« 負けに理あり、勝ちに理なし。 | Main | ファンタジーSを当てるために知っておくべき3つのこと »

名手の見事な手綱さばきではあるが神騎乗ではない


天皇賞秋2017―観戦記―
先週の菊花賞と同様、土砂降りの不良馬場でレースは行われ、レース前から雲行きは極めて怪しかった。大方の予想どおり、ロードヴァンドールが先頭に立ってレースを引っ張ったが、予想に反していたのは、1番人気のキタサンブラックが立ち遅れてしまったこと。場内にはどよめきが響き渡った。これぐらいの不良馬場になると、ペースや展開はほとんど関係がなくなり、最後は馬場への巧拙だけが問われることになる。勝ち馬は別として、2、3着に入った馬は明らかな重巧者であり、4着以下の着差を見ても各馬が能力を出し切ったとは到底言えない異常事態となった。

勝ったキタサンブラックは、決して重馬場が得意なわけではなく、どれだけ状況が悪くても負けない名馬であることを自ら証明してみせた。重箱の隅をつついて、キタサンブラックの負ける要素を探した私自身が恥ずかしくなるような、実に堂々として完璧な勝利であり、サラブレッドとしての強さのレベルの違いを見せつけられた。陣営も昨年は出走しなかった天皇賞・秋を是が非でも勝ちたかったのだろう。残り2戦への余力などを考えることなく、きっちりと仕上げてきていた。今から考えると、凱旋門賞に挑戦しなかったことは吉と出たし、宝塚記念で無理をせずに惨敗したことが秋初戦の仕上がりの良さとして生きた。

とはいえ、キタサンブラックがジャパンカップでも勝利することができるかというと、やや疑問が残る。今回の走りを見ると、天皇賞・秋を目標に仕上げてきたことは明白であり、次走は体調のバイオリズムがなだらかに下がってしまうこともありうるし、今回のような不良馬場を最後まで必死に走り切った反動も十分に考えられる。もしかすると、馬自身が精神的に厳しくなってきて、今回と同様に立ち遅れてしまうシーンを再び見させられるかもしれない。もちろん、これだけの力を持った名馬だけに大きく負けることは考えられないが、今回勝っただけに次回は危険な人気馬となりそうだ。

武豊騎手はこれで天皇賞春・秋を合わせて天皇賞14勝目。立ち遅れたキタサンブラックを落ち着いて勝利に導いた手綱さばきは、さすが名手と呼べるそれ。最後の直線でのコース取りやモタれるキタサンブラックを適切に叱咤激励するステッキ捌きは見事であった。神騎乗と称えられているようだが、今回に限ってはそういうことではなく、不良馬場であったことで馬群がバラけたことが吉と出た感は強い。もし良馬場でレースが行われ、スローに流れていたとしたら、内側を通ってこれだけスルスルと前に取りつくことはできなかっただろうし、ヨーイドンになって後ろからでは前の馬たちを捕らえることができなかったはず。立ち遅れたのが馬群のばらける不良馬場で命拾いした、というのが正直な感想であろう。

サトノクラウンは最後までキタサンブラックに食い下がったものの、どうしても交わすことはできなかった。決して万全の仕上がりにあったわけではなく、今回は重巧者であることが生きた。惜しいのは、(ゴール前での耳の動きを見る限り)この馬は気を抜いてしまうところがあり、最後の直線でもややフワッとしてしまったことだ。ミルコ・デムーロ騎手もそれを分かっていて、馬体を併せたかったはずだが、キタサンブラックと進路が交錯する形になってしまい、馬体を併せるところまで行かなかった。力を要する馬場では滅法強いことがはっきりしたので、暮れの香港競馬はまさに適鞍であろう。

レインボーラインは父がステイゴールド、母の母父がレインボーアンバーという、重馬場を走るために生まれてきたような血統を誇る。菊花賞で2着したようにスタミナも十分にあるが、それ以上に重馬場を苦にしないパワーと精神力がある。良馬場ではG1クラスには届かないが、今後とも馬場が重くなったときには思い出したい血統の1頭である。

リアルスティールは前走の毎日王冠を勝って、充実しているにもかかわらず、今回は馬場に泣かされた。マカヒキは道中のポジションが悪かったが、最後まであきらめることなくグイグイと伸び、実は重巧者であることが分かる走りであった。3歳牝馬のソウルスターリングも道悪下手であり、にもかかわらず最後まであきらめずに走り切ったことは高く評価されるべきであろう。この馬にとっては、マイルから2000mぐらいまでが、今後、活躍できる舞台になるのではないか。

|

Comments

らしくない回顧だと思いました。
「良馬場だったら…」という振り返りは無意味であり、あの日あのときあの条件での不良馬場だったレースにおいて、武豊騎手の騎乗はまさに神騎乗だったと思います。
そしてキタサンブラックは秋G1三連戦を勝ちに来てます。今回がメイチと言うことはなく、毎回がメイチです。そしてそれに応えてきた。今までもそうだったでは無いですか。
強者を素直に称えられない、らしくない回顧だと感じ、個人的にはガッカリしました。

Posted by: ゆとり世代 | October 30, 2017 at 09:47 PM

都合のいい回顧しかしてないですからね。
もし『良馬場で』『スローで』と仮定しても、出遅れはそのままでって
都合よすぎるでしょ

良馬場でスローで抜群のスタートを切ったキタサンブラックは悠々と一人旅で大差圧勝でした…

たらればを競馬を生業としてる方が言うのはナンセンスです

Posted by: 百太 | October 30, 2017 at 11:23 PM

ゆとり世代さん

らしくない回顧ですいません…。

ただ神騎乗と言うには大げさだなと思います。

冷静に乗ったとは思いますが、ああ乗るしかなかったとも言えますし。

もちろんキタサンブラックが毎回が目イチであることも承知ですが、サラブレッドなんで毎回が目イチにならないからこそ難しいのではないでしょうか。

僕は個人的に、今回の天皇賞秋と昨年の宝塚記念3着の時にキタサンブラックの強さを感じたので、今回も最高に称えているつもりですよ。

最近ですと、ディープインパクトとオルフェーブルに次ぐ名馬だと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | October 31, 2017 at 08:27 AM

百太さん

コメントありがとうござます。

もし良馬場で馬群が密集するレースで、今回のように立ち遅れていたら危なかった、逆に不良馬場だったから良かった(助かった)と胸をなで下ろしているだけです。

キタサンブラックや武豊騎手を否定しているわけではなく、もちろん今回も良馬場で逃げ先行できていたら楽勝だったと思いますよ。

良馬場と今回のような立ち遅れのセットが怖いということで、馬券的タラレバではありません。

誤解を生むような表現だったかもしれず申し訳ありません。

Posted by: 治郎丸敬之 | October 31, 2017 at 08:31 AM

2週連続でしたが
不良馬場でも走らせる技術
これも、騎手の腕の巧拙が問われる時代になってきたとも言えますね。

かたや
アルテミスSでのサヤカチャンの母父が
アンバーシャダイ
2日続けて雨の激走に、血の力も感じました。

Posted by: ライアン | October 31, 2017 at 09:57 AM

ライアンさん

こんにちは。

たしかに道悪馬場は馬の巧拙だけではなく、騎手のコース取りや経験等が問われます。

その馬の巧拙にも血のなせる業があるとは、レインボーラインやサヤカチャンなどの馬たちが教えてくれますね。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 02, 2017 at 10:09 AM

Post a comment