« ほぼ完成されたサングレーザー:5つ☆ | Main | 馬が好きなんだ »

血統を辿ると違った姿が見えてくる

Cover

血統について語るとき、血統は下部構造なのかそれとも上部構造なのか、という問題から入らなければならない。つまり、サラブレッドの本質は血統が規定しているのか、それともそれ以外の要素なのか。もっと分かりやすく言うと、血統が先なのか馬の個体(個性)が先なのかという問題である。鶏が先か卵が先か、どちらが原因でどちらが結果か、血統を先と見る者を私たちは血統論者と呼んだりする。もちろん、どちらが正しいということではなく、どちらのスタンスを取るかで、その人の血統に対する見方が違ってくるということである。

かつて私の敬愛するジョッキーのひとりであるラフランコ・デットーリ騎手はこう語っていた。

「馬のタイプや個性は、跨った時の感触や、実戦に行ってからのレースぶりから掴むものです。競馬が終わって、それから血統を聞いて、その血統ならこういう将来もあるかもしれない、と思うことはありますが、順番を間違えてはいけないと思います」

デットーリ騎手はワールドスーパージョッキーズシリーズにおいて、抽選で当たった馬について、どんな馬なのか関係者から情報を得る際に、「競馬に乗る前に血統の説明は要らないよ」と言って、戦績やレース振りは聞いても、あえて血統については耳をふさいだという。自分の家の敷地で繁殖牝馬を飼い、自ら配合を考えて馬の生産も手がけているデットーリ騎手が血統に興味がないはずがない。彼は馬を見るときの順番を間違えてはいけないと考えているのだ。馬のタイプや個性が先で血統が後ということである。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*マイルチャンピオンシップの予想と馬券を公開中です!

|

Comments

Post a comment