« November 2017 | Main | January 2018 »

最後に経験が生きた


ホープフルS2017―観戦記―
トラインが積極的に先頭に立ち、サンリヴァルが2番手につけ、前半1000mが59秒6、後半が61秒8という超ハイペースで流れた。キャリアが2、3戦の馬たちにとって、かなりの激流となり、サラブレッドとしての資質が問われたハイレベルの1戦であった。現時点での完成度やスピード、スタミナに至るまで、持てる者と持たざる者の明暗がはっきり分かれた。3着までに入った馬たちはもちろん、先行して粘り込んだ4着のサンリヴァルまでは、来年のクラシックを賑わせてくれるはず。

勝ったタイムフライヤーは、様々な競馬場にて、異なったポジションで競馬をしてみたキャリアの豊かさが、最後の大一番でプラスに働いた。中山競馬場の芝2000mでこれだけのハイペースになれば最後に問われるのはスタミナであり、距離が延びて良いハーツクライの血が生きた。決して馬体の大きな馬ではないが、しっかりと鍛えられた筋骨隆々の馬体は、パワーを要する暮れの中山競馬場に合っていたということでもある。松田国英厩舎から久しぶりに誕生した大物候補であり、クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハなどの偉大な先輩たちに続いてもらいたい。

クリスチャン・デムーロ騎手は、タイムフライヤーに2回乗った経験を生かし、ラストチャンスをモノにしてみせた。早めに抜け出してゴール前で差された前走の敗戦を踏まえ、今回は後ろから行って末脚を生かす競馬を試みようとしたこととレースの流れが絶妙に噛み合って、最高の結果を出すことができた。腹を括って後方から走らせることができるのは、馬を追って伸ばせる自信があるから。今回だけではなく他のレースにおいても、C・デムーロ騎手によって見違えるような末脚を引き出された馬は枚挙に暇がなかった。

ジャンダルムは完璧に乗られて、現時点での力は全て出し切っての2着であった。道中のポジションも申し分なく、勝ちに行くためには追い出すタイミングもドンピシャであった。結果的には後ろから来た馬に差されてしまったが、あくまでも結果論である。プラス10kgの馬体重で出走してきたように、今回はさらにパワーアップされて、素晴らしい馬体を誇っていた。このペースを自ら動いて2着したのだから、距離はさらに延びても問題なく、血統的にも来年のクラシックが楽しみな馬の1頭である。

3着に入ったステイフーリッシュは、キャリア1戦でこれだけのレースができたのだから素晴らしい。道中はレースの流れに乗って走り、最後まで先に抜け出したタイムフライヤーとジャンダルムを追い詰め、この馬の素質の高さを証明してみせた。ゴール前で立て直してからはもうひと伸びしたように、最後の直線でもう少し馬を真っすぐに、きっちりと追うことができていれば、勝ち負けにすらなったのではないか。上位2頭とは、最後の直線におけるジョッキーの技術差が出てしまった。負けて強しの内容であり、キャリアを積んで、トップジョッキーに手綱が渡れば、この馬がクラシック候補の筆頭に躍り出る可能性もある。

人気の一角を占めたルーカスには、最終追い切りで落馬のトラブルがあったように、気難しい面があるのは否めない。走る能力自体は確かであるが、精神面での成長が見込めなければ、兄モーリスに近づくことは難しい。フラットレーは道中の速いペースについてゆくのがやっとで、勝負所ではすでに手応えが残っていなかった。現時点ではG1レースで勝ち負けを期待するのは難しい。

| | Comments (2)

大穴を当てるにはバカになれ

Cover

高額の払い戻しを夢見て、大穴を開ける馬を見つけようと丹念に予想すればするほど、実績や実力のある有力馬たちを本命に推さざるをえない。競馬ファンならば、そのような矛盾を幾度となく経験してきたことだろう。考えてみれば当然のことで、膨大なデータを積み上げれば上げるほど、論理的に突き詰めれば詰めるほど、私たちは当たる確率の高い、正しそうな結論に一直線に向かってゆく。過去からのデータや私たちの論理的思考は、未来の常に一歩後ろを進んでいるからである。正常な頭では、これから起こる天変地異を見通すことは難しい。

誰もが思いつかないような未来を予測するには、どうすれば良いのか?バカになることだと私は思う。それは簡単なようで簡単ではなく、特に競馬という知的なゲームを好むコアな競馬ファンにとって、全ての知識や経験を手放して真っ白な目になることは至難の業である。それでも、もし人気薄の馬に重い印を打ちたいのならば、当てたいという気持ちや見栄を一旦捨てて、バカになってみることだ。もちろん、これはバカになりきれない中途半端な自分に対する自戒の意味を込めて書いてもいる。

たとえば、自分の誕生日の枠番や馬番に入った馬を1点で買う誕生日馬券がある。私の友人には8-8の枠連というゾロ目を買い続けている者もいる。最近にあった出来事や時事ネタから連想される馬や騎手を買ってみてもいい。「メインレースの多くではレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えている」として、レーシングプログラムやJRAのテレビCMからヒントを見つけるサイン理論やタカモト式と呼ばれる馬券の買い方が一世を風靡したこともある。このような狙い方をすると、自分では思いもつかなかった馬を買うことになるだろう。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*ホープフルSの予想と馬券を公開中です!

| | Comments (2)

競馬の神様も舞い降りてくる


有馬記念2017―観戦記―
好スタートを決めたキタサンブラックが、好枠を生かして先頭に立ち、レースの主導権を握った。前半1000mが61秒4、後半1000mが59秒5という超スローペースに落とされると、コーナーを6つ回る中山競馬場の芝2500mというコースの構造上、後続の馬たちは手も足も出ない。2008年にダイワスカーレットが逃げ切った有馬記念とラップを比べると、前半3ハロン目とラスト5ハロン目に大きな違いが現れている。

2008年 ダイワスカーレット
6.9 - 11.2 - 11.9 - 11.2 - 11.9 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 12.7
2017年 キタサンブラック
6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3

