« ラジオNIKKEI賞を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 現代の日本競馬は枠順のゲームである③ »

3歳馬とは思えない馬体タイムトリップ:5つ☆

☆CBC賞
シャイニングレイ →馬体を見る
母系の力強さが前面に出ていて、馬体のつくりはまさに母そっくり。
母系の馬体が表に出ているディープインパクト産駒は走るので、期待したい。
Pad45star

メラグラ―ナ →馬体を見る
牝馬としては雄大な馬体を誇り、馬体重の大きさの割には大きく見せない。
顔つきを見ると、やや繊細なところがあるようで、この馬のレースが出来るか。
Pad45star

ティーハーフ →馬体を見る
高齢馬ということもあってか、筋肉のメリハリに乏しく、やや衰えを感じさせる。
とはいえ、前駆の力強さは相変わらずで、気持ちもスッキリしているような表情。
Pad3star

トウショウドラフタ →馬体を見る
毛艶は素晴らしく、体調の良さを物語っていて、ここを狙ってきたよう。
腹回りにやや余裕はあるが、前駆は力強く、トモの肉付きがついてくれば。
Pad4star

スノードラゴン →馬体を見る
往年時の迫力には至らないが、相変わらず筋肉の質は柔らかみを保っている。
コジーン系の成功した産駒は筋肉が硬くならないので、スプリンターとしてはいい。
Pad3star

タイムトリップ →馬体を見る
3歳馬とは思えないほど、全体のバランスが取れていて、前後のバランスも良い。
このメンバーに入っても遜色ない馬体であり、好勝負に持ち込めるはず。
Pad5star

☆ラジオNIKKEI賞
クリアザトラック →馬体を見る
コロンとして映る馬体は、パワーに溢れるが、いかにも距離適性は長くなさそう。
母父フレンチデピュティの血が出ているのだろう、距離短縮で走ってきそう。
Pad3star

サトノクロニクル →馬体を見る
さすが池江厩舎という、きっちりと鍛えられて仕上げられた好馬体を誇る。
表情もリラックスしており、絶好調でレースに向かえるはずである。
Pad45star

バルべーラ →馬体を見る
前駆は力強いが、胴部には短さがあり、どうしても全体的にコロンと映る。
そして、顔つきからは、他の馬たちに比べると幼さを残しているのが課題。
Pad3star

セダブリランテス →馬体を見る
肩や胸前など、前駆の盛り上がりが素晴らしく、ここがこの馬の馬体の長所だろう。
胴部にも十分な長さがあり、もうひと絞りできれば、距離は延ばせる。
Pad4star

ニシノアップルパイ →馬体を見る
馬体は大きく見せないが、運動神経の機敏さが目立っている馬体で好印象を受ける。
付くべきところに筋肉がついて、パワーというよりもバネがありそう。
Pad3star

ライジングリーズン →馬体を見る
ブラックタイド産駒は良く見せないときの方が走っている印象があり、難しい。
それでも胴部や後ろ肢の長さに十分があり、距離は延びてこその馬だろう。
Pad4star

マイネルスフェーン →馬体を見る
どこから見ても馬体の幼さを残しているが、もう少し成長を待ちたい1頭。
あえて夏の休養を取らないで走らせる意味が分からないが、狙った1戦。
Pad3star

|

Comments

Post a comment