« ヴィクトリアマイルを当てるために知っておくべき2つのこと | Main | ヴィクトリアマイルはスピードレースである »

これ以上望むところはないミッキークイーン:5つ☆

ミッキークイーン →馬体を見る
若駒のころと馬体のシルエットは変わらず、かつ筋肉のメリハリが増している。
怪我による休養を全く感じさせない好馬体で、これ以上望むところはない。
Pad5star

クイーンズリング →馬体を見る
年齢的なものもあるのか、もうひと絞りできそうな胴回りで、余裕を感じさせる。
馬体が立派な分もあるのか、顔つきからは気持ちの面ではナーバスになっている。
Pad3star

スマートレイヤー →馬体を見る
芦毛が白みを増しているが、7歳馬とは思えない筋肉量の多さを誇っている。
特に前駆のパワーアップが著しく、マイル戦でもこの力強さは生きるはず。
Pad3star

ソルヴェイグ →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうと、線の細さが目立ち、パワー不足は否めない。
トモに肉付きが豊富で、前回のように推進力に欠くことはないが、詰めはどうか。
Pad3star

アスカレビン →馬体を見る
思いのほか素晴らしい馬体で、特に前駆の力強さはこのメンバーでも通用する。
表情からも気持ちの強さが伝わってきて、いかにも走りそうな牝馬である。
Pad4star

レッツゴードンキ →馬体を見る
若駒のころから完成度の高い馬体を維持し、ここに来てさらにパワーアップ。
中長距離系の馬体ではなく、筋肉がしっかりとついた短距離馬のそれを誇る。
Pad45star

ジュールポレール →馬体を見る
ディープインパクト産駒らしく、いかにもバネがあって、走る素質に溢れている。
腹回りはやや寂しいが、前後躯はしっかりと鍛え上げられているのが分かる。
Pad4star

アドマイヤリード →馬体を見る
この馬も腹回りに寂しさがあり、それゆえに全体のシルエットも力強さに欠ける。
とはいえ、前躯の実の入りはなかなかで、気性的にスムーズに走れれば。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
若駒の時期に比べると、馬体が大人びてきたが、それでもまだ幼さを残す。
決して仕上がりが悪いわけではないが、筋肉のメリハリという点では今一歩。
Pad3star

ウキヨノカゼ →馬体を見る
いかにも短距離馬らしい胸前の厚さで、前走で1800mを勝ったのは驚き。
絶好調であるからこそ成しえる勝利であり、馬体もふっくらとして好仕上がり。
Pad3star

フロンテアクイーン →馬体を見る
皮膚が柔らかいのが目立つように、柔軟さと仕上がりの良さが伝わってくる。
もう少し筋肉のメリハリがついてくれば最高だが、現時点では文句なし。
Pad3star

|

Comments

治郎丸さんお疲れ様なんです(^^;自分はウキヨノカゼに期待してるのですがスマートレイアーが昨年と同じ枠も馬番も同じとゆうこともありさらに最近スマートレイアーは前目で競馬するようになり結果も付いて来てるのもあるので本命はスマートレイアーですね。対抗はダートでも結果を出してるレッツゴードンキー…ウキヨノカゼを本命にしたいのですがアタマはまでは少したりないのかと思いたくはないんですが…。東京も雨が降り芝の状態は酷く悪い状態ではないと思うのですが本日の傾向としては6枠から外の7枠8枠が有利な結果になっていましたね。馬場の状態が難しいので軸もブレて悩んでます。やっぱりドンキー軸にしようかなぁ(笑)

Posted by: ユビキタス | May 13, 2017 at 06:59 PM

ユビキタスさん

ヴィクトリアマイルはずいぶんと荒れましたね。

アドマイヤリードは分かるのですが、デンコウアンジュがまさかあれだけ切れるとは、競馬は難しいですね。

今回のレースはとにかく馬場が悪くなったことと、超がつくスローペースに流れたことが重なって、極端なレースになりました。

今週のオークス、来週のダービーは良馬場で行いたいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 16, 2017 at 09:50 AM

Post a comment