« 中山芝1200m | Main | 最強にして生粋のスプリンター、サクラバクシンオーの血を引く馬を狙え »

美しいシルエットを誇るダンスディレクター:5つ☆

セイウンコウセイ →馬体を見る
スプリンターらしく重厚感があって、全体的にバランスの取れた馬体は相変わらず。
レース間隔は開いたが、筋肉のメリハリは十分で、この馬の力は出し切れる仕上がり。
Pad4star

レッドファルクス →馬体を見る
馬体を見る限りは、短距離馬の馬体というよりは、マイラーのそれにあたる。
距離的には短いが、スタミナを問われる厳しい流れになったときに浮上する。
Pad3star

スノードラゴン →馬体を見る
筋肉の柔らかさはそれほど変わらないが、馬体のバランスはさすがに崩れてきた。
黒目がちな表情からも、気性面では落ち着いており、安定して末脚を発揮できる。

ファインニードル →馬体を見る
前後躯にしっかりと実が入っており、前走の好調をそのまま維持している馬体。
コロンとして映るように、胴部は詰まっているため、距離は1200mがベスト。
Pad4star

ラインミーティア →馬体を見る
首差しが水平に真っ直ぐ伸びており、このあたりが最後まで伸びる馬体の良さ。
とはいえ、手脚の短さがあって、重心が低いため、1200mが距離の限界か。
Pad3star

ダンスディレクター →馬体を見る
首差しにも胴部にも十分な長さがあって、美しいシルエットを誇っている。
休養明けをひと叩きされて、筋肉にもメリハリが出て、この馬としては最高の出来。
Pad5star

ダイアナへイロ― →馬体を見る
ふっくらと筋肉がついて、夏場を使ってきた疲労は全く感じさせない。
顔つきからは気性の難しさを感じさせ、いかにスムーズにレースを運べるかどうか。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
相変わらず牡馬顔負けのパワフルな馬体を誇っているが、成長している感はない。
凛とした表情も素晴らしく、休み明けでも気持ちは前向きになっている。
Pad4star

フィドゥーシア →馬体を見る
このメンバーに入ると、まだ線の細さが残っていて、力強さに欠ける馬体に映る。
枝の長いシルエットは将来性の高さを物語っているが、現時点では今一歩か。
Pad3star

ビッグアーサー →馬体を見る
ぶっつけで臨んでくるためふっくらとしているが、さすがの貫禄を漂わせる。
筋肉にメリハリもあって、毛艶も冴え、力を出し切れる仕上がりにある。
Pad45star

モンドキャンノ →馬体を見る
手足はスラリと伸びていて、筋肉がしっかりとついてくれば良い馬体になる。
現時点では古馬に比べると線の細さが否めず、パワー勝負では分が悪い。
Pad3star

メラグラ―ナ →馬体を見る
胴部に伸びがあって、ストライドが大きそうな馬体で小回りコースはどうか。
重心が低いため、スプリント戦がベストであり、トモにしっかりと実が入った。
Pad3star


|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様です(^^;今回は休みあけの実力馬や格下の上がり馬や伏兵達もたくさんいるので難しいですね。しかし混戦とゆわれるレースでもメンバーが上がれば最後にモノをいうのはコース適正&経験だと思っています。今回伏兵達にも充分付け入る隙があり一見どこからでも入れるような気がしますがこういうレースこそ上位人気で決まることが多い気がします。馬券を買う方としても真価が問われますね。単勝にするのか複勝にするのか3連複はたまた3連単…悩みますね。

Posted by: ユビキタス | September 30, 2017 at 03:01 PM

ユビキタスさん

こんばんは。

スプリンターズSはどの馬にもチャンスがあるレースでしたが、終わってみると、ユビキタスさんの見越し通り、レッドファルクスの力が一枚も二枚も抜けていましたね。

2着以下は乗り方や展開次第で大きく変わってきたと思います。

レッドファルクスは馬体から好不調の分かりにくい馬だけに、立ち写真で判断するのは難しいです(涙)

Posted by: 治郎丸敬之 | October 03, 2017 at 09:13 PM

Post a comment