« 集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第25回) | Main | 現代の日本競馬は枠順のゲームである② »

反動は感じさせないセイウンコウセイ:5つ☆

★ユニコーンS
リエノテソーロ →馬体を見る
前走同様に、バランスが良く、筋肉量も素晴らしい馬体を維持している。
ただ、前走と比べてしまうと、やや筋肉のメリハリにおいて物足りないか。
Pad45star

ハルクンノテソーロ →馬体を見る
前駆が勝っていて、力強く、いかにもダート馬らしい体型を誇っている。
顔つきを見ると、まだ幼さを秘めているようで、スムーズにレースができれば。
Pad3star

アンティノウス →馬体を見る
立ち姿のバランスは取れているが、腹回りとトモの肉付きに寂しさがある。
母父ネオユニヴァースの影響が出ているため、典型的なダート馬ではない。
Pad3star

アディラート →馬体を見る
ルーラーシップ産駒らしく、表情からは気性の激しさが伝わってくる。
手脚の長さが物足りないが、上体には豊富な筋肉がついてパワータイプ。
Pad3star

サンライズソア →馬体を見る
馬体のシルエットは将来性を感じさせるが、全体的に実が入り切っていない。
それでいて走っているのは、気性の前向きさと仕上がりの良さゆえであろう。
Pad3star

リヴェルディ →馬体を見る
腹回りに余裕があるように映るが、この馬の体型であり、気にする必要はないか。
前後にバランス良く実が入り、繋も立っていて、ダートは適している。
Pad3star

★CBC賞
ブランボヌール →馬体を見る
若駒の頃に比べて、前駆に力強さが出てきて、短距離馬らしい馬体になった。
パワーもついてきているので、現在は1200mの距離がベストである。
Pad3star

シュウジ →馬体を見る
細かいところまで馬体は研ぎ澄まされていて、仕上がりは申し分ない。
あとは気持ちの問題で、若駒の頃に見せていた最後の踏ん張りを取り戻せるか。
Pad4star

イッテツ →馬体を見る
首が高い位置にあり、距離が延びるとバテやすくなるのでスプリントがベスト。
表情からは気性の難しさが伝わってきて、レースに行ってそれが出なければ。
Pad3star

セイウンコウセイ →馬体を見る
G1レースを勝ったからではないかもしれないが、バランスの良さが目立つ。
前後にふっくらと実が入って、高松宮記念の反動は馬体からは感じさせない。
Pad5star

クリスマス →馬体を見る
馬体だけを見ると、短距離馬のそれとは思えないほど、随所に伸びがある。
この馬がスプリント戦を得意としているのは、気性面で激しさがあるからだろう。
Pad3star

エポワス →馬体を見る
クリスマスとは対照的に、この馬の馬体はガッチリとして、パワータイプのそれ。
9歳馬らしく皮膚の厚さを感じさせるところもあるが、仕上がりは良い。
Pad3star

|

Comments

Post a comment