スタートしてからコーナリングしながら息を入れられることができ、スタンド前では脚をためられ、最終コーナーに向かうまで誰も動いて来ることなく、キタサンブラックに逃げ切ってくださいと言わんばかりのレースであった。枠順からレース展開に至るまで、まるでドラマのようなラストラン。筋書きとしては素晴らしく感動的だが、最近は毎年書いているように、枠順だけで勝ち負けや着順が決まってしまうようなグランプリはもううんざりである。舞台を阪神か京都に移す、もしくは選ばれた10頭のみの少頭数精鋭にするなど、そろそろ見直した方が良いのではないだろうか。

キタサンブラックの強さは無尽蔵のスタミナとそれを支える気持ちの強さである。今年の秋のG1シーズンに限っても、天皇賞・秋であれだけの道悪馬場を走り切った反動があったはずのジャパンカップでも3着と好走し、決して完調とは言い難い有馬記念では有終の美を飾った。全てのレースで常に力を出し尽くせるからこそ、競馬の神様も舞い降りてくる。肉体的には手脚が長く、胴部にも伸びがあって、それらを最大限に生かした雄大フットワークで前向きに逃げられる(もしくは先行される)と、他馬は敵わないと鈴をつけにいくのを恐れてしまう。安定した肉体と気持ちに、大きな運が見事に噛み合って、キタサンブラックという名馬は誕生したのである。

「スタートで決めに行こうと思っていた」とコメントしたように、武豊騎手の迷いない決断が先手必勝となり、レースを制した。先頭に立ってからは乗っていただけに思えるが、当たり前のことを当たり前に行うのが、これだけの大舞台で圧倒的な1番人気に推された馬に乗ると難しい。武豊騎手であったからこそ、これだけの重圧をはね返し、キタサンブラックの力を最後まで引き出すことができた。先頭に立ってしまえば馬群の外を回されるコースロスのない逃げ馬は、武豊騎手の騎乗スタイルと現代の日本競馬に合っている。武豊騎手に乗り替わってからのキタサンブラックは水を得た魚のようで、これぞ名コンビである。

クイーンズリングは内枠を生かして、好ポジションからレースを有利に進めていた。クリストフ・ルメール騎手の好騎乗によるところも大きいが、何よりもこの馬自身の持っているポテンシャルの高さに最後まで驚かされた。1400mのフィリーズレビューを勝った馬が、エリザベス女王杯を制しただけではなく、有馬記念で2着に入って引退するのだから、競馬は分からないし難しい。

3着に入ったシュヴァルグランも4着のスワ―ヴリチャードも、馬群の外々を回されてしまった分、最後は脚が上ってしまっていた。勝ち馬との1馬身半差は、内を走ることができていれば十分に逆転可能であり、決して力負けではない。3着と4着の違いも、道中のポジションが後ろであったスワ―ヴリチャードがより外を回さざるを得なかった分であり、それだけ有馬記念における枠順やポジションの影響は大きい。そう考えると、3歳馬のスワ―ヴリチャードは古馬になってから楽しみであり、同世代のレイデオロと名勝負を繰り広げてもらいたい。

| | Comments (0)

ノーザンファームに始まり、ノーザンファームに終わりそうな2017年

Cover

この師走の時期になると、とある厩舎の忘年会における出来事を思い出す。かつてジョッキーとしてならした大御所とされる調教師が切り盛りするこの厩舎は、その年不振を極めていて、年間でひと桁の勝利数しか収めることができなかった。それでも、その調教師の人徳の賜物なのだろう、たくさんのジョッキーや関係者が集い、終始なごやかなムードで会は終盤を迎えた(ように私には思えた)。そして、最後に、社台グループの吉田照哉氏が壇上に登場し、締めの挨拶を行なった。

「社台グループはうまいことやっていると思われているようだけど、私たちにもいつどうなるか分からないという時期があった。それもつい最近まで」という前提から始まり、「だから今は、爪の先まで厩舎のためにという想いを持って、皆で頑張ってほしい」というエールが送られ、最後は恒例のジャンピング1本締めで会はお開きとなった。

誰もが思い思いにその場から離れようとしていると、とある馬主さんが助け舟を出そうと、「来年は社台の馬を4、5頭入れてくれるってよ、ねえ」と吉田照哉氏にけしかけた。吉田氏は他の人から話しかけられていて、聞いているのか聞いていないのか分からない様子であったが、当の調教師は「いやー、そんなに入れてもらっても馬房が一杯になっちゃうなあ」などと茶化すようなことしか言わない(照れ隠しだったのだろう)。傍から見ていても、じれったい空気が数秒続いたその時、ある女性がきっぱりとした声で調教師に告げた。

「頭をさげなさい!」

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*有馬記念の予想と馬券を公開中です!

| | Comments (2)

最高の出来にあるシャケトラ:5つ☆

キタサンブラック →馬体を見る
若駒の頃は線の細かった馬体だが、古馬になってから筋肉が付いてきた。
筋肉量と全体のシルエットの美しさの絶妙なバランスが取れ、あとは気持ちだけ。
Pad4star

サトノクラウン →馬体を見る
外見上はいつも良く見せる馬であり、今回も馬はきっちりと仕上がっている。
やや重心が低いため、距離延長はプラスではないが、賢い馬なので問題ない。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
このメンバーに入ってしまうとパワー不足は否めず、距離適性にも不安がある。
肩が立っているため、どうしてもピッチ走法になるが、運動神経の良さでなんとか。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
ステイヤーにしては馬体にボリュームがあり、相当なパワーを秘めているのも確か。
前走後の疲れはなく、むしろ腹回りには余裕があるように、もうひと絞り必要だろう。
Pad3star

ミッキークイーン →馬体を見る
前走のエリザベス女王杯と比べると、明らかに馬体は良くなってきている。
あとは力関係だけだが、この馬の力を出し切れたら、あっと言わせる可能性も。
Pad4star

サトノクロニクル →馬体を見る
3歳馬だけにまだ全体的なバランスの悪さは目につくが、毛艶は冴えている。
仕上がりや調子は良さそうで、あとはどこまで食い下がることができるか。
Pad3star

