« 芯の入った好馬体を誇るウインガニオン:5つ☆ | Main | アイビスサマーダッシュを当てるために知っておくべき3つのこと »

自分を信じつづけることで、正しく賭けられる

Cover

競馬を始めた頃、馬券が外れてはふて寝をしていた。悔しくて仕方なく、自分の感情を抑えることができず、ただ眠りに落ちるのを待つしかなかった。ときには胃液が逆流しそうになるほどの苦しみを味わうこともあったし、しばらくの間、言葉が発せなくなるほど動揺することもあった。ちょうど全能感に溢れていた若かりし時期でもあり、こちらが激しく思えば思うほど、馬券が外れたときのカウンター(反動)もそれだけ激しかった。たまに馬券が当たって有頂天になることもあったが、ほとんどはそうではなく、世の中と自分との間にある溝の大きさにその都度絶望した。週末になると、私は奈落の底に突き落とされ、一週間かけて再びはい上がる。そんなことを繰り返し、すでに20年以上が経ってしまった。

良かったと思えることは、自分が傷つけられることに慣れたことだ。毎週末、自分の考えが間違っていることを知らされ、思い込みを指摘され、現実は自分の思っているとおりにはならない事実を突き付けられる。本気で想えば思うほど、傷つけられるのだ。傷つけられたくなければ、もう競馬なんかさっさとやめてしまえば良いのに、やめるという選択肢はなかった。私にとって競馬をやめるのは生きるのをやめることに近い。何度傷つけられても、何度でも立ち上がって、とにかく生きる。四半世紀もこのようなことをしていると、打たれ強くなるものだ。

あなたが本気で馬券を買うならば、打たれ強くならなければならない。私たちが馬券を買って外れてしまうときの感覚は、ボクサーがパンチを受けたときのそれに近いのではないかと思うことがある。作家の沢木耕太郎氏は、モハメド・アリの言葉を引きつつ、偉大なボクサーとぼんくらなボクサーとの違いをこう綴った。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*函館2歳Sの予想と馬券を公開中です。

|

Comments

次郎丸さん
こんばんは。
信じることは簡単だけど信じつづけることは難しいですよね。
同じように見えるけど「信じる」と「信じつづける」ことではまったく違うことだと思います。
よくある話ですが、恋人に浮気をされたとしましょう。こんな時によく聞くのが「信じていたのに裏切られた」という言葉です。
この言葉を聞くと本当に信じていたのかと思うことが多々あります。一度でも疑ったことがなかったですか?どこかで予想してなかったですか?と問いかけたくなります。
言葉は口にするのは簡単だけど それを貫き通すのは難しいことです。
信じつづけるということは裏切りも含め信じるという意味だと私は解釈しています。
信じることに覚悟はいらないけど、信じつづけることには覚悟がいるように思います。
それを最近ではゴールドシップに教えらました。三連覇のかかった宝塚記念でゲートで立ち上がり惨敗したゴールドシップの姿に笑ってしまいました。これが競馬だし、これがゴールドシップという馬なんだと改めて知らされました。あの日の外れ馬券もいまでは宝物です。お金は失ったけれど、それ以上のものをゴールドシップは与えてくれました。生き抜くための強さとでもいっておきましょうか。昨日より今日、今日より明日の自分が強くなるよう日々を過ごしています。力では負けても 精神では 男よりも強い女になりたいです。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | July 30, 2017 at 07:10 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

おはようございます。

信じつづけることは難しいですね。

信じることは一瞬ですが、信じつづけることは、パンチを食らってももちこたえて、立ち続けることだと思います。

ゴールドシップは私たちに信じつづけることを問う馬でしたね。私は信じつづけることができずに、彼とは相性が悪かったです。

馬券を買っていてウイリアムズ騎手で天皇賞春を負けたときは唖然としましたが、翌年は馬券を買わずにいたら勝ってしまいこれまた唖然としました(笑)

お互いに強くなれるように頑張りましょう。

Posted by: 治郎丸敬之 | August 01, 2017 at 08:42 AM

Post a comment