« セントライト記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | ダービーの内容から種牡馬としての活躍を占う »

馬体がふっくらと仕上がったファンディーナ:5つ☆

★ローズS
ファンディーナ →馬体を見る
春シーズンに無理をさせなかったことで、馬体がふっくらとして仕上がった。
前後のバランスも、筋肉の柔らかさやメリハリも素晴らしい。
Pad5star

レーヌミノル →馬体を見る
比較的すらっとして、馬体は薄く、ダイワメジャー産駒らしからぬ体型を誇る。
その分、単なる短距離馬ではなく、距離も2000mぐらいまでなら。
Pad4star

モズカッチャン →馬体を見る
重心が低く、全体的に筋肉量が多いため、どっしりとして映るのが特徴。
毛艶は良く、筋肉の柔らかみがあり、休養を挟んで疲れは完全に癒えた。
Pad4star

リスグラシュー →馬体を見る
春当時も幼さを残していたが、夏を越してもあまり大きくは成長していない。
腹回りには余裕がなく、もう少しふっくらしている方が仕上げやすいはず。
Pad3star_2

カラクレナイ →馬体を見る
胴部には十分な長さが出てきているように、本質的には中距離馬なのでは。
やや前駆が勝っているため、今回もある程度は後ろの位置からの競馬になる。
Pad4star

★セントライト記念
クリンチャー →馬体を見る
胴部がコロンとして詰まって映るように、パワータイプの馬体を誇る。
力強い馬体を生かしてどこまで走るかだが、ダートの方が良さが出そうなタイプ。
Pad3star_2

ミッキースワロー →馬体を見る
筋肉量が豊富で、メリハリも素晴らしく、菊沢厩舎らしい馬体になっている。
もうひと絞りできれば完璧であり、馬体全体のバランスも良い。
Pad4star

アルアイン →馬体を見る
春当時からある程度完成されていたので、夏を越して大きく変わった感はない。
各パーツに余裕は残しているが、付くべきところに筋肉が付いて走れる仕上がり。
Pad3star_2

サトノクロニクル →馬体を見る
こちらは胴部がやや詰まって映るように、ハーツクライ産駒にしては伸びがない。
顔つきを見ると、気性の難しさが伝わってきて、スムーズにレースができるかどうか。
Pad3star_2

プラチナヴォイス →馬体を見る
首差しが長く、馬体全体に長さがあって、距離が延びても対応できそうな好馬体である。
前駆だけではなく、トモにも十分な筋肉がついて、このメンバーでも十分に通用しそう。
Pad4star

|

Comments

Post a comment