スワ―ヴリチャード →馬体を見る
もともとしっかりした馬体の馬だが、夏を越して全体的にゆとりが出てきた。
それに伴い、馬の精神面も余裕が出てきたのか、表情が落ち着いていて良い。
Pad4star

シャケトラ →馬体を見る
付くべきところに筋肉がついて、いかにもパワー溢れる重厚感を誇っている。
この馬自身としては最高の出来にあり、この馬も一発の可能性を秘めている。
Pad5star

ヤマカツエース →馬体を見る
昨年や今年の春に比べると、やや筋肉が硬くなり、ゴツゴツしている感はある。
一時期のピークは過ぎたのかもしれないが、表情からは闘争心は失われていない。
Pad3star

レインボーライン →馬体を見る
このメンバーに入ると、どうしても幼さを残して映る馬体であるのは仕方ない。
とはいえ、この馬なりに成長してきており、少しずつバランスが良くなってきた。
Pad3star

サウンズオブアース →馬体を見る
前駆の盛り上がりが素晴らしく、いかにも鍛え上げられたマッチョな馬体を誇る。
顔つきも良く、毛艶もこの時期にしては冴えていて、体調自体は最高だろう。
Pad3star


| | Comments (0)

中山芝2500m

Nakayama2500t

外回りコースの3コーナー直前からのスタート。第1コーナーである3コーナーまでの距離は192mと短く、スタートしてすぐにコーナーに突っ込む感じ。スタンド前を通る前に馬を落ち着かせておきたいので、スタートしてから最初の直線まではポジション争いよりも各馬折り合いに専念する。

スタンドからの歓声によって馬が行きたがることがあるが、馬を前に置けるとそれを防げる。そのため、前の馬を壁にできる内枠の馬は有利になる。1週目はゆっくりと坂を登り1コーナーに差し掛かる。ペースが上がるのは2コーナーを回って丘の下りにかかった地点から。向こう正面から3コーナーまでの間に、ほぼトップスピードに加速する。ここでのペースが極端に速いと最後の坂での逆転劇が待っている。

中山の2500mというコースにおける特徴はコーナーを6つも回るということだ。そのため道中のペースはあまり速くなることはない。ステイヤータイプの馬が活躍しているのは、スローペースでも折り合いに苦労することがないからであろう。スピードだけで押し切れるコースではないが、マイラーでも折り合いがつくタイプであれば克服はできる。


| | Comments (0)

有馬記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Arima

■1■必ずしも強い馬が勝つとはいえない2つの理由
暮れの大一番、有馬記念。3歳馬と古馬との対決でその年のナンバーワンを決定するのだが、必ずしも強い馬が勝つとは言えないのがこのレース。

その理由として、
1、シーズン最後のレースであるために、強くてもピークを過ぎている馬がいる。
2、コーナーを6つも回るため、展開によって大きくペースが左右される。
という2点が挙げられる。

1については、各馬それぞれ目標としていたレースが違うということである。たとえば3歳馬なら菊花賞、古馬ならジャパンカップ、そして海外の大レースに目標を定めていた馬もいるだろう。しかし、現状としては、暮れの大一番である有馬記念に目標を置いていたという馬はまずいない。よって、秋のどこかの時点でピークに仕上がってしまった馬や、仕上げて勝った馬は、この有馬記念には下降線の決して万全とはいえない体調で臨まざるを得ないということになる。中にはここに来て調子を上げてくる馬もいるので、そういった体調の交錯があって、あっと驚く好走や凡走が繰り広げられるのがこの有馬記念である。

2については、有馬記念が行われる中山の2500mというコースにおける特徴は、コーナーを6つも回るということだ。競馬はコーナーを回ることによって息が入ったり、ペースがアップダウンしたりするので、コーナーの数と展開の不安定性は比例する。2008年はダイワスカーレットが尋常ではないペースでレースを引っ張ったが、いつ超スローペースになってもおかしくない。つまり、展開の紛れによって結果が大きく左右される、荒れやすいレースである。

■2■世代交代が行われるレース
過去10年の年齢別の成績を見ると、3歳馬が4勝、4歳馬が3勝となる。成長著しい3歳馬か、充実から完成に向かう4歳馬のどちらかから勝ち馬が出る可能性は非常に高い。このデータを考えると、5歳と7歳時に連対したタップダンスシチーの凄さが分かる。いずれにせよ、有馬記念は世代交代が行われるレースであり、これからの馬を狙い打つのが本筋である。

■3■牝馬が勝ちきることは難しい
2008年、ダイワスカーレットが驚異的な強さで勝利したものの、牝馬としてはヒシアマゾンの2着、エアグルーヴの3着、ダイワスカーレットの2着が近年では最高であった。理由は2つ考えられて、1つはジャパンカップと同じく、トップレベルのスタミナが要求されること。もうひとつは、牝馬は牡馬に比べて冬毛が生えてくるのが早いように、季節的に休眠に入ってしまい臨戦態勢にないことが挙げられる。これからも牝馬がこのレースを勝ち切ることは相当難しいだろう。なんて書いていると、2014年にはジェンティルドンナが勝利したが、ジャパンカップを2連覇したような牡馬顔負けの名牝であり、これぐらいの牝馬でなければ勝つことは難しい。

| | Comments (0)

この馬ばかりは違う


朝日杯フューチュリティS2017―観戦記-
外枠からケイティクレバーが飛び出し、その後にファストアプローチが続いた。1番人気のダノンプレミアムは好スタートから先頭に立ちそうな勢いで先行し、内の2番手の絶好のポジションを確保した。前半マイルは47秒2、後半が46秒1という典型的なスローペースとなり、馬群の外を回した馬や後ろから行った馬にとっては厳しいレースであった。

3馬身半差の圧勝を飾ったダノンプレミアムは、あらゆる条件が噛み合って、持てる力を十全に出し切った。スタートが良く、二の脚も速く、それでいてスッと抑えられる賢さがあり、レースの中で最もロスの少ないポジションを走ることができた。枠順やペースなどの運を味方につけられるのも実力のうちではあるが、勝ってくださいと言わんばかりのレースであり、これでは他馬は太刀打ちできない。手脚が長く、胴部にもゆとりがあり、馬体的にも精神的にも決してマイラーではない。朝日杯フューチュリティSはクラシックにつながりにくいが、この馬ばかりは違うと思わせてくれる逸材である。

