« 阪神芝2200m | Main | レコードタイムの信憑性の見極め方 »

ここにきて馬体が伸びてきたシュヴァルグラン:5つ☆

キタサンブラック →馬体を見る
実にキタサンブラックらしい馬体で、大きく見せずにバランスが優れている。
今年になってからは、力強い馬体を維持しており、今回も前2走と遜色ない。
Pad4star

ミッキークイーン →馬体を見る
この馬も前後のバランスが優れているが、ややトモの実の入りが物足りない。
リラックスした表情や立ち姿からは、疲れは取れて、調子は問題なさそう。
Pad3star

ゴールドアクター →馬体を見る
前駆は力強いが、トモの周りの筋肉のメリハリが物足りないのは変わらない。
もうひと絞りできそうな身体つきでもあり、変わり身の余地は残している。
Pad3star

サトノクラウン →馬体を見る
3歳馬の頃は細身で距離がこなせそうだったが、ここに来て力強くなっている。
その意味でも、距離は2000m前後がベストで馬場の重くなる宝塚記念は合う。
Pad4star

ミッキーロケット →馬体を見る
使い詰めであったが前走後に間隔を開けたことで、馬体はふっくらとして回復した。
とはいえ、やや腹回りに余裕があるように、もうひと絞りできないと苦しい。
Pad3star

シャケトラ →馬体を見る
前駆の盛り上がりや力感はずば抜けていて、その分、後躯が物足りなく映る。
馬体全体の重心が低く、タイプとしては距離短縮は望むところであろう。

レインボーライン →馬体を見る
古馬になってから馬体が少しずつふっくらとして、パワーアップしてきた。
表情からは気性の難しさが伝わってくるように、スムーズに走れるか次第。
Pad3star

スピリッツミノル →馬体を見る
ディープスカイ産駒はこう出ると分かるような、実に力強い馬体で距離はベスト。
このままダート競馬でも走れそうな、筋肉量と筋肉のメリハリを誇っている。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
ここに来て馬体(胴部)がさらに伸びて、後肢も後ろに出して、成長を遂げた。
走るハーツクライ産駒とはこういう馬体という典型で、あとは距離短縮がどうか。
Pad5star

ヒットザターゲット →馬体を見る
スラリとして過不足ない馬体だからこそ、ここまで長く走り続けられるのだろう。
皮膚の柔らかさは相変わらずで、このメンバーでも力は出し切れるはず。
Pad3star

クラリティシチ― →馬体を見る
いかにもダート馬らしい、筋肉のつき方であり、力強さはメンバーでもトップ。
ふっくらとして仕上がりは良く、あとは馬場の重さを生かせるかどうか。
Pad3star

|

Comments

Post a comment