« エプソムCを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 牝馬らしからぬ力強いシルエットのマキシマムドパリ:5つ☆ »

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第24回)

Hitokuti24

たった数百分の一しか所有していない馬であっても、自らが選び、出資した馬が、レースで好勝負を演じることが、これほどまでに嬉しいことだとは思わなかった。クインアマランサスが最後の直線で内から伸びてきた瞬間、これまでの競馬では味わったことのない喜びが湧き上がってきたのだ。馬券が当たったときのあの熱狂的なそれではなく、ともすればそんな感情などなかったことにしてしまえそうなぐらいに淡い喜び。着順がどうのこうのというより、他馬よりも速く走ることができたという、ごく単純な感慨がそこにはあった。もしできるならば、彼女の馬房に駆け付けて、「頑張ったね」と褒めてあげたかった。

ところが、一口馬主として純粋な思いも、しばらくすると明確な期待へと形を変え、現実味を帯び始める。ひとつ上のクラスへと勝ち馬が抜けるということは、次は2着に入った馬にチャンスが回ってくる可能性が高い。当たり前すぎるほど当たり前の論理であり、2着に入った以上、次は勝てるのではないかという考えに憑りつかれてしまう。しかもこの馬にとって(おそらく)得意とするダートのレースに再び出走するというのだ。前走で騎乗した荻野極騎手も、クインアマランサスにはダート1800mぐらいのレースが合っていると言っており、現時点ではその条件に狙いを定めていけば、かなり上のクラスまでトントンと駆け上がってゆくかもしれないと私の頭の中では飛躍する。

現実はそう甘くはなかった。その予兆は、枠順が決まったときから薄々現れていた。15頭立ての15番枠を引いてしまったのだ。京都ダート1800戦における勝ちポジ(勝つために走るべきポジション)は内の2、3番手であり、他の競馬場の他のコースに比べても、勝ちポジの限定が強いコースである。勝つためには内の2、3番手を走らなければならず、そこを走るためには、内枠を引いて、馬をある程度は出していかなければならない。それほどダッシュや二の脚が速くないクインアマランサスにとって、外枠を引いてしまったということは、つまり勝ちポジを走るのは難しいということを意味する。簡単には勝たせてくれないのだ。私は冷静と情熱のあいだにいて、ゲートは開かれた。

クインアマランサスは思っていたよりも好スタートを切った。前走に比べるとレースの流れも乗れて、勝負どころでは外を回りながらも先団に取りつき、最後の直線では伸びあぐねたものの、納得の走りをして5着に敗れた。こんなものだ、というのがレース後の正直な気持ちであった。クインアマランサスにたずさわる者たちにとって、これまでの流れを考えると、次は勝つチャンスが十分にある、いや勝てると思うのは自然である。一口馬主の出資者から調教師、助手、厩務員などに至るまで、心のどこかでそろそろと考えている。しかし、よく考えて周りを見渡してみると、他の14頭の馬にたずさわるほとんどの人間も、濃淡の差こそあれ、同じような想いを抱いて出走してきているのである。勝ちたい、勝つはず、勝てるかもしれない。勝利を思わずして競馬をする者などいない。そのような思いがぶつかり合って、願いを叶えられるのはたった1頭しかいない。未勝利戦でさえ、競馬で勝つことが難しいのはそういうわけである。


15番ピンクの帽子です。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

遅くなりなりましたが、まずはクインアマランサス勝ち上がりおめでとうございます。
若干展開に恵まれた感はありますが勝ちは勝ちです。
そして勝ちパターンが見えてきたのは収穫だと思います。

Posted by: アダチ@おかやま | June 09, 2017 at 04:23 PM

アダチ@おかやまさん

どの馬も騎手も勝ちたいと思っているのですから、その中で勝つことは大変なことなのですね。

個人的には早めにダート戦線に変更して正解だと思います。

下手に芝で好走するより、良かったかなと。

差す競馬も板についてくるといいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 10, 2017 at 12:43 AM

見事な末脚でしたね!2,3戦目の経験が結果に見事に繋がったように感じました。あの末脚があれば、毎回最後まで諦めずに見ていられそうでいいですね(毎回、ハラハラするのかも知れませんが)。今回は他にも良く見える馬が結構いたので馬券はケンしてしまいましたが、出てくる度に馬体が良くなっているように見えますし、これからも楽しみにしてます。

僕の出資馬も先週デビューを果たしました(今年の新馬戦一番乗り)!2番人気の支持を得ましたが結果はブービー・・。デビュー前は「もしや、メジャーエンブレム級か!?」なんて掲示板でも騒いでたので、生でこの結果を目の当たりにした時はしばらく呆然としてしまいました。しばらく経って陣営から「発送前にメンコを外したらテンションが上がってしまい、終始、外へ逃げる格好でコーナーも逆手前で・・」とコメントがあり、全然競馬になってなかったんだなーというのが分かりました。こうやって深く見ることが出来るのも一口馬主の魅力ですね。

Posted by: やっとこ | June 10, 2017 at 07:54 AM

クインアマランサス初勝利おめでとうございます!
民放の競馬中継を録画してみていたのですが、「きょうのレース結果」のところで「1着、クインアマランサス!」って!
思わず巻き戻して2度見しましたよ!(笑)
これで、次のレースはじっくり考えて使ってもらえますね。
何はともあれ、ケガや病気をせず、毎レース元気に出走してくれますように!

Posted by: 桜 富士子 | June 10, 2017 at 05:10 PM

やっとこさん

ありがとうございます。

レースで勝つのは難しいんだなと思っていたので、まずは一安心しました。

やっとこさんの出資馬もデビューしたのですね。
それだけ人気になるということは、調教でも動いていて、能力が高い証拠だと思います。

クインアマランサスは坂路で動かないので、よく勝てたと思う反面、血統の良さが物を言ったのかなと思いました。

競馬の奥深さを一口馬主ライフでは教えてもらっています。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 10, 2017 at 07:42 PM

桜 富士子さん

ありがとうございます。

まさか勝てると思っていなかったので、嬉しかったです。

ひとつ勝てたので、将来を見据えて、今は放牧に出されています。

十分な休養を得て、次にターフに姿を現すときには、オープンくらいまで連勝して勝ち上がってもらいたいと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 10, 2017 at 07:44 PM

Post a comment