ステルヴィオは道中前が壁になったり、外を回してしまったり、最後の直線では他馬と接触する場面もあった中、それでも最後は2着を確保したように、勝ち馬に迫るだけの実力はあることを証明した。着差こそ開いてしまったが、完敗というほどではない。勝ち馬が最も効率的なポジションで勝利を収めたのに対し、この馬は最も効率の悪い走りで連対を確保したのだから、来年にかけての成長力次第では逆転も可能である。馬体的には、ダノンプレミアムほどの大物感はないが、新種牡馬ロードカナロア譲りのバランスの良さがあり、距離は2000mぐらいまでならば延びて良さそう。

タワーオブロンドンは距離に不安がある中、クリストフ・ルメール騎手が距離ロスを最小限に抑えた騎乗をして3着まで持ってきた。コロンとした馬体であり、マイルまでがギリギリといったところか。短い距離でこそ、この馬の爆発力が発揮できる。ケイアイノーテックは休み明けの前走をひと叩きして、G1レースでも走れる仕上がり。この馬はマイルがベストであり、現時点での持てる力は出し切っている。

ダノンスマッシュはやや出遅れてしまい、後方からのレースを強いられることになった。乗れていないことは、大舞台のここぞというタイミングで出てしまうのだろうか。慌てずに内ラチ沿いを追走したリカバリーの方法は正しいが、先行力のある馬だけに、持ち味を生かすことができなくなる出遅れはまさに痛恨であった。

今回のレースを観る限り、年末のホープフルSを使っても勝てた馬はダノンプレミアムだけだろう。2着以下はやはりマイルが合っているスピードタイプであり、今後、前者はクラシック路線、後者らはNHKマイルCを目指してゆくのではないか。

| | Comments (0)

美しい目をしたロードカナロア産駒を狙う

Cover

「目は口ほどにモノを言う」ということわざがあるように、もともと口がきけない馬にとっても、目は心を映し出す窓になる。馬の目には、喜怒哀楽といった感情だけでなく、その馬の性格さえもが映し出される。気性が穏やかで賢い馬は、黒く澄んだ目をしている。やる気や気合は目に表れてくるものであり、生き生きとして底光りするような眼光の馬は、間違いなく体調が良く、走ることに対して前向きである。

逆に精彩を欠き、どんよりと濁っているような目の馬は、明らかに調子を落としている。走る気のない馬は、相手をうかがいながら走るフリをする、ズルそうな目になる。その馬の本質は、意外にもこのようなところに見え隠れしているものだ。

先日、インタビューさせていただいた社台ファームの獣医師である下村優樹氏は、馬の目に関して下のように語っていた。

馬の性格や体調面は顔つきや目に表れていると思います。黒目が大きく、澄んでいて、集中力のある目をしている馬が好きですね。そういう馬は体も丈夫で、体調が良いことが多いです。集中しているので余計なところで力を使いませんし、良い意味でマイペースな馬です。

たとえば、人が厩舎で作業をしていても気にすることなく、自分は関係なく寝ていられたり、運動するべきときはムクっと起き上がる。オンとオフが切り替えられる馬は、競馬場に行っても自分で体をつくったり、力を出し切れます。落ち着きのない馬は、人間が現れたり物音がすると、ソワソワしたり集中できなくなります。

今年から産駒がデビューした新種牡馬ロードカナロアの快進撃が続いている。産駒は続々とデビューして勝ち上がり、クラスが上っても頭打ちになることもない。とにかくストレートに自身の能力を出し切っている産駒が多い印象を受ける。初年度から大きな期待が寄せられていたことは確かだが、いきなりその期待以上の勢いで活躍馬を誕生させているのだ。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*朝日杯フューチュリティSの予想と馬券を公開中です!

| | Comments (0)

「それ乗り 競馬TV」に出演します

Sorenorikeibatv

今週の土曜日(16日)夜22時より、「それ乗り 競馬TV」に出演します。業界で唯一の毎週無料生放送“本格派”競馬予想バラエティ番組とのことで、翌日の朝日杯フューチュリティステークスについて語ってきたいと思います。ここ数年はずっと2週間前予想ばかりですが、久しぶりに前日予想ができるのでワクワクしています。本命を変えるつもりはありませんが、より様々な角度からリアルタイムな情報をお伝えできるはずです。

今回は馬体をテーマにして予想をするつもりです。最近では、チャンピオンズCのゴールドドリームを当てているように、馬体の良さや仕上がりだけで勝ち馬を探すシンプルな予想法です。朝日杯フューチュリティSの出走馬の馬体に触れつつ、最後は馬体から見た5つ☆の1頭に絞っていきますね。

また、朝日杯フューチュリティSに有力馬を2頭も出走させている、新種牡馬ロードカナロアについて語れたらと思います。同じく新種牡馬であるオルフェ―ヴル産駒との対比も面白いですね。MCの砂岡春奈さん、ユーマさん、ゲストの星野るりさんとお会いできるのも楽しみです!

