« 現代の日本競馬は枠順のゲームである③ | Main | プロキオンSを当てるために知っておくべき3つのこと »

「還暦ジョッキー」 的場文男

Kanrekijokey

的場といえば、グラスワンダーやライスシャワーを駆って中央競馬の舞台で大活躍した的場均から入り、次第に大井競馬を主戦場として一線級で戦い続ける的場文男に行き着いた。私にとって的場文男は地方競馬の象徴であり、赤地に白い星の勝負服が先頭に躍り出て、砂の上に舞う一瞬を見たくて、大井競馬場に足を運んでいた。その頃、大井競馬場に到着してレーシングプログラムを手に取り、予想をする際、最初に行うことは、騎手欄から的場文男の名前を探すことであった。そうすることで有力馬を知ることができ、なおかつ高い確率で当たり馬券を手にすることができた。もちろん的場文男がいつも勝つわけではなかった。的場文男が騎乗した馬は、たいていの場合、私の予想よりも上の着順に来たし、私が勝てると思った馬はほぼ確実に勝利へと導かれた。的場文男騎手の全盛期には、私はこの方法で、生まれて最初で最後の単勝4連勝を達成した。この日は、馬券が外れる気がしなかった。

いつしか私が大井競馬場に通わなくなってからも、的場文男騎手は馬に乗り続け、そして勝ち続けた。今年の5月17日に地方競馬7000勝の大台に乗せ、さらに地方競馬最高齢重賞勝利記録を塗り替え続けている。地方競馬に見切りをつけ、中央競馬に移籍するトップジョッキーも多い中、なぜ的場文男騎手はあんなにも高いテンションと情熱を持って大井競馬場で乗り続けられるのか。もしかするとその答えやヒントが見つかるかもしれないと思い、この本を手に取ってみた。結論から言うと、何ら特別なことはない、彼にとって大切なことは馬に乗って勝つことであり、いつまでも勝ち続けたいのである。それ以上でもそれ以下でもない。だからこそ、毎日馬に調教をつけ、レースでは目一杯に追い、自身の身体を鍛えつつも労わることを忘れない。意外にもシンプルな答えに、私は安心した。

的場文男騎手といえば、悲願の東京ダービーが語られることが多い。7000もの勝利を積み上げてきたにもかかわらず、その中になぜか東京ダービーだけは入っていないのだ。的場文男騎手の言葉から察するに、東京ダービーを勝っていないことにはそれほどこだわっていないようにも聞こえるが、実はかなりこだわっているようにも想像できる。人間は手に入れたものよりも、手に入らなかったものに心を奪われてしまうのが常であり、的場文男騎手とてひとりの人間なのである。しかし、本を読み進めていくにつれ、東京ダービーを勝てなかった的場文男騎手の想いほど、競馬の奥深さを語っているものはないと思えるのだから不思議である。

的場文男騎手が今まで乗った中で最も強いと感じたマルゼンアディアルは、羽田盃を楽勝したのち、脚元が熱を持ったので東京ダービーを回避して手術したら何ともなかった。ナイキジャガーも羽田盃までは勝てたものの、東京ダービーには出られなかった。最も悔しかったのは、ブルーファミリーだという。気性が激しかった同馬は、外枠を希望しつづけたまま東京ダービーまで来たが、外枠では勝てないと進言する的場文男騎手と外枠を希望する調教師の意見が食い違い、結局外枠を希望したことで外を回らされて敗れてしまった。勝てばドラマになるが、勝たなくても、いや勝てなかったからこそ、競馬の物語は深いのである。それでも多くの競馬ファンがそう願うように、私もいつの日か、的場文男騎手には東京ダービーを勝ってもらいたい。

|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様なんです(๑>◡<๑)

南関東ならず後にも先にも日本でこれだけの凄い騎手は的場文男さんだけでしようね。年齢や他の記録にしてもまさに神々の領域に入ってますね。この年齢でまだ第一線で他の騎手にヒケをとらないんですから騎手の常識を超えてますよね。ほんとうに馬がスキで競馬がスキなんでしようね。人気馬に乗り負けて後のレースで何らかのインタビューを受けたときでもさっきのレースは人気馬なのに負けてしまい申し訳ありませんといい訳などせずに潔く事実を真摯に認めるとこなんかが的場文男騎手らしくてだからみなさんから愛される騎手なんでしようね。これからも一鞍でも多く長く乗ってもらいたいですね。

Posted by: ユビキタス | July 08, 2017 at 06:15 AM

ユビキタスさん

私はまだ的場さんの年齢に達したことがないので、正直に言うとはっきりとは分かりませんが、この年齢であれだけのハイレベルな騎乗が出来ること自体が恐ろしいことだと想像します。

もう年齢ではなく、ひとりのジョッキーとして、日本競馬界の至宝なのだと思います。

負けてしまってすいませんと答えるんですね。
僕はそういう騎手は好きですね。
勝てるレースでも勝てないこともありますから、騎手にそう言われると納得できますからね。

Posted by: 治郎丸敬之 | July 10, 2017 at 02:39 PM

Post a comment