« 皮膚の薄さが伝わってくるレコンダイト:5つ☆ | Main | エリザベス女王杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

ジョッキーを乗せる人びとの想いを想像しつつ、馬券を買ってみる

Cover

ダービー2着馬であるスワーヴリチャードの鞍上が、四位洋文騎手からミルコ・デムーロ騎手に乗り替わることになった。有力馬における騎手のスイッチは今に始まったことではないが、デビュー以来乗り続けてきたコンビが解消されたことには賛否両論が渦巻いた。日本の競馬ファンが、馬だけではなく騎手をも一体として見ていることを改めて認識し、私は少し嬉しく思った。かつて競馬は単なるギャンブルであり、馬は博打の数字、騎手は駒にすぎない時代があった。今、騎手は、サラブレッドと共にゴールを目指すアスリートなのである。

競馬ファンの目が養われる一方、騎手の技量や乗り方に対する目も厳しくなってきたのも事実である。世界中のトップジョッキーが短期免許で乗るようになり、外国人ジョッキーや地方競馬の騎手たちにも門戸が開かれ、中央競馬所属の騎手たちはかつてない競争にさらされている。そのような流れの中で、目の肥えた競馬関係者や競馬ファンは、期待馬には少しでも勝つ確率の高いジョッキーを据えたいという想いを強めている。

馬やその関係者だけのことを考えるならば、たとえば若手騎手や勝たせられなかった騎手から、トップジョッキーたちへの乗り替わりは当然だと私は考える。馬は勝たないと自分の存在を証明できなくなってしまうし、競馬は億単位のお金が動くスポーツである以上、そこに情のようなものを挟み込む余地は少ない。しかし、そのような合理性を進めてしまうと失ってしまうことがある。それは騎手を育てるということ。同じ馬に乗り続けることで失敗や成功を重ね、馬を助けたり、逆に馬に救ってもらっ

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*アルゼンチン共和国杯の予想と馬券を公開中です!

|

Comments

治郎丸さん
おはようございます。
競馬というのはほんとに色んな角度から見ることのできるものだと思います。
馬券を買う者にはギャンブルであり、ロマンであり。
そして、その中心にいるホースマンにとっては仕事であり、夢であり。
競馬を通じて人間の卑しさ、愚かさ、浅はかさ。
見えてくるのは良いことより 欠点というか汚点というか 見たくないことの方が多いように思います。
それはまるで人生そのものです。
一競馬ファンがホースマンと口にするのは間違っているのかもしれませんが 私もいつかホースマンなりたいと思います。(すでにホースマンと思い生活していますが(^_^;)
いまはお手馬という言葉は死語なのかもしれませんね。
例えばジェンティルドンナを思い出す時、私は騎手が浮かばないんです。
あれほどの名馬なのに馬しか浮かばないんです。
馬の背中にはいつも騎手がいるのにジェンティルドンナの主戦て誰だったのかと思います。
馬の隣に人がいないというのは寂しいものです。
ワンアンドオンリーですが結果が出せていませんが横山典弘騎手に戻ったことをうれしく思います。
一度は離れてしまいましたが2月23日という同じ誕生日で繋がれたチームですからその名のとおり唯一無二のチームでいて欲しいです。


Posted by: 通り | November 06, 2017 at 10:44 AM

治郎丸さん
こんにちは。
先日のコメントは私です。
通りしか書いていませんでした(>_<)
最近スマホの調子が悪く乗り替えの時期かもしれません。
格安スマホの紀香へのCMのように騎手の乗り替えも珍しくありませんね。
個人的にデムーロ騎手とルメール騎手と藤原紀香さんの共演で乗り替えのCMして欲しいです。
デムーロから紀香へ(乗り替え)
ルメールから紀香へ(乗り替え)
JRAがんばってCM作ってください。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | November 07, 2017 at 02:03 PM

Post a comment