« キーンランドCを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 新潟2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第27回)

Hitokuti27_2

クインアマランサスが放牧に出てから、しばらくの時間が経った。一口馬主は自身の馬が出走していないと時が止まるし、厩舎にすら入っていなければなおさらである。私の場合、もうかれこれ2か月の時が止まっていることになる。もちろん、その間にも現況報告のメールがシルクホースクラブから送られてくる。このあたりは実にサポートがしっかりとしていて、日常生活の中でふと忘れてしまいそうになる、自分が一口馬主であることを一瞬でも思い出させてくれる。

近況
クインアマランサス[父 キングカメハメハ : 母 ヒカルアマランサス]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

7月21日
厩舎長「トレッドミルで負担が掛からない程度に調整していましたが、だいぶトモの状態が良くなってきましたので、トレッドミルのペースを少しずつ上げていこうと思います。それで変わりがなければ、来月から騎乗していくことを考えています。馬体重は499kgです」

7月28日
厩舎長「この中間もトレッドミルで調整していますが、順調に調子が上向いていますし、来月あたりから騎乗調教を開始していくことを考えています。ここまできたら良くなっていく一方だと思うので、トレッドミルで運動をしっかり継続して次のメニューに備えていきたいと思います。馬体重は498kgです」

8月4日
厩舎長「少しずつ良くなってきているものの、もう少しトレッドミルで時間を掛けて運動を行っていく方が良いかもしれませんね。硬さもまだ少し残っているので、ここで無理に進めて悪くなってしまうと余計に時間が掛かってしまいますから、焦らず馬の状態に合わせながら進めていきたいと思います。馬体重は494kgです」

8月11日
厩舎長「引き続きトレッドミルで運動を行っています。普段後ろ脚は裸足にしているのですが、蹄鉄を履かせたことでだいぶ楽にトモを踏ん張れるようになりましたね。無理せずじっくり進めてきたことも良かったのだと思いますし、今の感じなら来週あたりから騎乗調教を開始することが出来そうです。馬体重は497kgです」

8月18日
厩舎長「トモの状態が良くなってきたことで、順調に調教を進めることが出来ていたことから、今週から周回コースに入れて乗り出しています。歩様の硬さが取れたことで状態は上向いてきましたので、この調子で進めていくことが出来れば坂路調教も取り入れていくことが出来るでしょう。馬体重は498kgです」

この夏休みはトレッドミルを中心に使ってトレーニングが行われてきたようだ。ご存じない方のために簡単に紹介しておくと、トレッドミルとは屋内でランニングやウォーキングを行うための器具である。スポーツジムに行くと、たくさんの人が乗って、走って(歩いて)いるあれのサラブレッド用である。もともとはオーストラリアで使われて、その効果が認められてアジアに渡ってきたものであり、オーストラリアではトレッドミルだけで調教して、コースで調教することなくレースに出走させる調教師も出てきているほどだ。

トレッドミルによるトレーニングの最大の利点は、馬の脚元や背中に余計な負担をかけないことである。トレッドミルは横で手綱を握っているだけで良いため、人間が背中に乗る必要はない。そのため、馬は裸で(背に人間を乗せることなく)走ることができ、脚元への負荷が激減するだけではなく、背中を痛める心配もない。どう考えても、馬にとって人間を背に乗せることは不自然であり、だからこそ、サラブレッドにまつわるアクシデントの多くは人間が背に乗っているときに起こり、また乗り出しが最も要注意になる。

特に、放牧に出されて、馬体と気持ちを一旦緩めてから再び乗り出すときは、馬が暴れて脚をひねったり、立ち上がって背中の筋を違えたりすることが多い。トレッドミルを使うことで、そうした人間が背中に乗ることによって起こるアクシデントを回避できるのだ。クインアマランサスもトレッドミルを使うことによって、背中やトモに負担を掛けることなく、心肺機能を整え、馬体もひと回り以上大きく成長してきている。今月からはコース調教を取り入れ、これからは坂路調教へと進んでゆく。トレッドミルの効果がどの程度あるのか、次走における走りを見てみたい。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

海外ではトレッドミルでの調教でレースに出走する例があるんですね!僕の出資馬も前走後、足下に軽い腫れが出てトレッドミルのみの調教が続いてるみたいで、まだまだ時間がかかるのかな~と思ってたのですが、キチンと鍛えられているのであれば足下の不安が払拭されれば出番は近いのかも知れません。

今年も募集が始まりましたね!今回はロードカナロアにしてみました。一次募集で5倍ぐらいの倍率でしたが見事当選。全妹も秋デビューが目標らしいのでそちらも楽しみです。

Posted by: やっとこ | August 25, 2017 at 07:33 PM

やっとこさん

当選おめでとうございます!

私はピンと来る馬がおらず、もしかすると今年の募集は見送るかもしれません。

現2歳馬がデビューしてくれないと、なかなか先が見えないですよね。

ロードカナロアは確実に成功する種牡馬だと思います。そういう期待も込められてか、初年度産駒から結構な値段ですよね。

トレッドミルはかなり有効らしいので、出番はやってくると思いますよ。

お互いに出資馬の活躍を願いましょう!

Posted by: 治郎丸敬之 | August 25, 2017 at 08:14 PM

Post a comment