「それ乗り 競馬TV」の公式HPはこちら
*生放送でもYouTube動画でも観ていただくことができます!


| | Comments (0)

朝日杯FSを当てるために知っておくべき3つのこと

Asahihaifs

■1■絶対的能力と完成度が問われる
傾向としては1番人気、2番人気が強く、過去10年間で1番人気【3・2・1・4】、2番人気【2・1・1・6】という成績である。どちらも連対率5~3割と高い。かつては人気馬が好走することで有名であったマイルチャンピオンシップよりも高い数字である。理由としては、かなり速い時計での決着となるため、実力の有無がはっきりと出てしまうことが考えられる。さらに2014年からは、トリッキーな中山競馬場のマイル戦から阪神競馬場に舞台を移し、この傾向には拍車がかかることが予想される。

また、過去10年の勝ち馬を見ると、平成19年のゴスホークケン以外、すべての馬が前走1着していることが分かる。これは現時点での絶対的な能力や完成度が問われるレースになることを示している。重賞ならば最低でも3着以内に好走していること、もちろん条件戦で負けているようでは×。

■2■生粋の逃げ馬は通用しない
ここまで逃げて勝ってきた馬がまったく通用していないことにも注目したい。中山1600mのコース形態上、2コーナーまでの位置取り争いが激化するため、ほぼ毎年、前に行った馬には厳しいペースとなる。さらに、最後の直線に急坂があることによって、スピードだけで押し切るのは難しい。この傾向も舞台が阪神1600mに変わっても同じ。中山競馬場で行われていたときよりも、長く良い脚を使えるかどうか、末脚の確実さが問われる。

このレースを逃げ切ったのはゴスホークケンだけ。そもそも、この年はペースがそれほど速くはなかったし、ゴスホークケンはその前走で抑える競馬をしていた。つまり、スピードを武器にした一本調子の馬ではなく、抑えが利いて、終いの脚を生かすような競馬ができる馬でないとこのレースは勝てないということだ。

■3■クラシックへつながるレースへ このレースはペースが速くなることが多く、スピードこそ絶対だが、スタミナもないと勝ち切ることはできない。そのため、1600m以上の距離のレースを経験していることはほぼ必須条件になってくる。特に、阪神に舞台が変わる以上、中距離をこなせるぐらいのスタミナは必要であり、このレースを勝ち馬が来年のクラシックにおいて有力になってくるはず。そういう意味では、中山競馬場で行われていたときとは一線を画するレースであり、クラシックへつながる未来を見据えて馬券も買うべきだろう。

| | Comments (0)

底を見せていない


阪神ジュベナイルF2017―観戦記―
好スタートを切ったラテュロスを交わしてラスエモーショネスが先頭に立ち、前半マイルが47秒7、後半が46秒6というスローペースに流れた。道中は折り合いを欠くことなく脚をためて、最後の直線での瞬発力勝負となった。上位に来た馬はラスト3ハロン33秒台の脚を使っているように、一瞬の切れ味に欠ける馬にとっては力を出し切ることが難しいレースであった。

勝ったラッキーライラックは、スタートから前進気勢が強く、石橋脩騎手にうながされることもなく自然と先行しつつ、レースの流れに乗れていた。外から被されることなく、馬群の外々を終始進めたことも大きい。最後の直線に向くまで、騎手は何もしていないと言ってよいほど、この馬の走るリズムとレースの流れが一致していた。追い出されると、あっと言う間に先頭に立ち、ゴール前では耳を立てて遊ぶ余裕もあったほど。前走のアルテミスSでも耳が立っていたが、G1レースでも最後は流す余裕があることにこの馬の底を見せていない強さを感じる。気性的に難しいところがあるはずで、悪い部分が表に出てこなければ、来年のクラシック戦線も楽しみな存在である。

石橋騎手によるG1制覇は2012年のビートブラック以来となった。あのときは人気薄での逃げ切りだっただけに、人気を背負った今回の勝利は格別の喜びがあるはず。普段は物静かなジョッキーであるが、いざ馬を追い出すと、全身を使って最後まで馬を叱咤激励する。このあたりのギャップも石橋騎手の魅力である。現時点でのラッキーライラックは非常に乗りやすく、これといった難しさはないが、この先、気難しさが出てきたときこそが石橋騎手にとっての試練であり、大きな飛躍が訪れるのではないだろうか。乗り替わりすることなく、このコンビで来年のクラシックに向かってもらいたい。

リリーノーブルは道中もきっちりと折り合い、瞬発力勝負にも難なく対応してみせた。ルーラーシップ産駒だけに、上がりの掛かる競馬の方が得意とするかと思っていたが、そうではなかったようだ。3着に入ったマウレアはディープインパクト産駒であり、今回のようなレースは得意とするところだろう。まだ体が小さいため、今回はもうひと押しが利かなかったが、この先もう少し馬体が成長してくれば夢は広がる。

1番人気に推されたロックディスタウンは、最後の直線で失速してしまった。スローペースを見越して、クリストフ・ルメール騎手が前目のポジションを取りに馬を促したこともあり、道中のかなりの距離をハミを噛んでしまった。ルメール騎手だけにそれほど喧嘩していないように映るが、ロックディスタウン自身はかなり力んで走っていた。これだけ大きく負けた以上、敗因はそれだけではなく、休み明けによる仕上がり不足や前走とのレースの性質のギャップの大きさなどが重なったことで、力を出し切れなかった。能力は高い馬なので、来年になって精神的に成長を遂げたとすれば、巻き返しは必至である。

| | Comments (6)

オルフェーヴルは名種牡馬になれるのか

Cover

この時期になると、来年のクラシック戦線をにらむ有力馬たちが頭角を現し、2歳世代の力関係がうっすらと見え始める。新馬戦から圧倒的な完成度を見せつける馬もいれば、2戦目、3戦目と少しずつ競走馬らしく成長していく馬もいる。その初々しい走りを見ると、花が咲く前のつぼみのように、大きな可能性を秘めていて心が躍る。

さらに、今週行われるG1レース・阪神ジュベナイルフィリーズの出走馬の父の欄に、今年から産駒がデビューする新種牡馬の名前を見ると、まるで近未来の日本競馬の姿が浮かんできて、居ても立っても居られなくなる。彼らの看板を背負った産駒たちは、果たしてどのような活躍を見せてくれるのだろうか。

新種牡馬であるオルフェーヴルは、今週の阪神JFにラッキーライラックとロックディスタウンの2頭を出走させてくる。しかもどちらも新馬戦と重賞を連勝し、2戦2勝の戦績を引っさげ、ディープインパクトやダイワメジャーの産駒たちを差し置き、G1レースに王手をかけてきた。血統的には早熟ではないにもかかわらず、この時点ですでに重賞を制した有力馬として、勝ち負けになることを期待されているのだから驚きである。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*阪神ジュベナイルFの予想と馬券を公開中です!

