、それが馬にとっては逆に良いかも。
顔つきからはやや気難しいところが窺え、スムーズにレースが出来るかどうか。
Pad3star

ベストアプローチ →馬体を見る
いかにも藤原厩舎といった立派な立ち姿であり、筋肉のメリハリが素晴らしい。
胴部には十分な長さがあるため、距離が延長されても全く問題はない。
Pad3star

レイデオロ →馬体を見る
休み明けの前走もそれなりに仕上がっていたが、今回の方がさらに良い。
皮膚に薄さがあり、全体のバランスも取れて、何よりも顔つきが素晴らしい。
Pad5star

ウインブライト →馬体を見る
スプリングSから皐月賞を使われつつ、筋肉のメリハリが増してきている。
ここに来て成長が著しく、穴を開けるならこの馬かもしれないと思わせるほど。
Pad45star

ダイワギャグ二― →馬体を見る
馬体全体がコロンとしているが、前後のバランスは良く、将来性は高い。
現時点では、他の馬たちと比べて、完成度という点において劣る。
Pad3star


| | Comments (2)

日本ダービーを当てるために知っておくべき3つのこと

Derby

■1■乗り替わりは大きなデメリット
「すべての牡馬は生まれた直後から、ダービーを獲るという目標に向かって育てられる」と言っても過言ではない。すべての馴致、育成、調教という点は、ダービーに向かって線でつながっているのである。その線上において、騎手が実戦のレースにおいて競馬を教えていくという役割は大きい。道中を走るリズム、息を入れるタイミングを教え、馬群の中で走ること、馬群を割ることに対する恐怖を取り除くなど、レースをうまく運ぶためのコツを教えていくのは騎手の役割である。

それゆえだろうか、ダービーで乗り替わりがあった馬は、これまでに勝ったことがない。過去18年間で【0・7・5・93】という散々たる結果である。このデータだけを取っても、デビューから競馬を教えてきた騎手が、本番であるダービーで乗り替わることに、どれだけのデメリットがあるかが分かるはずである。

また、連対に絡んだ7頭の内訳は、平成13年のダンツフレーム、平成14年のシンボリクリスエス、平成16年のハーツクライ、平成18年のアドマイヤメイン、平成19年のアサクサキングス、平成22年のローズキングダム、平成27年のサトノラ―ゼンとなる。アドマイヤメインとアサクサキングス、サトノラ―ゼンを除いて、乗り替わり前の騎手が騎乗する馬に、乗り替わられた馬が先着していないということは面白い事実である。

たとえば、平成14年のシンボリクリスエスは武豊騎手から岡部騎手に乗り替わったが、武豊騎手はタニノギムレットでダービーを制した。また、平成16年のハーツクライは安藤勝己騎手から横山典騎手に乗り替わったが、安藤騎手はキングカメハメハでダービーを勝った。このように、ある騎手が乗り替わる前の馬に、乗り替わった後の馬が先着することは少ない。つまり、ダービーを勝つような馬は、どんなことがあってもジョッキーが手放すことはない、もしくは手を離れることはないということである。注)平成13年のダンツフレームの藤田騎手はダービーに騎乗していない。

■2■経験を積んだベテランジョッキー
過去の勝利騎手のほとんどは、経験を積んだベテランジョッキーである。あの武豊騎手でさえ12年もかかったように、ダービーを勝つことは他のG1レースとは比べものにならないほど難しいことなのである。円熟した騎手が活躍している理由として、

1、ダービーという異様な雰囲気の中で、平常心で騎乗できる精神力が求められる
2、ダービーを勝つためには騎手としてのあらゆる経験を生かさなければならない
ということが考えられる。 それ以前に、ダービーを獲れるだけの器の馬を依頼されなければならないし、多数を依頼された場合には、その中からダービーを勝てそうな馬を選択していかなければならない。つまり、ジョッキーとしてのあらゆる技術や経験が求められることになるのである。だからこそ、ダービーというレースは一朝一夕で勝てるはずはなく、騎手にとっても憧れのレースとなり得るのである。

■3■皐月賞からの直行組
ダービーでは皐月賞からの直行組が好走することが多い。直行組以外としては、以下の2つのパターンが考えられる。 1)皐月賞のあとにトライアルレースをはさんだ馬 2)別路線組 最近の傾向として、1)の皐月賞からダービーの間にレースをはさむ馬は少なくなってきている。ほとんどの有力馬がダービーに直行し余力を残している中で、トライアルを使うということは、それだけで十分なディスアドバンテージになるからである。それでも敢えてトライアルを使うとすれば、本番のダービーでは勝負にならないことを見越した上でのことであり、メンバーが落ちるトライアルで賞金を確実に稼ごうという意図が読み取れる。実力的にも足りず、余力も残っていない馬が、本番であるダービーで好走することが難しいことは想像に難くない。

2)の別路線組では、最近ではNHKマイルカップか青葉賞を勝ってきた馬の活躍が目立つ。NHKマイルカップからはキングカメハメハとディープスカイという大物が出ているように、決して相性の悪いレースではない。府中のマイル戦を勝ち切れるスタミナがあれば、2400mもこなせるということである。今後も注目のステップレースとなるには違いないが、中2週というローテーションを考えると、皐月賞からの直行組に軍配が上がるだろう。また、青葉賞からは古いところではエアダブリンが、最近ではシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アドマイヤメイン、フェノーメノが本番でも好走している。同条件を勝ってきた馬なので当然といえば当然なのだが、完成度がやっと追いついてきたという素質馬が多い。しかし、まだダービーの勝ち馬が出ていないのも事実である。

