« 京都芝3000m | Main | 勝負師・岩田康誠騎手がハナ差で勝利する »

一瞬の脚には欠けるがスタミナはあるサトノクロニクル:5つ☆

キセキ →馬体を見る
どちらかというとスマートな馬体で、手脚も長く、距離延びても心配なさそう。
あばらが浮いているように、きっちりと絞れて、しかもトモの実の入りも良い。
Pad3star

ダンビュライト →馬体を見る
同じルーラーシップ産駒としては、キセキよりはパワー型に出ている馬体。
その分、距離延長には不安が残るが、馬場が悪くなってパワー勝負になれば。
Pad3star

クリンチャー →馬体を見る
このメンバーに入ると、幼さが残る完成度の低い馬体で見劣りするのは仕方ない。
とはいえ、前後のバランスは整っており、安定して力を出し切れるタイプ。
Pad3star

ミッキースワロー →馬体を見る
コロンと映るように、馬体はもうひと絞りできそうで、幼さを残している。
顔つきからも気性の難しさが伝わってきて、距離が延びて折り合いに不安あり。
Pad3star

ウインガナドル →馬体を見る
夏を越して馬体に成長が窺えるように、筋肉がつき、ずいぶんとたくましくなった。
腹回りに余裕があるので、もうひと絞りできれば、粘りが増すのではないか。
Pad4star

プラチナヴォイス →馬体を見る
胴部にも十分な長さがあり、余分な筋肉もついておらず、いかにもステイヤー体型。
母父マンハッタンカフェの影響が出ているのか、距離延びて良さが出るかも。
Pad4star

サトノアーサー →馬体を見る
池江厩舎の管理馬らしく、筋肉のメリハリがあり、きっちり仕上げられている。
ただ、重心が低い馬体はパワーはあっても、3000mのレースでは不安が残る。
Pad3star

サトノクロニクル →馬体を見る
ハーツクライ産駒によくある、胴部の長さの割に手脚が短く、長距離は合うだろう。
同じ厩舎のサトノアーサーに比べると、一瞬の脚には欠けるがスタミナはあるタイプ。
Pad5star

アルアイン →馬体を見る
夏を越して馬体が成長し、胴部にも長さが出てきているが、パワー型は相変わらず。
距離もこなせないわけではないが、筋肉がついた馬体的にはプラスにはならない。
Pad3star

トリコロールブルー →馬体を見る
手足がすらりと長く、まだこれから筋肉がついてくる晩成型の馬体をしている。
完成度という点では他のメンバーに劣り、距離適性はあっても勝てる力は疑問がある。
Pad3star

マイスタイル →馬体を見る
全体的な伸びがある典型的なステイヤーの馬体で、筋肉のバランスも素晴らしい。
その分、パワー不足は否めないが、距離が延びるほどに確実に力を出せる。
Pad4star

ポポカテペトル →馬体を見る
前駆の盛り上がりは素晴らしく、しかし腹回りには余裕があってもうひと絞りか。
筋肉のつき方を見る限りは長距離戦は疑問も、重馬場は合いそうで大穴候補か。
Pad3star

|

Comments

Post a comment