« 競馬の神様も舞い降りてくる | Main | 最後に経験が生きた »

大穴を当てるにはバカになれ

Cover

高額の払い戻しを夢見て、大穴を開ける馬を見つけようと丹念に予想すればするほど、実績や実力のある有力馬たちを本命に推さざるをえない。競馬ファンならば、そのような矛盾を幾度となく経験してきたことだろう。考えてみれば当然のことで、膨大なデータを積み上げれば上げるほど、論理的に突き詰めれば詰めるほど、私たちは当たる確率の高い、正しそうな結論に一直線に向かってゆく。過去からのデータや私たちの論理的思考は、未来の常に一歩後ろを進んでいるからである。正常な頭では、これから起こる天変地異を見通すことは難しい。

誰もが思いつかないような未来を予測するには、どうすれば良いのか?バカになることだと私は思う。それは簡単なようで簡単ではなく、特に競馬という知的なゲームを好むコアな競馬ファンにとって、全ての知識や経験を手放して真っ白な目になることは至難の業である。それでも、もし人気薄の馬に重い印を打ちたいのならば、当てたいという気持ちや見栄を一旦捨てて、バカになってみることだ。もちろん、これはバカになりきれない中途半端な自分に対する自戒の意味を込めて書いてもいる。

たとえば、自分の誕生日の枠番や馬番に入った馬を1点で買う誕生日馬券がある。私の友人には8-8の枠連というゾロ目を買い続けている者もいる。最近にあった出来事や時事ネタから連想される馬や騎手を買ってみてもいい。「メインレースの多くではレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えている」として、レーシングプログラムやJRAのテレビCMからヒントを見つけるサイン理論やタカモト式と呼ばれる馬券の買い方が一世を風靡したこともある。このような狙い方をすると、自分では思いもつかなかった馬を買うことになるだろう。

(週刊Gallopを買い忘れた方や、超馬券のヒントだけ読みたい方はこちら
*ホープフルSの予想と馬券を公開中です!

|

Comments

コラムを参考に
ステイフーリッシュを
買い目に入れましたが、
ジャンダルムを切ったため
外しました。

Posted by: ライアン | December 29, 2017 at 01:40 PM

ライアンさん

ありがとうございます。

ステイフーリッシュは頑張ってくれたのですが、
勝った馬は強かったですね。

来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください!

Posted by: 治郎丸敬之 | December 29, 2017 at 05:56 PM

Post a comment