| | Comments (0)

ショウナンパンドラに似ている ラテュロス:5つ☆

ロックディスタウン →馬体を見る
この時期の牝馬らしい線の細さはあるが、大型馬らしからぬシルエットを誇る。
手脚が長いわりに全体のバランスが取れていて、いかにもスタミナが豊富そう。
Pad3star

モルトアレグロ →馬体を見る
牡馬と見間違うほどの筋肉量とメリハリの素晴らしさで、圧巻のひと言。
前躯に比べるとどうしてもトモの実の入りが寂しいが、そこはこれから。
Pad3star

コーディエライト →馬体を見る
ダイワメジャー産駒らしい前駆の力強さと全体のシルエットで、安定して走りそう。
腹回りは少し寂しさがあるが、顔つきは精悍で、気持ちの前向きさが伝わってくる。
Pad4star

マウレア →馬体を見る
この時期だけに冬毛が生えるのは仕方ないとしても、毛艶が落ちてきている。
前駆にパワーが漲っているが、時期的にはこの馬の8割程度の力しか出せないかも。
Pad3star

マドモアゼル →馬体を見る
2歳牝馬らしい線の細い馬体で、現状としては付くべきところに筋肉が付いていない。
顔つきを見ても、気性面での難しさが伝わってきて、スムーズに走れるかどうかが鍵。
Pad3star

ラッキーライラック →馬体を見る
オルフェーヴル産駒のロックディスタウンと比べると、こちらはコロンとして映る。
パワー優先のタイプの馬体であり、スムーズに先行できると簡単には止まらなそう。
Pad3star

サヤカチャン →馬体を見る
名前とは裏腹に、前後躯にしっかりと実が入った、牡馬のような力強さのある馬体。
表情からは気持ちの強さがうかがうことができ、馬体を併せる形になれば走る。
Pad3star

ソシアルクラブ →馬体を見る
顔つきや目を見ると、まさ幼さが残っているが、馬体全体のシルエットは美しい。
力強さが出てくるとさらに走るが、現時点でも決して走れない馬体ではない。
Pad3star

ラテュロス →馬体を見る
前駆に深さがあって、同厩舎にいたショウナンパンドラの若駒の頃の馬体に似ている。
前駆に比べてトモの実の入りに不十分さがあるが、走る馬であることは間違いない。
Pad5star

ナディア →馬体を見る
骨格のバランスが良く、この時期にしてシルエットは完成しつつあり良い。
もう少し筋肉のメリハリがほしいが、ふっくらとして好感が持てる仕上がり。
Pad4star

| | Comments (4)

阪神ジュベナイルFを当てるために知っておくべき3つのこと

Hjf

■1■2つの経験
平成3年より従来の阪神3歳Sは牝馬限定に変更され、さらに平成13年より名称を「阪神ジュベナイルフィリーズ」と改められた。わずか数戦のキャリアで臨んでくる馬がほとんどで、各馬の力の比較が難しい。実はこれといった傾向はないのだが、以下2つの経験をしている馬にとっては、かなり有利なレースになる。このレースを勝つためには、いずれかを経験していることが望ましい。

1、1600m以上の距離
2、坂のあるコース

「早熟の短距離馬」が多く出走してくるため、このレースに臨むまでのステップとして、1600mよりも短い距離を使ってくる馬が多い。これまでにマイルの距離や直線に坂のあるコースを走ったことがない馬たちが、いきなりG1レースの厳しい流れの中に放り込まれ、直線に坂のある1600mのコースを走ると、確実にスタミナ切れを起こすことになる。1600m以上の距離、もしくは直線に坂のあるようなタフなレースを走った経験がないと、このレースで勝ち切ることは難しい。

■2■抽選をクリアした馬の台頭
これは来週の朝日杯フューチュリティSにも当てはまることだが、抽選をクリアした馬、滑り込み出走が叶った馬たちには着目すべきである。それは運が良いからということではなく、彼ら彼女たちの「ローテーション」と「成長曲線」に秘密が隠されているからだ。

まず「ローテーション」については、抽選をクリアしてきた馬は、これまでの出走過程において無理を強いられていない馬が多いということである。多いと書いたのは、全ての馬がそうではないからである。本番に出走する権利を取るために、何度もレースに出走してそれでも抽選待ちになってしまった馬もたくさんいるはずだ(こういう馬は能力的に疑問符がつく)。そのあたりは1頭1頭を検証する必要があるが、例えば2007年のトールポピーはキャリア3戦、ゴスホークケンは2戦、レーヴダムールに至ってはわずか1戦であった。そして、2011年はキャリア1戦のジョワドヴィーヴルがこのレースを制した。

これが何を意味するかというと、これらの馬たちは、本番であるG1レースに合わせたローテーションを組んで走らされてきたのではなく、自分たちの仕上がりに合わせて大事に使われてきたということである。人間の都合ではなく、馬優先の余裕を持たせたローテーションであったということだ。あくまでもその延長線上に、たまたまG1レースがあったということに他ならない。だからこそ、そこまでの過程において無理をさせてきていないからこそ、馬に余力が十分に残っているということになる。

次に「成長曲線」についても、余裕を持たせたローテーションということとリンクしてくる。馬の仕上がりに合わせるとは、馬の成長に合わせたローテーションということである。特に若駒の間は、レースを使うことによって、成長を大きく阻害してしまうことがある。2歳戦~クラシックにかけて、数多くのレースを使うことは、マイナス材料にこそなれ、決してプラス材料にはならない。レース経験の少なさは、馬の能力と騎手の手綱で補うことが出来る。つまり、本番のレースに出走するために、馬をキッチリ仕上げて勝ってきた馬たちに比べ、成長を阻害しない程度のゆったりとした仕上がりで走ってきた馬たちは、上積みが見込めるばかりではなく、本番のレースへ向けて上向きの成長カーブで出走してくることが可能になるのだ。

これらのことからも、余力が十分に残っていて、上向きの成長カーブを辿っている馬が、もし抽選をクリアして出走することが出来たとしたら、本番でも好走する確率が高いことは自明の理であろう。これが2歳戦からクラシック戦線においては、抽選をクリアして出走してきた馬、滑り込みで出走してきた馬には大いに注目すべき理由である。

