« 勝ち切れない馬が勝つのはどのようなときか | Main | エプソムCを当てるために知っておくべき3つのこと »

地を這うように

Yasuda2017
安田記念2017―観戦記―
前年の覇者ロゴタイプが昨年同様に先頭に立ち、前半マイルが45秒5、後半が46秒0という、G1のマイル戦としてはごく平均的なペースでレースを引っ張った。47秒0-46秒0に流れた昨年と比べると確かに速いが、先行した馬たちが潰れるほどのハイペースでもない。ロゴタイプが粘ったのは当然のことで、言ってみれば、逃げた馬も差した馬もどこから行った馬にとっても勝つチャンスのあるレースになった。脚を余すことなく、スタートからゴールまで前が詰まることなく力を出し切ったかどうかが勝敗を分けた。

勝ったサトノアラジンは、スローにならなかったことに加えて良馬場で走れたことで、持ち前の末脚を十全に発揮することができた。追えば追うほど頭が低くなり、地を這うように伸びる様は父ディープインパクトを彷彿させる。今回の勝利を見ても、昨年のマイルCSにおける最後の直線の不利がどれだけ大きかったかが分かる。蒸し返すつもりはないが、あの不利がなければ勝っていたのはサトノアラジンであり、現行ルールに照らしてみても、ミッキーアイルと浜中俊騎手が降着にならなかったのはおかしい。サトノアラジンは展開や馬場に左右される面は否めないが、その末脚の確かさは2000mぐらいの距離までは変わらないはずである。

川田将雅騎手は、スタートから小細工することなく、直線に向いて大外に出して追い込んでみせた。長く良い脚を使うタイプの馬だけに、前をカットされてしまうと致命的になることを念頭に置いたコース取り。これしかないという騎乗ではあるが、余計なことをせず、やるべきことに徹した騎乗はさすが仕事人である。調教技術には卓越したものがある池江寿泰調教師と川田騎手のコンビの相性は極めて良く、忘れた頃にやってくるので注意すべき。

昨年は展開に恵まれたが、今年は力を出し切ってあわやの2着となったロゴタイプ。連覇はならなかったものの、7歳になっても衰えを見せないどころか、馬体も充実している。皐月賞を勝った当時は、「サンデーサイレンスに似ている」とさえ吉田照哉氏に評価されたほどの馬だけに、紆余曲折ありつつ、長きにわたって結果を出している。田辺裕信騎手の迷いのない騎乗も功を奏した。

レッドファルクスは最後まで伸びたが、仕掛けのタイミングが遅れてしまったことが響いた。馬群を上手く捌けていれば、サトノアラジンに肉薄していたはず。1200mのG1レースを勝ってはいるが、マイルの距離も全く不安を感じさせない、マイラーとしての走りであった。負けはしたものの、陣営にとっては収穫の大きなレースであったに違いない。

エアスピネルも同様に、最後の最後まで前が開かず、最後の200mぐらいしかまともに追えていない。ピリッと伸びる一瞬の脚で勝負するのではなく、どちらかというとパワーで押し切るタイプだけに、この馬の良さが発揮できなかった。ゴール板をすぎてからは先頭に立っているだけに、この馬も脚を余していなければ勝ち負けに加われていたはず。パトロール映像で見る限り、前が開いていれば勝っていたかもしれず、抜け出すスペースが全く開かなかったのは不運としか言いようがない。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

Post a comment