« 京都芝2000m(内回り) | Main | 強い逃げ馬が2頭いるとき、“行った行った”は起こる »

自信に溢れている立ち姿と表情のアエロリット:5つ☆

ファンディーナ →馬体を見る
いかにも大型馬らしい、全体的に伸びがある理想的なシルエットを誇る。
ふっくらとして、つくべきところに筋肉がついて、ようやく力を出せる仕上がりに。
Pad4star

リスグラシュー →馬体を見る
前走は春からの成長が全く感じられなかったが、今回は筋肉のメリハリがついている。
ひと叩きされて、前駆がしっかりと盛り上がり、大きく上積みのある馬体。
Pad4star

ミリッサ →馬体を見る
腹回りがしっかりとしている割に、手足が長く、首差しも細くてアンバランス。
首の位置がやや高く、姉ほどに追って伸びるタイプではないので前に行くべきか。
Pad3star

モズカッチャン →馬体を見る
現時点でも腹回りにまだ余裕が残っていて、もうひと絞りできそうな仕上がり。
それでも、前後躯にパワーが漲っていて、京都芝の内回りコースは合いそう。
Pad3star

レーヌミノル →馬体を見る
春当時と変わらない線の細さがあり、どちらかと言うとスプリンター体型ではない。
胴部にも伸びが出て来ているが、いかんせん筋肉のメリハリが乏しくピリッとしない。
Pad3star

ディアドラ →馬体を見る
同じハービンジャー産駒のモズカッチャンと比べて、こちらの方が全体的に軽さがある。
最終的に走ってくるのはこちらのタイプだが、パワーを問われるコースでは互角か。
Pad3star

カリビアンゴールド →馬体を見る
手脚の長さが若干短く、胴部に伸びがあっても、重心が低く映るのは仕方ない。
毛艶は素晴らしく、皮膚も薄さを保っていて、調子はすこぶる良さそう。
Pad4star

ラビットラン →馬体を見る
走っているときの姿と比べて、立ち姿はさすがダート血統の馬らしく力強い。
特に前駆の盛り上がりから、やや腰高に映るぐらいのトモの充実は素晴らしいのひと言。
Pad4star

カワキタエンカ →馬体を見る
寒くなってきたにもかかわらず、毛艶は良いが、皮膚はやや厚さが残っている。
前後のバランスが優れていて、一介の逃げ馬ではないことが伝わってくる。
Pad3star

アエロリット →馬体を見る
前走に引き続き、黒さの目立つ馬体で、絶好調の状態を維持していることが分かる。
立ち姿から表情まで、自信に溢れていて、G1を制して古馬を倒して充実一途か。
Pad5star

ポールヴァンドル →馬体を見る
ダイワメジャー産駒にしては珍しい芦毛の馬体だが、馬体のつくりはいかにも。
やや重心が低いのも、パワーに溢れる筋肉のメリハリも良く、大崩はしないだろう。
Pad3star

リカビトス →馬体を見る
首を中心にして線の細さが目立つが、前駆はしっかりとして後躯にも実が入っている。
欲を言えば、もう少し胴部に伸びが出てくれば、G1レースの厳しさに対応できる。
Pad3star

|

Comments

Post a comment