結論としては、1)のパターンは本番のダービーでは勝負にならず、狙うとすれば2)のパターンということになる。ただし、勝ち馬に限って言えば、皐月賞からの直行組を狙うのが定石だろう。

■参考データとして
1、前走G1レース(皐月賞かNHKマイルカップ)以外で負けている馬は×
2、2000m以上未経験の馬は× 3、前2走で連対なしの馬は×

| | Comments (0)

つまらない競馬は見たくない

Oaks2017
オークス2017―観戦記―
先週とは打って変わって、絶好の良馬場でオークスは行われた。内枠を利してフローレスマジックがハナを切り、同じく内枠を引いたミスパンテールとソウルスターリングがその直後のポジションを確保し、あっさりと隊列は決まった。前半1200mが74秒0、後半が68秒9という、恐ろしいまでの超スローペース。馬群の外々を回されてしまった馬では勝負にならず、前に行った馬たちにとって極めて有利なレースとなった。

勝ったソウルスターリングは、力が一枚上であった上に、枠順にも恵まれ、見た目以上の余裕の勝利となった。ゲートから飛び出したあとは、直線に向くまでひたすら我慢を重ね、最後の直線でゴーサインが出されるや、一瞬にして先頭に躍り出て駆け抜けた。桜花賞ではぬかるんだ馬場に脚を取られてしまったが、広々とした東京競馬場の良馬場に舞台が変わったことで、この馬のフットワークの大きさが生きた。前走で初めての敗北を喫し、精神的に切れてしまうことも心配されたが、全てを杞憂に終わらせる、魂が解放されたような走りであった。

クリストフ・ルメール騎手は余計なことを考えず、とにかくソウルスターリングの走るリズムを崩さないことに専念していた。超スローペースにおける、内の2番手という絶好のポジションを走ったのは、あくまでも結果的にすぎない。もちろん、何もしなくても、そのポジションに収まることが分かっていたからこそ、ソウルスターリングを御すことだけに集中できたという面もある。いずれにしても、ルメール騎手は騎乗馬のリズムで走らせること(無理に抑えたり出したりしない)とレース全体における勝つためのポジションを取ることの両方の折り合いをつけることが巧い。

和田竜二騎手に導かれ、モズカッチャンも狙っていた通りのレースをし、最高の結果を出すことができた。前走も内枠を生かした競馬で勝利し、今回も距離が400m延びただけで、ほぼ同じようなレースを再現したといえる。馬に力があり、器用なレースができるからこそではあるが、理想的な枠番を引くことで、これほどまでに成績が(良い意味で)変わってしまうのかと思わせる走りであった。

最も惜しいレースをしたのはアドマイヤミヤビだろう。惜しいというよりも悔しいと言うべきか。外枠からの発走となり、馬群の外を回らされ、しかも後方から進めざるを得なかったのだから、今回のレースでは勝つチャンスはゼロに近かった。それにしては最後まできっちりと伸び、3着を確保したのだからやはり能力は高い。桜花賞は重馬場に、オークスは枠順に泣かされた。さすがのデムーロ騎手でもなす術がなかった。

最も上手く乗って着順を上げたのは4着のディアドラである。岩田康誠騎手はとにかく馬場の良い内を走ることだけを考えて、道中は馬群の中で脚を溜めた。最後の直線でも内を突いて得た、値千金の4着ではないか。対して、リスグラシューはスタート後に前をカットされたことで、逆に内に切れ込むスペースを見つけたように見えたが、なぜか武豊騎手は外に出そうとしてしまった分、ポジションを悪くした。おそらくリスグラシューが掛かり気味になったので外に切り替えたのだろうが、あれぐらいで内に入れるのを怖がっていてはいけない。乗り方次第では3着争いには加われたはずである。目に見えない部分ではあるが、微妙な着順の上下に(私たち以上に)陣営は敏感である。

今年のオークスほどつまらない競馬を見たことがない、と言えば言い過ぎだろうか。これまでも数多くのつまらない競馬を見せられてきたが、さすがに今回は沸点を超えたので書きたいと思う。つまらなさの原因は、トラックバイアスとポジションバイアスが組み合わさって、スタートが切られる前からすでに大きなハンデが生まれていることである。内枠を引いた馬と外枠を引いた馬とでは、少なくとも1秒(6馬身)ぐらいの差があるはず。同時にスタートしているように見えて実は、(もしレースが直線で行われているとすれば)ソウルスターリングよりもアドマイヤミヤビは1秒遅れ、または6馬身後ろから走り出しているぐらいの大きな不利なのである。ソウルスターリングの方が一枚上の能力を有しているにもかかわらず、6馬身先からスタートを切れば、つまらない競馬にならないわけがない。スローペースがつまらないのではなく、スローペースになることで馬群が固まり、内のポジションを走らないと勝てないレースになったその内を他馬よりも強い馬が走ると、つまらない競馬になるのだ。せっかく関係者たちが大舞台に向けて一生懸命に馬を仕上げてきているのに、これだけバイアスが掛かってしまうと興ざめだろう。そろそろこのあたりは深く考えなければならない日本の競馬の課題のひとつだろう。競馬がつまらないのではなく、つまらない競馬は見たくないということだ。

