« 「競馬感性の法則」 | Main | 新潟競馬場はアウトインアウトで走れる馬を狙ってみる »

馬体が四角に映るダノンリバティ:5つ☆

★関屋記念
メートルダール →馬体を見る
首差しがスラリと長く、胴部にも十分な長さがあり、距離は延びて良いタイプ。
筋肉のメリハリという点では物足りないが、全体的なバランスは素質馬のそれ。
Pad3star

ロードクエスト →馬体を見る
絶好調であった3歳時と比べても、大きくは変わってきていない印象を受ける。
顔つき(頭の形)を見る限りにおいて、気性的に難しいところがあり、流れ次第か。
Pad3star

ヤングマンパワー →馬体を見る
全体のシルエットが美しく、距離は延びて良く、新潟のマイル戦は合っている。
絶好調時に比べると、もうひと絞りできる馬体であり、ここを叩いてからか。
Pad3star

ウインガ二オン →馬体を見る
仕上がりの良かった前走時と比べて、ひと呼吸入れたのか、腹回りに余裕がある。
それでも好調を維持しているのは確かであり、勢いを感じさせる雰囲気をまとう。
Pad3star

ダノンリバティ →馬体を見る
ダート戦を経て、馬体が四角に映るように、力強く、立派になってきている。
暑さに負けたような表情もなく、気持ちも乗って、今回も好走は間違いないだろう。
Pad5star

ブラックムーン →馬体を見る
コロンとした腹回りは、もうひと絞りできそうな余裕を感じさせる。
皮膚の柔らかみが伝わってきて、それゆえに距離はマイル戦まで持つのだろう。
Pad4star

★エルムS
ピオネロ →馬体を見る
前駆が勝っている馬体で、いかにもダート馬らしく、トモに物足りなさがある。
馬体が減ってきている割には、腹回りに余裕があり、もうひと絞りできそう。
Pad3star

モンドクラッセ →馬体を見る
手脚がスラリと長く、父アグネスデジタル同様に、芝でも走れそうな馬体。
夏場は合っているのか、馬体全体がきっちりと絞れて力を出し切れる仕上がり。
Pad3star

クリノスターオー →馬体を見る
黒光りする馬体は、相変わらず見栄えがして、今回もすっきりと仕上がっている。
胴部に長さがあるため、小回りコースをどう立ち回るかが勝負のポイント。
Pad3star

テイエムジンソク →馬体を見る
クロフネ×フォーティーナイナーという血統構成がずばりとハマった好馬体。
もうひと回り馬体に筋肉がついてくれば、さらに上のレベルで戦える器。
Pad4star

ロンドンタウン →馬体を見る
馬体がふっくらとしているが、もう少し筋肉のメリハリがほしいところ。
立ち姿にはやや浮ついたところがあり、今ひとつレースに集中できていないか。
Pad3star

メイショウスミトモ →馬体を見る
馬体全体のシルエットはスラリと美しいが、トモの肉付きに物足りなさがある。
血統的にはダートだが、馬体を見ると芝のレースで力を発揮できそうな馬体。
Pad3star

|

Comments

Post a comment