« 京都芝2200m(外回り) | Main | エリザベス女王杯は世代交代のレース »

今までで最も充実しているルージュバック:5つ☆

スマートレイヤー →馬体を見る
芦毛も白くなり、さすがに7歳馬という馬体だが、大事に使われてきた。
前駆が力強く、何と言っても走る気持ちを維持し続けていることが素晴らしい。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
もともと幼さの残る馬体がこの馬の特徴だが、今回は今までで最も充実している。
付くべきところに筋肉がつき、毛艶は冴えて、表情も走る気に満ちている。
Pad5star

ウキヨノカゼ →馬体を見る
全体のバランスとして、手脚が短く、馬体的には短距離を得意とするはず。
特に前駆の盛り上がりは素晴らしく、この馬の一瞬のスピードをどう生かすか。
Pad3star

ウィブロス →馬体を見る
古馬になって少しだけ力強さが増したが、それでも線の細さは残っている。
これでドバイのレースを勝ったのだから、よほどバネが強いのだろう。
Pad3star

ミッキークイーン →馬体を見る
たとえ休み明けでも、いつも良く見せる馬だが、今回は筋肉のメリハリに欠ける。
毛艶も良いとは言えず、何とか間に合ったというのが正直なところか。
Pad3star

クイーンズリング →馬体を見る
昨年の覇者であり、胴部がさらに伸びて、距離には不安がなくなってきている。
それでも、昨年に比べると、筋肉のメリハリが物足りず、昨年の走りは期待薄。
Pad3star

クロスコミア →馬体を見る
馬体全体のシルエットはバランスが取れていて、安定して力を出し切れそう。
冬場ということもあり、毛艶が冴えず、ピークから調子が下降線を辿っている。
Pad3star

トーセンビクトリー →馬体を見る
この馬は全体のバランスが崩れることなく、馬体の仕上がりはいつも素晴らしい。
あえて言えば、毛艶がそれほどではない点とトモの実の入りがやや物足りない。
Pad3star

マキスマムドパリ →馬体を見る
走るキングカメハメハ産駒らしく、胴部は力強さが漲るが、手脚は軽い。
全体的に黒く映るように、毛艶も悪くなく、体調は安定している。
Pad3star

ディアドラ →馬体を見る
手足がスラリと長く、軽く見せているのは走るハービンジャー産駒の特徴。
特に前駆が力強く、パワーに溢れているが、胴部の長さからもスタミナも十分。
Pad4star

リスグラシュー →馬体を見る
このメンバーに入ると、筋肉のメリハリという点では劣り、力強さに欠ける。
典型的なステイヤーであり、後肢に伸びがあって、距離延びてさらに良さが出る。
Pad4star

モズカッチャン →馬体を見る
コロンとして映るように、この馬は2000m前後の距離が合う中距離馬の馬体。
ハービンジャー産駒らしく手脚が重いが、前駆の力強さはさすがである。
Pad3star


|

Comments

Post a comment