Photo by 三浦晃一


| | Comments (4)

今回は巻き返せるアドマイヤミヤビ:5つ☆

ソウルスターリング →馬体を見る
手脚にも胴部にも十分な長さがあり、距離延びてこそ良さを発揮しそう。
あとは気性面の激しさだけだが、顔つきを見る限りは落ち着いている。
Pad4star

フローレスマジック →馬体を見る
勝ち切れないレースが続いているが、馬体は力強さが増してきている。
ディープインパクト産駒にしてはパワー溢れる馬体で、母父の影響だろう。
Pad3star

ホウオウパフューム →馬体を見る
手足がスラリと長く、胴部にも長さがあって、典型的なステイヤーの馬体。
顔つきを見ても賢さが伝わってくるように、理想的な立ち姿を誇っている。
Pad45star

レーヌミノル →馬体を見る
2歳時はコロンとした馬体で、短距離馬のそれであったが、今は長さが出てきた。
その分、距離は持つ体型になっており、2400mが長すぎるということはない。
Pad4star

ミスパンテール →馬体を見る
同じダイワメジャー産駒のこちらはコロンとした胴部で、マイルがベストの距離か。
前後躯にきっちりと実が入って、桜花賞時よりも馬体は迫力が増してきた。

カリビアンゴールド →馬体を見る
このメンバーに入ると、幼さを残している馬体だが、仕上がり自体は悪くない。
ステイゴールド産駒らしく、重馬場が得意そうな馬体で馬場が重くなれば。
Pad3star

アドマイヤミヤビ →馬体を見る
胴部はコロンとして映るが、手脚にはかなりの長さがってハーツクライ産駒らしい。
距離が延びて良いタイプで、前走は重馬場に脚を取られたが、今回は巻き返せる。
Pad5star

モズカッチャン →馬体を見る
馬体全体を見ると、いたって普通の馬体だが、首回りに力強さがあるのが特徴。
ごく平凡な馬体だけに、かえって余計な部分もなく、だから走るのだろう。
Pad3star

ハローユニコーン →馬体を見る
トモは薄いが首差しがスラリと長く、ここにハーツクライ産駒らしさが現れている。
気性的に激しいところがあるが、距離は延びてこそ良さが生きてくるはず。
Pad3star

リスグラシュー →馬体を見る
胴部に余裕が残っているように映り、この仕上がりで2400mが持つのか。
コンパクトな馬体を大きく使って走るタイプだが、それでも馬体は見栄えしない。
Pad3star

ブラックスピーチ →馬体を見る
トモ高のシルエットを見ても、いかにも切れ味が鋭そうな馬体であることが分かる。
その点において、距離の延長がプラスに働くとは思えず、折り合いが鍵となる。
Pad4star

ヤマカツグレース →馬体を見る
このメンバーに入ると、いかにも馬体が幼く、力強さという点では物足りない。
その分、余計な部分に力が入っておらず、現時点での資質を出し切れそう。
Pad3star


| | Comments (4)

オークスを当てるために知っておくべき3つのこと

Oaks

■1■オークスを勝つための条件
牝馬クラシックにおける、桜花賞1600m→オークス2400m→秋華賞2000mという距離の伸縮には少なからず問題点があるだろうが、実際のところ、オークスは2400m戦のレースであっても、内容(実質)的には1600m~2000m程度のものになってしまうことが多い。なぜなら、どの馬にとっても2400mは未知の距離となるため、各騎手に前半大事に乗ろうという気持ちが働き、ペースが遅くなるケースが多いからである。道中はゆっくりと行って、ラストの瞬発力勝負というレースになりがちで、そのため、オークスを勝つために条件となるのは、「スローペースに折り合える」、「瞬発力がある」という2点となる。

■2■桜花賞組が有利
また、桜花賞からの直行組の活躍が顕著なのは、桜花賞組の完成度が高いからである。スローペースに折り合うことができれば、たとえマイラーでもオークスの2400mは十分にこなせてしまう。最終的に問われるのは「絶対能力」であり、桜花賞で勝負になるだけのスピード(瞬発力を含む)、スタミナがあれば、それがそのままオークスでも十分通用してしまう。よって、別路線組よりも完成度(現時点での「絶対能力」)がはるかに高い、桜花賞組が有利になるのである。

■3■桜花賞→オークスの連覇が少なかった理由
なぜ桜花賞→オークスという連覇が少なかったかというと、
1、桜花賞馬はスピードが勝っている傾向があった
2、桜花賞で力を出し尽くしている

という2点が考えられる。

1については、阪神競馬場が改修される以前の桜花賞を勝つような馬は、全体的なバランスとしてスピードが勝っている傾向が強かったので、「スローペースに折り合える」「瞬発力がある」のどちらかを満たしていないことが多かった。もちろん完成度が高いため好走はするのだが、それだけではオークスを勝ち切ることは難しい。

2については、桜花賞を勝つために力を出し切ってしまった馬が多く、1ヶ月半後のオークスまで体調を維持することができないことが多い。この時期の牝馬の体調は変わりやすいのである。つまり、余力を残して桜花賞を勝つか、余程能力が他馬と比べて抜けているかでないと、桜花賞→オークスという連覇は難しい。
阪神競馬場が大幅に改修されて以降の桜花賞馬の次走を見てみると、

2007年 ダイワスカーレット→ローズS1着
2008年 レジネッタ→オークス3着
2009年 ブエナビスタ→オークス1着
2010年 アパパネ→オークス1着
2011年 マルセリーナ→オークス4着
2012年 ジェンティルドンナ→オークス1着
2013年 アユサン→オークス4着
2014年 ハープスター→オークス2着
2015年 レッツゴードンキ→オークス10着
2016年 ジュエラー→ローズS11着

と桜花賞馬とオークスが直結しつつあることが分かる。

阪神競馬場の改修を境として、桜花賞を勝つために求められる条件が一変した。つまり、仕上がりが早く、スピードの勝った馬が有利だったが、今やスローペースにしっかりと折り合えて、瞬発力に秀でていて、クラシックを目の前にしてグンと成長してくる馬が有利になったのだ。しかも、マイル以上の距離を走ることのできるスタミナの裏づけが必要になってくる。これらの条件を満たして桜花賞を勝利した馬は、よほど体調を崩してしまわない限り、距離が延びても同じ適性が問われるオークスで凡走することは考えにくいということになる。

■参考として
1)1600m以上のレースで連対したことのない馬は×
2)たとえ桜花賞であろうとも、前走が着外であった馬は×
3)重賞未経験の馬は×
4)連対率が50%以下の馬は×
5)桜花賞のあとレースを使った馬は×

| | Comments (0)

ルメール騎手は目が良い


ヴィクトリアマイル2017―観戦記―
内枠を利してソルヴェイグが先頭に踊り出て、その後ろにスッと武豊騎手のスマートレイヤーが付けた。前日から降り続いた雨で悪くなった内ラチから4、5頭分の馬場を避けるように、各馬揃って第1コーナーから第2コーナーへと回ってゆく。前半マイルが47秒9、後半が46秒0という超スローペースに加え、いつもよりさらに外を回されてしまった馬たちは直線に向いて脚を失った。隊列(馬群)の内を走れた馬たちにとって極めて有利な、道中のポジション取りが勝敗を分けたレースとなった。

勝ったアドマイヤリードは、道中は内々で脚を溜め、最後の直線で馬の間を割って突き抜けた。420kg台の小柄な牝馬とは思えない、闘志あふれるレース。もともと全身でバネの利いた走りをする、高い素質を秘めた馬であったが、ここに来てようやく精神面が追いついてきた。ステイゴールド産駒の牝馬特有の飼葉食いの細さはあるのだろうが、ステイゴールド産駒だけにこうした力を要する馬場が合っていた。須貝尚介調教師はゴールドシップの天皇賞春以来、2年ぶりのG1レース勝利となり、これでステイゴールド産駒との相性の良さが浮き彫りになった。

クリストフ・ルメール騎手の騎乗に関しては、お見事としか言いようがない。レース全体を俯瞰しつつ、各馬の細かな動きを見逃さない。ひと言で表すと、目が良いということになる。アドマイヤリードは決して乗りやすい馬ではなく、むしろ繊細な手綱さばきを求められるにもかかわらず、何ごともなかったかのようにきっちりと折り合いをつけ、道中は最高のポジションを走らせ、完璧な形で最後の直線に向いた。道中できっちりと抑えられるからこそ、ラストはしっかりと伸びる。一瞬の脚しか使えないアドマイヤリードを追い出すタイミングも文句なし。馬を動かす技術と瞬時の冷静なヘッドワークが融合した結果の勝利である。

あっと言わせたのは、11番人気ながらも2着に突っ込んだデンコウアンジュ。道中は中団を進み、決してベストポジションを走れたわけではないが、メンバー中最速の33秒2の脚を使って追い込んできた。最終コーナーを回るところで外の馬が壁になり、仕掛けのタイミングが遅れた分、脚が溜まったのだろう。ラスト100m地点で他馬を飲み込んで、蛯名正義騎手もやったと思った瞬間、馬群からアドマイヤリードがグッと抜け出した。ひとつだけ、この馬が激走した理由を挙げるとすれば、父メイショウサムソン譲りのパワーが生きる馬場であったということだ。

ジュールポレールは持ち前の瞬発力を生かせたが、良馬場であればなおさら切れたはず。もはやG1級の能力を秘めていることを証明したことになり、牝馬同士の重賞レースであれば、この先、常に勝ち負けに加わることができるだろう。スマートレイヤーは持ち前の渋太さを生かせる流れにはならなかったが、レースの流れに乗り、7歳牝馬としては良く走っている。逃げたソルヴェイグは、すんなり先行した川田将雅騎手の好判断のおかげで掲示板に載ることができた。

1番人気のミッキークイーンはどうしたのだろう。隊列の外を回らされた(人気を背負っているだけに安全に外を回った)ことだけが敗因ではない。脚の怪我をして復帰した馬だけに、前走で重馬場を目いっぱい走らされた激走の反動が出てしまったのかもしれない。レッツゴードンキについては、馬場が重くなり、スピードレースにならなかったことに加え、終始馬群の外々を回らされて引っ掛かってしまったことが痛かった。

今年のヴィクトリアマイルを観て思ったことは(以前から指摘してきたことではあるが)、日本の騎手たちは馬場の良し悪しを気にしすぎる。どこが伸びて、どこが走りにくいのか、気にするのは良いことだが、気にしすぎる余り、レース全体におけるポジションを悪くしてしまっては元も子もない。今回も内ラチ沿いを思い切って攻めたのはデムーロ騎手であり、ルメール騎手であったように、多少馬場の悪いところを走ったとしても、(特にスローに流れるレースにおいては)内を走って距離ロスを避けるメリットの方が大きいのだ。日本人騎手には自分の頭と感覚で判断して馬を走らせてもらいたい。

| | Comments (0)

ヴィクトリアマイルはスピードレースである

Cover
ヴィクトリアマイル(以下、VM)はスピードレースである。2006年に新設された古馬牝馬のためのマイルG1 レースを、ひと言で説明するとこうなる。これまでになかったカテゴリーのG1レースができると、その傾向や特徴を見極めるには10年ほどかかるというのが実感である。最初の数年はこのようなレースになるだろうという仮説を立てつつ結果と照合し、5年ほどレースが行われるとおぼろげながらも姿形が見えてきて、10年が経ってようやく全貌がはっきりと現れるということだ。VMに関しても、昨年のストレイトガールの連覇を見届けて、ひとつの結論に達した。VMはスピードレースなのである。

スピードレースとは、とにかくスピードが問われるレースということだ。スタートしてからゴールまで、もたもたしている暇はない。スピード、スピード、スピード、とにかくスピードが必要なのである。スタミナやパワー、底力といったサラブレッドの走りを構成する他の要素を差し置いて、スピードが何よりも優先される。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*ヴィクトリアマイルの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (0)

これ以上望むところはないミッキークイーン:5つ☆

ミッキークイーン →馬体を見る
若駒のころと馬体のシルエットは変わらず、かつ筋肉のメリハリが増している。
怪我による休養を全く感じさせない好馬体で、これ以上望むところはない。
Pad5star

クイーンズリング →馬体を見る
年齢的なものもあるのか、もうひと絞りできそうな胴回りで、余裕を感じさせる。
馬体が立派な分もあるのか、顔つきからは気持ちの面ではナーバスになっている。
Pad3star

スマートレイヤー →馬体を見る
芦毛が白みを増しているが、7歳馬とは思えない筋肉量の多さを誇っている。
特に前駆のパワーアップが著しく、マイル戦でもこの力強さは生きるはず。
Pad3star

ソルヴェイグ →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、線の細さが目立ち、パワー不足は否めない。
トモに肉付きが豊富で、前回のように推進力に欠くことはないが、詰めはどうか。
Pad3star

アスカレビン →馬体を見る
思いのほか素晴らしい馬体で、特に前駆の力強さはこのメンバーでも通用する。
表情からも気持ちの強さが伝わってきて、いかにも走りそうな牝馬である。
Pad4star

レッツゴードンキ →馬体を見る
若駒のころから完成度の高い馬体を維持し、ここに来てさらにパワーアップ。
中長距離系の馬体ではなく、筋肉がしっかりとついた短距離馬のそれを誇る。
Pad45star

ジュールポレール →馬体を見る
ディープインパクト産駒らしく、いかにもバネがあって、走る素質に溢れている。
腹回りはやや寂しいが、前後躯はしっかりと鍛え上げられているのが分かる。
Pad4star

アドマイヤリード →馬体を見る
この馬も腹回りに寂しさがあり、それゆえに全体のシルエットも力強さに欠ける。
とはいえ、前躯の実の入りはなかなかで、気性的にスムーズに走れれば。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
若駒の時期に比べると、馬体が大人びてきたが、それでもまだ幼さを残す。
決して仕上がりが悪いわけではないが、筋肉のメリハリという点では今一歩。
Pad3star

ウキヨノカゼ →馬体を見る
いかにも短距離馬らしい胸前の厚さで、前走で1800mを勝ったのは驚き。
絶好調であるからこそ成しえる勝利であり、馬体もふっくらとして好仕上がり。
Pad3star

フロンテアクイーン →馬体を見る
皮膚が柔らかいのが目立つように、柔軟さと仕上がりの良さが伝わってくる。
もう少し筋肉のメリハリがついてくれば最高だが、現時点では文句なし。
Pad3star

| | Comments (2)

ヴィクトリアマイルを当てるために知っておくべき2つのこと

Victoriamile

■1■近走で牡馬を相手に好勝負出来ていた馬
過去のほとんどの勝ち馬に共通する条件は、「近走で牡馬を相手に勝ち負けできていた」ということである。第1回の勝ち馬ダンスインザムードは、天皇賞秋3着、マイルCS4着、マイラーズC2着と、牡馬を相手に近走で互角に走っていた。第2回の勝ち馬コイウタも前走はダービー卿チャレンジで2着に入っていた。さらに言えば、ダンスインザムードの2着したエアメサイアも、前々走の中山記念で牡馬の3着と好走していた。ウオッカやブエナビスタ、アパパネは言わずもがなである。牝馬同士のG1レースであるがゆえ、牡馬と好勝負出来ているということの意味は大きい。