■3■関東馬とっては厳しいレース
この時期の牝馬にとって、長距離輸送をしてレースに臨むことは条件的に厳しい。よって、関東馬がこのレースを勝つには、関西に一度遠征した経験があるか、もしくは実力が一枚も二枚も上でなくてはならない。現に過去10年で、初長距離輸送でこのレースを制した関東馬は3冠馬となったアパパネだけである。彼女ぐらいの実力を持っていないと、初めて長距離輸送をして、並みいる関西馬たちを倒すことはできない。逆に言うと、このレースを勝った関東馬は相当な実力の持ち主であるということになる。

| | Comments (2)

明るい未来しか見えない


チャンピオンズC2017―観戦記―
前走でスプリント戦を使っていたことで前向きになっていたコパノリッキーが、内枠を利して先頭に立った。行きたがる1番人気のテイエムジンソクを古川吉洋騎手が抑えるようにして、第1コーナーを2番手で回ってゆく。このあたりの動きで全体の流れは決まり、前半が48秒9、後半が48秒5という平均ペース、このメンバーとしてはややスローペースとなった。結果としても、前に行った3頭がそのまま上位を占めた中、道中は馬群の中でじっと脚をため、最後の直線だけで先頭に立ったゴールドドリームの強さだけが際立った。

勝ったゴールドドリームは、春のフェブラリーSに続き、JRAのダートG1を同年で両制覇したことになる。左回りも同じで距離も200mしか変わらないのだから、何ら不思議はないのだが、ドバイ遠征の疲れもあったのか近走は成績が冴えなかったことで人気の盲点になっていた。それでも馬体は完璧に仕上がっており、むしろ古馬になってますます筋肉量が増えて強靭な馬体を誇示するようになっていた。本来は末脚がしっかりしている馬だけに、馬を御せる騎手が道中で脚を温存することができれば、確実に差して来るのである。ライアン・ムーア騎手の言うように、この馬には明るい未来しか見えない。

前日のステイヤーSに続いて、ムーア騎手が大舞台でその力をいかんなく発揮して見せた。おそらくスタートからゴールまで、ムーア騎手の思い描いていた通りのレースであったに違いない。スタートしてからすぐに内に切れ込んで、馬群の内に進路を確保し、最終コーナーでは先行馬が抜けて、後続の馬が外を回しているその一瞬の間を縫って外に出した。全てが計算通りであるが、計算通りにレースを運ぶことができる高い技術と冷静さが、ムーア騎手を世界一のジョッキーたらしめる理由のひとつである。馬群の外を回して敗れた他の騎手は、縦から横から、繰り返しレースリプレイを見直してみてほしい。

先週のヒュー・ボウマン騎手に続き、短期免許で騎乗する外国人ジョッキーがG1レースを制したことになり、春はクリストフ・ルメール騎手、秋はミルコ・デムーロ騎手が大活躍して、国内G1レースのほとんどを日本人騎手以外のジョッキーが勝っている。この事実をどう捉えるかは人それぞれであるが、外国人ジョッキーばかりが良い馬に乗っているわけではない中で、なぜ外国人ジョッキーばかりが勝つのかを真剣に考えてみるべきだと私は思う。

その要因はひとつではないが、今回のチャンピオンズCにも特徴的な要因のひとつがある。それは前述したように、コーナーを回るときの内外のロスに対する感覚があまりに違うということだ。たとえば、今回のレースにおけるミツバに騎乗した松山弘平騎手とムーア騎手の進路の取り方の違いを比べてみてもらいたい。松山弘平騎手は内枠からスタートしているにもかかわらず外に進路を取り、ムーア騎手はその逆である。少しでも距離ロスを抑え、コーナーにおいて外を回さずに脚をためることを全馬(すべての騎手たち)が徹底すると、馬群はもっとタイトになる。外を回すことについて言及すると、日本人騎手は「馬の気性によっては外を回した方が良い」とか「綺麗なフットワークで馬のリズムを崩さないように外を回した」と返ってくることがあるが、それでは勝てないと言いたい。気難しさを出さずに内を回して勝つ、馬のフットワークを大切にしながら内を回して勝つのが答えである。普段からそのような競馬をしていないと大舞台ではできないし、普段はそのような競馬をしても勝ててしまうことも問題なのである。

惜しくも2着に敗れたテイエムジンソクは、2番手に控えてしまったことが裏目に出た。気持ちの勝った馬であり、大一番でその気性の前向きさが表に出てしまい、また控える競馬もできるタイプだけにそうしたのだが、結果論としては、行き切ってこの馬のスピードの持続力をフルに発揮した方が良い結果が出たかもしれない。すでにG1を勝てるだけの力は持っていることは確かである。古川吉洋騎手は悔しいだろうが、なぜ勝てなかったのか、何が足りなかったのかをしっかりと考えてみてほしい。

| | Comments (0)

怪物カネヒキリのあきらめない強さが生きるチャンピオンズC

Cover

「砂のディープインパクト」と呼ばれたカネヒキリは、衝撃的なデビューを飾ったディープインパクトに比べ、実に平凡に、競走馬としてのキャリアに幕を開けた。芝コースを走った新馬戦が4着、続く芝の未勝利戦でも11着と惨敗。馬主や調教師は頭を抱えたに違いない。とにかくまずひとつ勝たなければ、その先はない。競走馬としてのキャリアを失ってしまうことは、サラブレッドにとって死を意味する。どうやって1勝させるか。陣営による試行錯誤と妥協の末、戦いの場は芝からダートに移された。

カネヒキリは、ダート初戦でいきなり7馬身差の圧勝を飾った。ダート馬としての資質に満ち溢れていたのである。血統的には母父のデピュティミニスターが色濃く出たのだろう。その後、ジャパンダートダービーで初G1レースを勝ったのを皮切りに、3歳にしてJCダートを制し、翌年のフェブラリーSを圧勝すると、世界最高峰のドバイワールドカップにも挑戦し、4着と健闘した。華々しいキャリアと栗毛の明るい馬体に、多くの競馬ファンが魅了された。