■2■内枠を引いた先行馬
スローペースになりやすい以上、やはり前に行ける馬にとって有利なレースになりやすい。さらに、スローペースでは馬群が縦長にならず、道中が団子状態で進むことになるので、馬群の外を回されないで済む内枠を引いた馬がレースをしやすい。もうひとつ付け加えるとすると、最後の直線に向いてのヨーイドンの勝負になりやすいので、瞬発力に長けた馬に向いたレースとなる。つまり、先行できて瞬発力勝負に強い馬が内枠を引いたら、たとえ人気薄であっても警戒した方がよいだろう。

| | Comments (0)

職人たちよ


NHKマイルC2017―観戦記―
アエロリットがフライング気味にゲートを飛び出したが、内からボンセルヴィーソがハナを奪い、モンドキャンノがそれに続いた。前半マイルが46秒1、後半が46秒2というイーブンペースであり、このレベルのレースにおいては遅い流れと言っても過言ではない。しかもこれだけ馬場が良いと、前に行った馬は止まらない。後から行った馬にとっては追い込みづらく、内を進んだ馬がなぜか伸びない、3週目にしては珍しくトラックバイアスの掛かった不思議なレースとなった。

勝ったアエロリットはずいぶんと乱暴な競馬をしたが、最後まで止まらず伸び切ったのだから強い。G1レースにおいて、これだけ力んで道中を走りながら、そのまま押し切ってしまう馬を久しぶりに見た。トラックバイアスが大きかったということでもあるが、それを生かせたのは、アエロリットの仕上がりが良かったから。このレースに照準を合わせ、菊沢隆徳調教師によって渾身の仕上げが施されたことによる勝利であった。一流ジョッキーたちも一目置く、馬を知る職人が調教師となってから初めてのG1勝利。この先、菊沢厩舎からは続々と活躍馬が出るだろうし、その背には横山典弘騎手がいるはずである。

横山騎手はスタートから積極的な騎乗をしようと考えていたはず。馬場を読みつつ、極限まで仕上げられている馬を感じて、無理に抑えるよりも、思い切って行かせてしまうぐらいの気持ちを持って乗っていたからこそ、今回のレースにおけるベストポジションを走ることができた。馬をリラックスさせるために、内の2頭から少し離し、少しでも馬場の良いところを選んで最終コーナーを回ったのもファインプレー。また、引っ掛かっているように映って、実はそれほど馬と喧嘩していない、アクセルをふかしつつもブレーキを踏む騎乗は、まるで往年の岡部幸雄騎手を見ているようであった。

デビューからダートで4連勝したリエノテソーロが2着に突っ込んだように、極端に速いタイムが出る馬場で行われたことで、スピードだけではなく、パワーを要求されるレースでもあった。言葉で説明するのは難しいが、瞬発力や切れ味に変換される一瞬のスピードではなく、持続してスピードを維持するためにはパワーが必要になる。同じ牝馬でも、1番人気に推されたカラクレナイやミスエルテといった切れ味勝負のスピードタイプの牝馬が揃って凡走し、クロフネ産駒のアエロリットやダート実績のあるリエノテソーロが好走したのはそういう理由である。

牡馬で最先着となったボンセルヴィーソも、持ち前のスピードとパワーを活かして粘り込んだ。どんなレースでも安定して先行できるタイプだけに、今回のようなレースは型にはまった。モンドキャンノはスタートが良く、絶好のポジションを進んだかのように映ったが、直線に向いて全く伸びず。距離が1ハロン長かったということだろう。レッドアンシェルは極限の仕上がりにあり、その分、入れ込んでいたが、福永祐一騎手が上手くなだめながら乗って外から伸びた。この馬の気性面を考えると、これが最善の乗り方であり結果であろう。アウトライアーズはやや積極性に欠ける騎乗で、位置取りが悪くなり、今回の前残りの競馬を差し切るほどの力はなかった。

関連エントリ
チー坊と菊:「ガラスの競馬場」

| | Comments (2)

競馬は無限なり、個を立てよ。

Cover

NHKマイルカップが行われる季節になると、苦い思い出が蘇ってくる。2013年のNHKマイルC当日、東京競馬場で行われたオープン型レーシングセミナーに出演させてもらった際、「NHKマイルCではニュージーランドトロフィーで負けた馬を狙うべき」と主張しながらも、最後の馬券予想の段において、ニュージーランドTを勝ったエーシントップを本命に推してしまったのだ。同じ壇上にいた競馬評論家の須田鷹雄氏に優しく突っ込まれたのを覚えている。「(エーシントップは)ゴール前で耳を立てていたように楽勝だったので」と返したが、言っていることと買っている馬券が一致していないとその場にいた誰もが感じたのではないだろうか。結果的にも、ニュージーランドTで7着に負けていたマイネルホウオウが勝利し、私は大勢の競馬ファンの目の前で大恥をかいた。

ニュージーランドTとNHKマイルCは、同じ芝1600mのレースであっても、全くもって異質なレースである。中山のマイル戦と東京のマイル戦では、芝の状態やコースの形態から道中のペース、直線の長さや坂の位置に至るまで、あらゆる全ての体感が異なる。そのため、レースを勝つために求められる適性が異なり、勝ち馬も違うことが多い。ニュージーランドTが中山競馬場で行われるようになって以来、ニュージーランドTとNHKマイルCを連勝した馬はカレンブラックヒルしかいない。ニュージーランドTが東京芝1400mで行なわれていた頃よりも、明らかに結びつきが弱くなった。

特に、ニュージーランドTがスローに流れた場合は結びつきが弱くなる。なぜかというと、NHKマイルCは総じてハイペースに流れることに加え、最後の直線が長く、字ヅラ以上にスタミナが問われるからだ。小回りの中山芝1600mでスローに流れたレースにおいて結果を出した馬が、府中のマイル戦の厳しいレースに巻き込まれたら、戸惑いを隠せないはず。むしろスローに流れたニュージーランドTでは差し脚やスタミナが生きなかった馬こそが力を発揮できる舞台となる。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*NHKマイルCの予想と馬券を公開中です。

| | Comments (2)

牡馬相手でも好勝負になるアエロリット:5つ☆

ボンセルヴィーソ →馬体を見る
ダイワメジャー産駒らしい馬体で、前駆が盛り上がり、トモも力強い。
安定的に先行するだけのパワーがあり、この馬の力は出し切れる出来にある。
Pad45star

アウトライアーズ →馬体を見る
首の高い立ち姿が気になるが、馬体全体はバランスが取れてマイル戦はベストか。
付くべきところに筋肉が付いて、きっちりと仕上がっている。
Pad4star

レッドアンシェル →馬体を見る
黒光りする馬体は力強さに漲っており、スピードとパワーを感じさせる。
表情を見る限りは気性的に難しいところがあり、スムーズなレースができるか。
Pad3star

モンドキャンノ →馬体を見る
腹回りに余裕があるように映るが、馬体のボリューム感は文句なし。
胴部にもある程度の長さがあり、マイルの距離はこの馬にとってはベストだろう。
Pad45star

ジョーストリクトリ →馬体を見る
トモにはしっかりと実が入っているのに対し、前駆の盛り上がりが欠ける。
後輪駆動の馬体は珍しく、意外とスタミナが問われる府中のマイルでも走れそう。
Pad4star

カラクレナイ →馬体を見る
柔らかい筋肉に覆われていて、それを生かした瞬発力がこの馬の持ち味。
とはいえ、腹回りが巻き上がり気味で、桜花賞を使われてやや疲れが残っている。
Pad4star

ミスエルテ →馬体を見る
前走時の馬体の方がふっくらとしていたが、反動が出たのか、今回はやや細い。
馬体の各パーツに長さはあり、府中は合っているが、調子の変動が激しい。
Pad3star

キョウヘイ →馬体を見る
父リーチザクラウンとは対照的に。胴部が短く、いかにも短距離馬の馬体。
前後にバランス良く筋肉がついているので、この馬の力は出し切れるはず。
Pad3star

アエロリット →馬体を見る
前後躯にきっちりと実が入って、筋肉のメリハリもつき、力強い馬体を誇る。
使われてきてきっちりと仕上がった印象で、牡馬相手でも好勝負できるはず。
Pad5star

ディバインコード →馬体を見る
手脚がスラリと長くて、胴部にも長さがあり、府中のマイル戦はぴったり。
トモにしっかりと実が入って推進力も増し、上位争いに加われるはず。
Pad3star

| | Comments (2)

NHKマイルCを当てるために知っておくべき2つのこと

Nhkmilec

■1■マイル以上のスタミナと完成度の高さが求められる
過去21年の優勝馬の前走距離と着順を見てみたい。

タイキフォーチュン→ 毎日杯(2000m)1着 
シーキングザパール→ ニュージーランドトロフィー(1400m)1着
エルコンドルパサー→ ニュージーランドトロフィー(1400m)1着
シンボリインディ→ マーガレットS(1600m)1着
イーグルカフェ→ ニュージーランドトロフィー(1600m)7着
クロフネ→ 毎日杯(2000m)1着
テレグノシス→ スプリングS(1800m)2着
ウインクリューガー→ 毎日杯(2000m)8着
キングカメハメハ→ 毎日杯(2000m)1着
ラインクラフト→ 桜花賞(1600m)1着
ロジック→ニュージーランドトロフィー(1600m)3着
ピンクカメオ→桜花賞(1600m)14着
ディープスカイ→毎日杯(1800m)1着
ジョーカプチーノ→ニュージーランドトロフィー(1600m)3着
ダノンシャンティ→毎日杯(1800m)1着
グランプリボス→ニュージーランドトロフィー(1600m)3着
カレンブラックヒル→ニュージーランドトロフィー(1600m)1着
マイネルホウオウ→ニュージーランドトロフィー(1600m)7着
ミッキーアイル→アーリントンC(1600m)1着
クラリティスカイ→皐月賞(2000m)5着
メジャーエンブレム→桜花賞(1600m)4着

シーキングザパールとエルコンドルパサー以外の馬は、前走で1600m以上のレースをステップにしている。そして、半数以上の馬は前走でも勝っているということが分かる。

最初に、ほとんどの勝ち馬が前走で1600m以上のレースをステップにしているのは、東京競馬場のマイル戦では、スピードだけではなくスタミナがないと勝ち切ることはできないからである。特にNHKマイルカップはハイペースになることが多く、最後のひと伸びができるスタミナや底力が問われることになる。

つまり、マイル戦がギリギリといったスピードタイプの馬ではなく、中距離を走り切ることのできるスタミナを兼ね備えていなくては、NHKマイルカップを制することは出来ない。例外的存在であるシーキングザパールにしてもエルコンドルパサーにしても、1600m以上の距離をこなせる十分なスタミナを兼備していた。このレースに出走してくる以上、どの馬も豊富なスピードを有しているのは当然と言えば当然で、最後に勝敗を分けるのはスタミナの有無なのである。

ほとんどの勝ち馬が前走でも勝っているのは、この時点での完成度の高さが勝ち馬に求められるからである。ポロポロと取りこぼしていたり、アッサリと負けてしまっていたりする馬では勝負にならない。G1レースである皐月賞、桜花賞組は別として、前走をキッチリと勝って臨んで来られないようでは、非常に高いレベルの要求されるこのレースでの好走は厳しい。

■2■ニュージーランドT組で展開が向かなかった馬が狙い
中山のマイル戦に条件変更されて以来、ニュージーランドトロフィーでの着順が、そのまま本番へと結びつかなくなっている。中山のマイル戦と府中のマイル戦ではあまりにも条件が違いすぎて、ニュージーランドトロフィーでの成績をそのまま信用することができないということである。これまでのパターンから述べると、イーグルカフェ、ロジック、マイネルホウオウのようにコース適性の差で追い込み切れず負けてしまった馬、またジョーカプチーノのように前潰れのハイペースに巻き込まれた馬など、極端な展開が向かなかった馬に限っては、本番で巻き返せる可能性があると考えてよい。

| | Comments (0)

神の領域


天皇賞春2017―観戦記―
ヤマカツライデンが大逃げを打ち、前半1000mが58秒3、後半が60秒2というハイペースをつくり出した。8ハロン目に1度だけ13秒台が刻まれたものの、中盤もほとんど緩みのない流れとなった。レコード決着となったのは馬場が硬かったからであるが、昨年と大きく違うのはレースの厳しさであり、スピードとスタミナを問われる天皇賞・春となった。このような極めてレベルの高い競走が観られると、(天皇賞・春こそが最強馬決定戦であると私は今でも考えているが)菊花賞や天皇賞・春といった長距離レース不要論を一蹴できるようで嬉しい。ほとんど全てのレースがスピード・瞬発力勝負に特化している日本の競馬においてこそ、3000m以上の距離をあえて設けてでも、本物のスタミナを問うべきなのである。

天皇賞・春を連覇したキタサンブラックは最強馬の称号に相応しい。昨年とはまるで違う流れを2番手で受けてそのまま押し切ったのだから、今年の勝利は価値が高い。しかも昨年よりも強くなっていることに素直に驚かされる。4歳時に天皇賞・春を勝って以降、さらに成長する馬などほとんど見たことがない。メジロマックイーンぐらいだろうか。他馬よりも明らかに大きなフットワークで、どこまでも駆けてゆく姿は真のステイヤーである。そのキタサンブラックでさえも、ラスト1ハロンは止まりかけていたと言うほどだから、いかに激しいレースだったか分かるだろう。そして、最後のひと踏ん張りが利いたのは、厩舎が王者の地位に甘んじることなく、キタサンブラックを鍛え上げてきたからである。どう考えても反動の出る内容のレースであるから、このあとは宝塚記念に参戦させることなく休養を取って、早目にフランスへ渡ってもらいたい。

武豊騎手はまたしても隙のない騎乗であった。スタートしてからゴールまで、ひとつとして無理をさせることなく、キタサンブラックの強さを引き出しつつ、他馬の良さを封じ込めた。今年で48歳となり、さすがに往年の武豊騎手ではないことは確かだが、そのことでかえって今はキタサンブラックのような先行して押し切る(逃げ切る)タイプの馬が合っているとも言える。若いときの筋力や柔らかさを生かして追い込んでくる競馬ではなく、行きたがる馬をなだめつつ絶妙なペース判断と仕掛けのタイミングで勝負するということだ。年齢や経験に応じた、それぞれのステージでの名馬との出会い。最高のコンビで凱旋門賞を逃げ切る姿を見てみたい。

シュヴァルグランは好スタートから好位につけ、道中はリラックスして走り、最後までキタサンブラックに食らいついた。昨年とはレースの流れが違ったこともあり、今年は自然とシュヴァルグランのスタミナが引き出された。今回は相手が悪かったが、この馬の力は出し切っている。福永祐一騎手は一点の曇りもない攻めの気持ちを持ち、勝つつもりで乗っているのが伝わってきた。昨年は酷評したが、今年は負けたものの完璧な騎乗であった。

サトノダイヤモンドはキタサンブラックらを見ながら進み、折り合いもついて、最高の形で最後の直線を迎えたが、この馬としては伸びを欠いてしまった。今回のペースを考えると外を回ったことは誤差の範囲であり、単純に先着を許した1、2着馬の方がスタミナの面で上手であったということだ。ディープインパクト産駒は天皇賞・春を勝ったことがないように、3200mという距離はサトノダイヤモンドにとって決してプラスにはならなかった。3000mと3200mは違うということ、今回はスタミナを問われるレースになったことで、スタミナ不足が明確化してしまったのである。その文脈において、宝塚記念に出てくればこの馬を負かすことは難しいが、凱旋門賞にはキタサンブラックの方が向いている。

| | Comments (14)

« April 2017 | Main