実を言うと、カネヒキリは強さを感じさせない馬であった。武豊騎手は常々、カネヒキリについて、「力でねじ伏せるような強さは感じない。強いって感じさせるところが全然ない」と語っていた。この言葉を聞いた時、不思議だと私は思った。500kgを超える雄大な馬格を誇り、歴戦のダート馬たちを相手に一歩も引かないカネヒキリに、力でねじ伏せるような肉体的な強さが全くないとは。乗った人間にしか分からない、何か別の強さがあるのだろうか。皮肉なことに、この謎が解けたのは、カネヒキリが窮地に追い詰められてからのことであった。


(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*チャンピオンズCの予想と馬券を公開中です!

| | Comments (0)

最高の出来で本番を迎えられるゴールドドリーム:5つ☆

サウンドトゥルー →馬体を見る
7歳馬とは思えない筋肉の柔らかみがあり、昨年からの衰えは感じさせない。
とはいえ、腹回りには余裕があり、もうひと絞りほしい馬体であることも確か。
Pad4star

ノンコノユメ →馬体を見る
一時期のスランプから脱したかのように思える、凛とした立ち姿を誇る。
線の細さは残ってはいるが、ようやく5歳にして筋肉が十分についてきた。
Pad3star

グレンツェント →馬体を見る
トモがやや落ちているように映るため、力強さという点では物足りなさがある。
前後躯にはきっちりと実が入っているため、この馬なりには力を出し切れるはず。
Pad3star

ロンドンタウン →馬体を見る
重心は低いが、胴部に伸びが出てきて、距離は中距離以上がベストであろう。
冬場にもかかわらず、毛艶は素晴らしく、海外遠征帰りでも体調は問題ない。
Pad3star

ゴールドドリーム →馬体を見る
若駒の頃から春シーズンにかけては、前後のバランスが悪い面もあったが解消された。
筋肉のメリハリも素晴らしく、毛艶も良く、最高の出来で本番を迎えられる。
Pad5star

アポロケンタッキー →馬体を見る
いかにも重厚な先行馬らしく、重心が低くて、筋肉量の豊富さでは上位に入る。
腹回りには余裕があるが、胴部にはしっかりと伸びがあり、いかにも走りそう。
Pad3star

テイエムジンソク →馬体を見る
ダート馬らしからぬスマートなシルエットを誇り、芝でもある程度は走りそう。
パワーで押すというよりは、スピードとその持続力で他を圧倒するタイプである。
Pad45star

ミツバ →馬体を見る
欲を言えば、もう少し筋肉のメリハリがほしいところだが、現時点でも走れる仕上がり。
凛とした立ち姿であり、調子の良さが伝わってきて、この馬の力は出し切れるはず。
Pad4star

カフジテイク →馬体を見る
短距離ダートの追い込み馬というイメージを覆される、馬体全体のシルエットがある。
胴部に伸びがあって、1800mの距離はこの馬にとってはベストであろう。
Pad45star

ケイティブレイブ →馬体を見る
前駆の盛り上がりが素晴らしく、いかにもパワーを前面に出して走るタイプの馬体。
毛艶は光り輝いて素晴らしいが、表情から気の難しさが伝わってくるのが残念。
Pad4star

コパノリッキー →馬体を見る
ここ数年の馬体と比べてもそん色ない仕上がりであり、叩かれた効果は出ている。
ふっくらとして、気持ちも落ち着いて、一時期のスランプは完全に抜け出している。
Pad4star

アウォーディー →馬体を見る
腰高に映るシルエットだが、前駆には力強さが溢れ、決してトモが弱いわけではない。
前駆に比べてしまうと、トモの実の入りが足りないが、ほぼ完璧に近い仕上がり。
Pad45star

| | Comments (2)

チャンピオンズCを当てるために知っておくべき3つのこと

Championsc

■1■スピード&器用さ優先
かつて行われていた東京競馬場の2100mダートというコースは、スピードだけで押し切ることは難しく、マイラータイプの馬にとっては厳しい条件であった。2000mまでならゴマカシが利くが、わずか100mの違いでマイラータイプの馬はバテてしまったのだ。もちろん、スピードがなければ速いペースについて行くことはできないが、勝ち切るためにはそのスピードを支える豊富なスタミナが必要であった。

しかし、舞台が阪神1800mダート、そしてさらに2014年から中京1800mダートに移り変わったことにより、東京の2100mダートほどにはスタミナが要求されなくなった。もちろん、速く厳しいペースになるので、スピードだけでは押し切れないが、どちらかというとスピードに富んだマイラータイプの馬にも勝つチャンスが訪れるということだ。そして、4つコーナーと小回りコースということを考えると、勝ち切るためには上手く立ち回れる器用さも求められる。

■2■関西馬有利
ただでさえ西高東低の状況が続く中、開催競馬場が関東から関西圏に移った以上、関西馬にとって条件はさらに有利になった。長距離輸送を考えなくてよい分、あと1本追えたり、また手加減なしに攻める調教を施すことが出来るだろう(栗東からは当日輸送、美浦からは前日輸送になる)。ダート競馬はどの馬も最後はバテて、それでもそこからもうひと伸びすることを求められるので、輸送を考慮した軽い仕上げではなく、ビッシリと仕上げられた馬でないと苦しい。

■3■3歳馬にとっては厳しい戦い
阪神競馬場に開催地を移した2008年より、3歳馬の斤量が55kg→56kgとなった。11月から12月に開催時期が変更されたことによる措置だろうが、この1kgが3歳馬にとっては大きな負荷となる可能性は高い。たとえ日々成長著しい3歳馬とはいえ、この時期に歴戦のダート古馬とぶつかるのに1kgの斤量差は少ない。現に2008年はカジノドライブが6着、サクセスブロッケンが8着と大敗した。この2頭が翌年明けのフェブラリーSで1、2着したことからも、3歳冬の時点で古馬と戦うことの厳しさが分かるだろう。

| | Comments (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »